このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんとの旅行の持ち物は?行き先や移動手段別に解説!

赤ちゃんとの旅行の持ち物は?行き先や移動手段別に解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月28日

赤ちゃんと旅行を計画するときに心配なのが持ち物の準備ではないだろうか。はじめて育児に取り組む方であれば、移動時の必需品も「想像がつかない」という場合もあるだろう。そこで今回は、赤ちゃんとの旅行する際の必需品について詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんと旅行で必要不可欠な持ち物とは?

こちらでは早速、赤ちゃんとの旅行で必要な持ち物についてご紹介しよう。

日常のお世話でも分かるように、赤ちゃんのお世話には、いろいろな物品や予備などが必要になる。そのため、旅行の際には持ち物を少し余分に準備する心持ちでいると、不測の事態になっても安心して対応できるだろう。

また旅行する土地の気候や季節も配慮し準備が必要なため、下記以外にも赤ちゃんの健康維持や快適な旅行のために、必要な工夫を加えて行ってほしい。

おむつ替え用品

おむつ、おしり拭き、ごみ袋、おむつ替えシート、防水シーツなど。

授乳用品と食事

ミルク、哺乳瓶、水筒、煮沸消毒パック、授乳ケープ、離乳食、エプロン、使い慣れたフォーク・スプーンなど。

衛生用品

赤ちゃん用歯ブラシ、赤ちゃん用綿棒、爪切り、ベビーソープ、ベビーシャンプー、保湿クリーム、日焼け止め、虫よけスプレー、常備薬、ビニール袋など。

衣類

服、下着、靴下、帽子、水着、雨具、防寒具、タオル、ブランケットなど。

受診への備え

健康保険証、母子手帳、お薬手帳など。

移動時の必要物品

抱っこ紐、ベビーカーなど。

気分転換への備え

携帯が簡単なおもちゃや絵本、赤ちゃんのお気に入りの物など。

2. 車移動での必需品は?

こちらでは、赤ちゃんの旅行で車移動の場合に必要な持ち物についてご紹介しよう。

チャイルドシート用の温度調整グッズ

赤ちゃんは車での移動の際は、チャイルドシートに座ったままの状態が続くことになる。チャイルドシートは、赤ちゃんの身体とシートが密着するため、体温への影響を受けやすい。赤ちゃんが車移動の際に泣いたりぐずってしまうのは、体温調整が上手くいかずに不快に感じている可能性もある。赤ちゃんの機嫌を損ねないためにも、チャイルドシート用の保冷シートや保温シートを準備しておくとよいだろう。

サンシェード

天候によっては車での移動中も、強い日差しが差し込むこともある。赤ちゃんを守るためにもサンシェードを備え付けておくとよいだろう。

リアテーブル

休憩時などにリアテーブルがあると、飲み物や食べ物などを置く場所を確保することができ、こぼすことも防止できて便利である。

3. 電車移動での必需品は?

こちらでは、赤ちゃんとの旅行で電車移動に必要な持ち物についてご紹介しよう。

電車移動のときには、授乳室がないため母乳の方では授乳ケープをいつでも取り出せるよう持ち物に加えておくとよいだろう。また、赤ちゃんの機嫌を損ねたときのために抱っこ紐も準備しておくと、デッキなどへの散歩も楽にできる。乗り降りのときも手がふさがらず、安全に赤ちゃんと移動できるはずだ。

4. 飛行機移動での必需品は?

こちらでは、赤ちゃんとの旅行で飛行機移動の場合に必要な持ち物についてご紹介しよう。

飛行機移動のときに赤ちゃんがぐずってしまう原因の1つが、耳抜きが上手にできず耳が痛くなることである。そのため、赤ちゃんと飛行機移動するときには耳抜きのための飲み物を入れる水筒やストローマグ、おしゃぶりなどを持ち物に加えておくとよいだろう。

5. バス移動での必需品は?

赤ちゃんの旅行で、バス移動の場合に必要な持ち物についてご紹介しよう。

バス移動のときも授乳室はないため、授乳ケープや調乳用品とお湯は手元の持ち物の中に備えておくとよい。哺乳瓶は使い捨てのものを準備しておくと便利である。

空調の調整が難しいことも多いため、持ち物にはブランケットや防寒着を加え、それらを活用して赤ちゃんの体温調整をするとよいだろう。

6. 海外旅行での必需品は?

こちらでは、赤ちゃんと海外旅行にいく場合に必要な持ち物についてご紹介しよう。

海外旅行のときに最大の課題となるのが、長時間の飛行機での移動だろう。赤ちゃんは、慣れない環境で不安になって泣いてしまったり、退屈してぐずってしまうことを防ぐために、お気に入りのおもちゃやおやつなどを携帯しよう。おもちゃを選ぶときには、転がりにくく音が出ないものを選ぶとよいだろう。

また、慣れない環境のためにバシネットを嫌がる赤ちゃんもいるため、抱っこ紐やスリングなども持参しておくと役立つだろう。また、赤ちゃん用の洗剤を現地で必要な少量分を購入できない場合もあるため、必要な分を日本から持参していくことをおすすめしたい。

結論

今回は、赤ちゃんと旅行する際に必需な持ち物について、移動手段別に詳しく解説したがいかがだっただろうか。赤ちゃんとの旅行に必要な持ち物を減らしてコンパクトにしたい場合は、日本国内の場合では現地調達や宅配便を使用して事前に目的地へ必要な持ち物を送付しておくのもおすすめだ。また、旅行中にはいろいろな想定外の状況に至ることもあるため、予備の物品も忘れずに準備してほしい。ぜひ、こちらの内容を参考に、旅行に必要な持ち物を準備していただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ