このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子ども乗せ電動自転車の体格に応じた適切なタイヤの選び方を解説!

子ども乗せ電動自転車の体格に応じた適切なタイヤの選び方を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月28日

子ども乗せ電動自転車のモデルやタイプも、実にさまざまな種類が販売されている。それゆえ、子ども乗せ電動自転車を選ぶときには、体格に応じたタイヤの大きさ決め方に悩む方も多いだろう。そこで今回は、子ども乗せ電動自転車のタイヤの大きさごとのメリットや失敗しないタイヤの大きさの選び方についてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大きめのタイヤのメリット

実は、子ども乗せ電動自転車の場合でもタイヤの大きさによって乗り心地や使い勝手が異なる。
こちらでは、まず子ども乗せ電動自転車に大きめのタイヤが採用されたものを選ぶメリットについてご紹介しよう。

走行距離に伸びがある

タイヤが大きいということは、1度にペダルを踏み込む走行距離も長くなる。
そのため、踏み込み回数を抑えながら遠方への走行できる点がメリットといえるだろう。
特に移動距離が長い方におすすめといえる。

おしゃれに乗ることができる

子ども乗せ電動自転車の大きめのタイヤは、一般的な自転車と同様の大きさである。
そのため、外観も子どもの乗車シートが付属しているだけであり、その他の大きさによる違いは見受けられないため、大人1人でもおしゃれに乗ることができる。

高身長の体格でも乗りやすい

子ども乗せ電動自転車のタイヤは、小さい順に20インチ、22インチ、24インチ、26インチの4種類が販売されているが、大きめのタイヤではその分サドルも高くなる。
そのため、高身長の体格でも無理なくペダルをこぐことができるのが大きなメリットと言えるだろう。

2. 小さめのタイヤのメリット

こちらでは、子ども乗せ電動自転車に小さめのタイヤが採用されたものを選ぶメリットについてご紹介しよう。

低身長の体格でも無理なく使用可能

小さめのタイヤが採用された子ども乗せ電動自転車は、サドルも子どもを乗せるチャイルドシートの台座も低い位置であるため、体格が小柄な方でも無理なく使用できる。

安定感が高い

子ども乗せ電動自転車の小さめのタイヤを選ぶメリットとしては、子どもを前方と後方の両方に乗せる場合でも重心が低くなるため安定して走行できる点があげられる。
また、安定感が高いためカーブでも大きめのタイヤに比べると転倒を防ぎながら走行できる。

自転車走行が苦手な場合も安心できる

しばらく自転車走行したことがなかったり、自転車走行が苦手である場合には、小さめのタイヤを選んでおくと安心できるだろう。
その理由としては、万が一のときでも両足を地面にしっかりとつけて子ども乗せ電動自転車を容易に安定させることができるためである。

3. パパの身長にも適切な大きさとは

一般的に160cm以上の身長がある体格のパパの場合では、大きめのタイヤである26インチを採用している子ども乗せ電動自転車が適しているといわれている。
しかし、実際の自転車による乗り心地や使い勝手はモデルによっても異なるため、試乗するなどしてそれぞれの体格に応じたサイズや使い勝手について確認することをおすすめしたい。
また、身長差のある家族間で子ども乗せ電動自転車を共用する場合には、サドルの調整幅を確認しておくとよいだろう。
安全な走行のためにも、子ども乗せ電動自転車を共有する人それぞれの体格に適したサドルの高さに調整できるものを選ぶようにしていただきたい。

4. 安定感の高いタイヤの種類

こちらでは、子ども乗せ電動自転車の安定感の高いタイヤの種類をご紹介しよう。
一般的に安定感の高いタイヤは、重心を低く走行することのできる小さめのタイヤである。
安定感を高めるために、一般的な自転車や子ども乗せ電動自転車のタイヤよりも、タイヤ幅は広くなっている。
そのため、タイヤが地面と接する面積も広くなり安定感も増す。
しかし、タイヤの幅が広いがゆえ、駐輪場がラック式のときにはレールに収めることが難しい場合もあることに注意してほしい。

結論

今回は、子ども乗せ電動自転車の体格に応じたタイヤの大きさ選び方について解説したが、いかがだっただろうか。
小さめのタイヤの20インチと大きめのタイヤの26インチは、運転するハンドルの高さに差は見られなくても、後部に取り付けるチャイルドシートの台座の高さが15cmほど違う。
そのため、デザイン性だけでなく、子ども乗せ電動自転車を使用する人の体格に合ったタイヤでなければ、使い勝手が非常に悪くなってしまう。
子ども乗せ電動自転車を選ぶときには、身長差のある人と共有するかどうかなどについても、家族でよく話し合い子どもの安全が十分に確保でき、快適に使用することのできる製品を検討してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ