このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
保育園の途中入園はできる?方法と必要な手続きを詳しく解説!

保育園の途中入園はできる?方法と必要な手続きを詳しく解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 4日

家庭や仕事の都合などにより、子どもの保育園の途中入園が必要になる場合もあるだろう。しかし「年度途中から入園は可能だろうか?」「手続きはいつまでどこで済ませるべきか?」などと疑問に思うこともあるはずだ。そこで今回は、保育園の途中入園の可否や必要な手続きについて詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 保育園へ途中入園ってできるの?

家庭や仕事の都合などにより、年度の途中から子どもの保育園の入園が必要になる場合もあるだろう。

こちらでは、保育園へ途中入園の可否について詳しく解説しよう。

途中入園は可能

あまり広く知られていないが、実は年度始め以外であっても保育園の途中入園は可能である。しかし、途中入園を受け入れる定員は年度始めよりもごく限られている場合が多い。そのため、保育園への入園が必要になったときにはいつでも途中入園可能というわけではないことに注意すべきである。

2. 途中入園の方法、タイミングとは?

こちらでは、保育園の途中入園の方法とタイミングについて解説しよう。

保育園の途中入園の方法

保育園の途中入園の方法は、まず希望する保育園の定員を確認してから申し込むという流れが一般的である。追加募集を実施している保育園を確認したり、直接申し込み可能な認可外保育園などの状況も確認しておくとよいだろう。

保育園の途中入園のタイミング

保育園の途中入園は、家族や仕事の都合に応じて決める必要があるが、保育園の入園手続きや準備の期間もあるため、適切なタイミングを見計らうことも大切だ。保育園の途中入園を予定している場合には、5月の追加募集を目指して準備を進める保護者も多い。また、引っ越しや仕事の予定などを見越して、9月や10月の保育園への途中入園を目指して準備する場合もある。それぞれの家庭の事情によって途中入園の時期を決めるが、途中入園を希望する月にすぐに入園できるとは限らない。申し込みは随時受け付けているが、それぞれの自治体に申し込む場合には月ごとの申し込み締切日が設定されているため、その日までに必要な書類とともに申し込む必要がある。家庭の都合と途中入園の申し込み締切日などを考慮し、途中入園のタイミングを決定していただきたい。

3. 途中入園の手続きについて

こちらでは、具体的な途中入園の手続きについて解説しよう。

認可保育所

認可保育園の申し込みは、主にそれぞれの自治体の保育課などの窓口、または直接保育園にて行う2つの方法がある。入園の申し込みの際には「保育施設利用申請書」「保育支給認定証」などの書類提出が必要になる。手続きの申請場所や書類については、それぞれの自治体や保育園によって異なる場合があるため、窓口やホームページなどの情報を確認してほしい。

認可外保育園

認可保育園の申し込みは直接保育園で行う場合が多いが、居住地域によっては自治体の窓口に申し込む必要があることもある。手続きに必要な書類についても、それぞれの自治体や保育園によって異なる場合があるため、窓口やホームページなどの情報を確認してほしい。

4. 途中入園の注意点

こちらでは、保育園の途中入園時の注意点について解説しよう。

入園日を確認する

年度途中からの入園は、定員との関係により希望月に必ず入園できるとは限らない。申し込みは「入園希望の前月の○日まで」とされていても「申し込んだから、必ずその希望月から入園許可をもらえる」というわけではないのだ。

必要な予防接種を完了しておく

保育園は集団の中で生活するため、さまざまな感染症に罹患する可能性も高い。そのため、子どもの罹患を防いだり、症状を軽減するためにも予防接種を必ず受けておこう。予防接種は、接種後に次の摂取まで必要な期間をあけなければならないため、保育園の途中入園の可能性が出てきた場合には、かかりつけ医などに相談しながら、計画的に接種を進めておくとよいだろう。

結論

今回は、保育園の途中入園について詳しく解説したが、いかがだっただろうか。保育園の途中入園は、定員の関係で入園可能な時期が異なる場合もある。随時申込みという場合でも入園可能な時期をきちんと確認していただきたい。また、認可保育園、認可外保育園の違いによって申請に必要な書類や手続きが異なるため、正確な情報を確認するように努めてほしい。こちらでご紹介した内容を参考に、計画通りに子どもが途中入園できるよう施設への見学や手続を進めていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >