このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
歯固めって何に使うの?効果や選び方など歯固めの疑問を解消!

歯固めって何に使うの?効果や選び方など歯固めの疑問を解消!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月24日

赤ちゃんが使うグッズに「歯固め」というものがある。しかし「絶対に使ったほうがいいのか」、「安全性はどうなのか」など、歯固めに対し疑問を持っている方もいるのではないだろうか。そこで今回は、歯固めに関するさまざまな疑問にお答えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 歯固めは何をするためのもの?

そもそも歯固めとは、何に使うものなのだろうか?

歯固めには2種類あり、ひとつが赤ちゃんに噛ませるためのおもちゃの「歯固め」だ。なぜそのようなものが必要なのかというと、赤ちゃんは乳歯の生え始めに、「歯ぐずり」という、歯茎にむず痒いような不快感を覚えることがあり、何かを噛むことでその不快感を取り除こうとするのだ。

しかし赤ちゃんには噛んでいいものと悪いものの区別がつかないため、ときには電気コードなど、噛むと危ないものを口に入れてしまうことも。そうした危険を減らすためにも、歯固めを用意する必要があるのだ。

もうひとつが、お食い初めの儀式で使用する「歯固め石」だ。こちらには「石のように丈夫な歯が生えてきますように」との願いが込められている。

2. 歯固めの石って噛むの?

同じ「歯固め」でも、お食い初めに使う「歯固め石」は噛むためのものではない。お食い初めの儀式を行う生後100日は、赤ちゃんの歯が生えてくる時期でもあるため、丈夫な歯が生えてくることを願う「歯固め」という儀式を行う。この儀式に使用する石なので、「歯固め石」と名付けられたのだ。

使い方

お食い初めの儀式の時に歯固め石に箸をつけ、その箸で赤ちゃんの歯茎に優しく触れる。

入手方法

歯固め石は、赤ちゃんの初宮参りで訪れた神社から借りてくる、もしくはいただいてくるのが一般的だ。しかし最近は、お食い初め用の食器などにセットでついてくるケースも多いようだ。なお石の形や種類、個数は、地域によって決められている場合があるため確認しておくと安心だ。石の代わりにタコやアワビ、梅干しなどを使用する地域もあるようだ。

使った後の石の処理方法

使った後の歯固め石は、神社にお返しするか記念にお家で保管する場合が多い。

3. おもちゃの歯固めは何に役立つか

おもちゃの歯固めは、赤ちゃんの歯ぐずりを解消させるだけではなく、さまざまな効果も期待できるそうだ。以下に歯固めによる効果を紹介しよう。

歯や歯茎を成長させる

歯固めを噛むと、歯茎が刺激される。この刺激が歯や歯茎の成長を助けてくれるといわれているのだ。赤ちゃん専用の歯固めは、こうした効果を念頭に入れ、赤ちゃんの歯や歯茎を傷つけず、適度な刺激を与えるよう工夫されている。

噛む練習になる

赤ちゃんは離乳食が始まると、それまでの吸う動作から噛む動作へと移行しなければならない。歯固めを与えることで、噛む動作を練習することができるのだ。

脳の成長を促す

噛むことは脳への刺激になり、脳の成長を促す効果があるといわれている。

4. おもちゃの歯固めのおすすめは

おもちゃの歯固めには様々な商品があり、どれがいいのか迷ってしまうことも。そこでここでは、歯固めを選ぶときのポイントとおすすめ商品をご紹介しよう。

歯固めの選び方

安全性

歯固めは赤ちゃんが直接口に入れるものなので、安全性はしっかりチェックしたい。口に入れても安全な素材か、口の中を傷つけないか、飲み込んでしまうような部品はついていないかなどしっかりチェックしよう。

機能性

機能性も重要なポイントだ。歯固めとしてだけではなく、他の用途としても使えるものを用意すると、使用頻度が高くなり無駄なく使うことができそうだ。

楽しさ

歯固めは、おもちゃとして使用できるものも多い。赤ちゃんが楽しく使用できるものを選びたい。

おすすめ歯固め

キリンのソフィー

フランス生まれのかわいい歯固めだ。天然ゴムに食用塗料で色付けされており安全性も問題ない。口に入れて噛むと、「きゅっ」とかわいい音がなり、楽しみながらカミカミできそうだ。

お米の歯がためネックレス パタパタ♪クッキー

国産のお米で作られた歯固めなので、安心して赤ちゃんに与えることができる。ネックレスタイプなので、お父さんやお母さんが首から下げ、赤ちゃんを抱っこしながら与えることが可能だ。

結論

歯固めにはさまざまな種類があり、機能性の高いものやおもちゃとして楽しめるものなど便利なものも多いので、用途に合わせて最適なものを選択しよう。ただし歯固めは赤ちゃんが直接口に入れるものなので、安全性などをしっかり確認することも大切だ。歯固めを上手に使って、赤ちゃんの成長を促して欲しい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >