このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんの旅行デビューと安心して楽しむポイントを解説!

赤ちゃんの旅行デビューと安心して楽しむポイントを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月28日

赤ちゃんの成長とともに、リフレッシュや日常では経験できない体験を求めて旅行を一緒に楽しみたいと考える方も多いだろう。しかし、赤ちゃんの健康や世話のことを考えると、赤ちゃんと一緒の旅行についていろいろな疑問や不安を抱える方もいるはずだ。そこで、今回は赤ちゃんとの旅行について、デビューの時期や持ち物、おすすめスポットなどを詳しく紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんの旅行デビューはいつから?

赤ちゃんとの旅行のデビューは、最短でも1か月健診を受診して医師からの許可を受けてからにしていただきたい。また、産後間もない時期は母体の回復が必要であり、不慣れな育児での疲労の蓄積などもみられる。さらに、赤ちゃんの抵抗力も低いため感染症などには十分に注意する必要もある。

そのため、赤ちゃんとの旅行デビューはそれぞれの家族の健康状態や体調に応じて決定することをおすすめしたい。3か月頃になると赤ちゃんの首もすわり、移動がしやすくなることに加えて育児にも慣れてくるため、旅行のデビューもしやすくなるだろう。

2. 赤ちゃんとの旅行に必携の持ち物リスト

こちらでは赤ちゃんとの旅行に必携すべき持ち物について解説しよう。

・おむつ交換道具一式、おむつ替えシート
・粉ミルクの場合:水筒、お湯、哺乳瓶、消毒グッズ
・授乳の場合:授乳ケープ
・離乳食の場合:既製の離乳食や飲み物、使い慣れたスプーン、エプロン、おやつ
・常備薬、保湿剤など
・ベビーソープ、歯ブラシ、くし、綿棒、赤ちゃん用の爪切り(長期の旅行の場合)
・タオル、ウェットティッシュ、ごみ袋
・着替え
・雨具、防寒着、ひざ掛け
・音の出ないおもちゃ
・ベビーカー、抱っこ紐
・帽子、日焼け止め、日よけ、水着(必要時)

旅行先や気候、移動手段によっても持ち物は変化するため、現地の情報を十分に収集し、過不足のないように工夫してほしい。

3. 旅先での赤ちゃんの食事、離乳食対応の宿とは?

こちらでは、旅先での赤ちゃんの食事と離乳食対応の宿について解説しよう。

授乳

旅先では、いつも授乳コーナーがあるとは限らない。そのため、授乳が必要な赤ちゃんに移動中などの出先でも気兼ねなく授乳できるよう、授乳ケープを持参しておくことをおすすめしたい。

ミルク

移動中にもミルクが必要になる場合も想定して、普段の外出のようにミルク用のお湯を持参したり、常温でも赤ちゃんが飲むことができる液体ミルクを準備したりしよう。しかし、赤ちゃんによっては通常の粉ミルクとの違いを嫌がって液体ミルクを受け付けない場合もあるため、旅行に出発する前に試飲させておくとよいだろう。

離乳食

離乳食は手作りに力を入れて取り組んでいる方も多いかもしれないが、移動中や旅行先でも衛生的に安心して与えることのできる食事は、常温でも食べることのできる既製品である。手作りの離乳食だと暑い季節に食中毒が生じやすいため、特に注意していただきたい。

赤ちゃんの離乳食を自分で準備する方法もあるが、「ウエルカムベビーのお宿」を使えば赤ちゃんの離乳食の進行度に応じた、手作りまたは既製品の離乳食の提供を受けることができる。事前にアレルギーの有無を伝えておけば細やかな対応も可能な場合が多いので、確認してみよう。

4. 赤ちゃんとの旅行におすすめスポット&サービス

こちらでは、赤ちゃんとの旅行でも安心して楽しむことのできるスポットやおすすめの観光地、温泉などをご紹介しよう。

おすすめの観光地

赤ちゃんは、好奇心が旺盛だが飽きやすい側面もある。また、テーマパークでは待ち時間や年齢制限などで思うように遊べないことも多い。そのため、赤ちゃんとの旅行でおすすめしたい観光地は、体感型の美術館である。

屋外美術館などでは、家族で入場できるだけでなく赤ちゃんも自由に動き回って遊びながらアートを体感できる。また、作風の異なる作品がたくさん展示されているため、赤ちゃんは好奇心がそそられて飽きることなく、大人も一緒に楽しむことができるだろう。赤ちゃんも入場可能な美術館は、授乳室、おむつ交換シート、ベビーカーの貸し出しサービスなども整っているため、安心して利用できる。

おすすめの温泉

赤ちゃんの場合、衛生面の理由から温泉施設の大浴場への入浴が禁止されている場合もある。そのため、家族で温泉を楽しみたいという場合は、「貸切風呂」のサービスを提供している施設を利用するとよいだろう。また、泉質は赤ちゃんの敏感肌でも安心でき、ぬめりがなく浴場内の移動も安全にできるアルカリ単純温泉がおすすめである。

赤ちゃん向けの旅行プラン

赤ちゃん向けの旅行プランでは、航空券などと宿泊先がセットになったパッケージプランも販売されている。こういったプランでは特にアメニティが充実しており、ベビーベッドやベッドガード、ベビーバス、ベビー用食器、ベビーカー、煮沸可能なポットなどの貸し出しを無料で受けることができる。また、紙おむつやおしり拭きなどが完備されている場合もあるため、荷物を少なく気軽に旅行を楽しみたい方はアメニティの内容を確認して検討するとよいだろう。

結論

今回は、赤ちゃんとの旅行についてデビューの時期の目安や持ち物、おすすめスポットなどについて詳しく解説した。赤ちゃんとの思い出づくりはもちろん、日頃の仕事や育児の疲れを大人も一緒に旅行でリフレッシュできるように、ぜひこの記事の内容を参考に家族にとって最適なプランを考えていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >