このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
失敗しない子どもの寝室の作り方を徹底解説!コツと注意点も紹介

失敗しない子どもの寝室の作り方を徹底解説!コツと注意点も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月13日

子どもがある程度の年齢になると、子ども専用の寝室を準備してあげたい。しかし、どのように作ってよいかわからないという方もいるだろう。それぞれの家の間取りなどによっても子ども部屋の広さや大きさが異なるため、調整や工夫が必要となる。そこで今回は、子どもの寝室作りに失敗しないためのコツと、注意すべきポイントについて詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どもの年齢別に寝室の機能を決める

それぞれの家庭や家の構造などにより、子ども専用の寝室を準備する年齢も異なるはずだ。

幼稚園児と小学生の子どもの部屋を準備するにも考慮すべきポイントが異なってくる。そのため、子どもの寝室の作り方を考えるときには、家族で子どもの年齢に応じた部屋の機能について一緒に話し合うことをおすすめしたい。

幼稚園児の寝室に求める機能

幼稚園児では部屋の管理を全て1人で行なうことは難しく、実際に寝室で過ごす時間もまだ限られてくる。そのため、幼稚園児の寝室を準備するときには「自分のものを収納する場所」と考え、子ども自身で自分のものを簡単に整理整頓し、収納できることを意識しながら作り方を考えるとよいだろう。

子どもが自分で整理整頓できることを意識した寝室は、整理整頓の習慣を早くから身に着けさせることができる。そして、大人の片付けの手間も省くことができるだけでなく、子ども自身も「自分でできる」という自己肯定感や自立心を養うことにもつながる。

小学生の子どもの寝室に求める機能

小学生になると学校や習い事に必要な道具なども急激に多くなる。そのため、必要なものを必要なときにスムーズに準備することができる機能を備えた寝室を意識するとよいだろう。

また、子どもの成長とともにプライバシーにも意識する必要がある。「子どもだから」とないがしろにせずに、子どもの安全性を配慮した上で、十分に子どものプライバシー確保も意識した寝室の作り方をしてほしい。

2. コツその1:子どもの安全とプライバシーを確保できる寝室の作り方

家の構造の関係で1部屋を寝室として準備できず、他のきょうだいとの共有が必要になる場合もあるだろう。その場合は大型の家具やパーテーションを活用して空間を仕切り、プライバシーを確保できる構造にすることがおすすめだ。「同性だから」とプライバシーを考慮せずに寝室を準備してしまうと、兄弟同士でストレスを与えあうことになってしまうこともあり、結果的にリフォームや大がかりな模様替えが必要になる可能性もある。

家族といえども異性の子どもの場合は、特にプライバシーに配慮してしてほしい。

安全にも配慮する

子どもの寝室の作り方を考えるときには、前述の通り子どものプライバシーを考慮することも重要だが、子どもの安全にも十分に注意を払う必要がある。

子ども専用の寝室は子どものプライバシーが確保できる分、裏を返せば大人の目も届きにくくなる。そのため、子どもが寝室に引きこもりがちにならないように配慮することも大切だ。

家の構造によっては難しい場合もあるが、子どもの寝室を準備するときにはできる限り、子どもの帰宅後に保護者の居る場所を通り、自分の部屋に行く動線を確保する作り方をおすすめしたい。こうすることで大人は自然と子どもの交友関係を把握することができ、部屋にこもってしまっているときにもすぐに気付くことができる。

3. コツその2:子ども自身で整理整頓ができる寝室の作り方

子どもの衣類や所有物、幼稚園や学校道具は意外にも多くかさばりやすい。季節ごとに必要なものも変化する。いつでも必要なものをすぐ準備できるよう収納していく必要がある。

しかし、子どもは大人の様に手際よく整理整頓することが難しいが、ずっと大人が子どもの寝室を片付け続けることは避けなければならない。それゆえ、寝室を準備するときには子どもの年齢に応じて、子ども自身が自分で整理整頓して収納できる家具を選んだり、手軽に片付けられる工夫を十分に考慮した作り方が大切だ。

また、新たに収納家具などを選ぶときには、子どもの視点に立って、子どもが使いやすいものを選ぶと失敗が少なくすむだろう。

4. コツその3:子ども好みの心地よい寝室の作り方

子どもの寝室は、子どもが過ごす場所である。そのため、子ども自身が気に入って、心地よく過ごすことができる寝室の作り方も大切だ。

大人はつい子どもが成長したときのことを考えて家具や間取り、色合いなどを考えががちだが、それは子どもにとって気に入らないという場合もある。家具の購入や寝室の間取りを具体的に計画するときには、寝室を使用する子どもの個性や好み、意見にもよく耳を傾けていただきたい。

万が一、大人と子どもの意見が分かれてしまうときには、感情的に子どもの意見をすぐ否定せず、落ち着いてよく話し合うとよいだろう。

結論

今回は、子どもの寝室の作り方について失敗しないためのコツや、注意点について詳しく解説したがいかがだっただろうか。大人は子どもが成長した後のことまでいろいろと考えるため、子どもの寝室といえども何でも決めてしまいがちだ。しかし、子どもの寝室は子ども自身が過ごす空間である。子どもの安全確保を第一に考えて、プライバシーの確保と子どもの好みを反映させた、心地よい空間を作ることを意識してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ