このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヒップシートは抱っこにおすすめのアイテム!特徴やメリットなど解説

ヒップシートは抱っこにおすすめのアイテム!特徴やメリットなど解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 6日

ヒップシートは聞き馴染みのない人が多いかもしれないが、抱っこを楽にしてくれるおすすめのアイテムだ。しかし、抱っこ紐と同じような位置づけであることは知っていても実際にどのようなものなのか詳しく知りたい人は多いだろう。そこで、ヒップシートの特徴やメリット、おすすめのメーカーなど紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヒップシートとはどんなもの?種類は?

ヒップシートとは

ヒップシートとは、赤ちゃんを抱っこするときに使うアイテムで、抱っこ紐と同じカテゴリと考えていい。ヒップシートが抱っこ紐と違うのは、ウエストベルトに台座が付いていて、その台座に赤ちゃんを座らせるようになっていることだ。台座で抱っこをサポートしてお父さんお母さんを楽にしてくれる、おすすめのベビーアイテムだ。

ヒップシートの種類

ヒップシートには大きく分けて3種類のタイプがある。それぞれどのようなものなのか、その特徴を解説しよう。

ウエストポーチタイプ

ウエストポーチ型のヒップシートは、腰に巻くベルトの上に付いている台座に赤ちゃんを乗せて使う。赤ちゃんは台座に座っているだけなので、常に手で支えてあげながら使用する必要がある。肩への負担がないので、肩が凝りやすい人におすすめのタイプだ。

ショルダーバッグタイプ

ウエストポーチ型のヒップシートに、肩ベルトが付いているのが、ショルダーバッグタイプだ。ウエストポーチ型のヒップシートよりも安定感があるのがおすすめポイント。

抱っこ紐タイプ

抱っこ紐タイプのヒップシートは、その名の通り見た目は抱っこ紐と変わらないが、赤ちゃんの座る台座が付いている。最も安定感があるタイプで、手で支える必要がないので、両手が空くということがおすすめポイントだ。

2. ヒップシートのメリットとは?

抱っこする人の身体への負担が減らせる

ヒップシートは、赤ちゃんを抱っこしたときにかかる体重が台座によって分散されるので、抱っこする人の肩や腰への負担を軽減できる。赤ちゃんは成長とともに体重も増えるが、ヒップシートで抱っこをサポートできると、思う存分抱っこしてあげられるだろう。

赤ちゃんの乗せ降ろしが簡単

抱っこ紐は装着が面倒と感じることもあるが、ヒップシートは台座に赤ちゃんを乗せるだけなので、乗せ降ろしがスムーズにできる。「歩く」と「抱っこ」を何度も繰り返す赤ちゃんにおすすめのアイテムだ。

収納ができる

ヒップシートには、収納スペースが付いているものもあり、スマホや鍵、小さめの財布などを収納するのにおすすめだ。スマホや鍵は、少し外に出るだけというときにも持たないといけないが、ヒップシートに収納できればいちいち鞄を持たなくて済む。

密着度が低い

ヒップシートは抱っこ紐に比べると、赤ちゃんを抱っこしたときの密着度が低い。ヒップシートがあれば抱っこしても密着しないので、汗ばむ季節でも快適だ。特に汗っかきの赤ちゃんにおすすめ。

3. 新生児や1歳向けのおすすめメーカーのヒップシート

1歳児におすすめ!ポルバンのヒップシート

ポルバンは日本の抱っこ紐メーカーであるラッキーインダストリーズが企画生産しているヒップシートシリーズだ。そのなかでもポルバンベーシックは、日本のヒップシートの代名詞的存在とも言えるおすすめのモデル。ショルダーベルトを単品販売するなど、用途に応じて買い足せてリーズナブルなのも人気の秘密。ショルダーベルトがあれば、首がすわる生後4ヶ月頃から使える。

新生児におすすめ!ベビーアンドミーのヒップシート

ベビーアンドミーの、ヒップシートキャリア「BABY&Me(ベビーアンドミー)ONE」は、ベビーキャリアとヒップシートキャリア、ヒップシートの使い分けができる人気のシリーズだ。世界20カ国以上で、規制物質に関する試験機関であるINTERTEKの認証を受けている。新生児から使用する場合は、新生児用パッドを使うのがおすすめだ。

1歳児にも新生児にもおすすめ!ポグネーのヒップシート

ポグネーは韓国生まれのベビーキャリア専門ブランドで、創造的なデザインに機能性、安全性を備えた商品で人気を不動のものにしている。そのポグネーのヒップシートは、赤ちゃんの足をM字型に広げられ、股関節が安定した自然で楽な姿勢にできるのがおすすめポイント。アメリカ国際股関節協会が「赤ちゃんの正しい成長を助けるキャリア」として公式認定されているほどだ。前向き抱っこや対面抱っこ、おんぶ、ヒップシート単体では横抱きにも対応していて、新生児から幅広い月齢まで快適に使用できる。

結論

ヒップシートの種類や、おすすめポイント、おすすめのメーカーについてまとめた。ヒップシートは抱っこが楽になる便利なお助けアイテム。上手く活用して、身体への負担を考えずにできるだけたくさん赤ちゃんを抱っこしてあげてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >