このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
女の子のかわいい名前の選び方を解説!ポイントやテーマも紹介

女の子のかわいい名前の選び方を解説!ポイントやテーマも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月20日

女の子の赤ちゃんの誕生に向けて名前の候補を考えておきたいが、かわいい名前の選び方がわからないという方もいるだろう。そこで今回は、女の子のかわいい名前の選び方について具体的な考え方や方法、ポイントを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 女の子に名付けたい可愛い名前

女の子の名前を考えるときに「かわいい名前」を付けたいが、どのように決めるか悩む方も多いだろう。
そこで、こちらではかわいい名前についてご紹介しよう。

文字数で選ぶ

かわいい印象を与える名前を選ぶときには、姓とのバランスを考えて一文字の漢字やひらがな、かわいい印象や華やかな意味をもつ漢字を組み合わせるとよいだろう。

漢字またはひらがなで選ぶ

かわいい印象を与える名前を付けたいときに、姓とのバランスで漢字では響きがかわいくても硬くなってしまうという場合もあるだろう。
そのようなときには、同じ名前であってもひらがなにするとかわいい印象を与えられる名前にできる。

音で選ぶ

かわいい印象を与えるのは、呼んだときの音も重要になる。
名前を書いたときの印象も大切だが、日常では名前をよばれる機会が多い。
そのため、名前の読み方についても女の子らしいかわいい印象を与えられるものを選ぶとよいだろう。

2. 名前に使いたいかわいい漢字

こちらでは「女の子の名前に使いたいかわいい漢字」についてご紹介しよう。

ランキングを参考にする

女の子の名前に使う漢字に悩むときには、ランキングを参考にしてみるのもよいだろう。
かわいい印象を与える漢字としては「結」「桜」「咲」「花」「音」「美」「莉」「月」「菜」「愛」などが人気が高い。

ひらがなで選ぶ

キラキラネームの様に漢字本来の読み方ではない名前が多くみられたこともあるが、現在は読み方が間違えられることがなく、音の響きからかわいい印象をもつ名前を選ぶことも多い。例えば「ひまり」「すみれ」「らら」「りり」「こころ」「すず」などである。

3. 海外でも使いやすい名前とは

グローバル化に伴い。赤ちゃんの名前を付けるときにも「海外でも使いやすい名前」を考慮する方も増えてきている。
そこで、こちらでは「海外でも使いやすい名前」についてご紹介しよう。

海外で親しまれる名前を参考にする

「さら」「えま」「あん」など海外で親しまれる女の子の名前の呼び方を参考に、女の子らしくてかわいい漢字を選ぶ名付け方がされる場合も増えてきている。
海外でも親しみやすい「発音しやすく分かりやすい名前」を選ぶ方も多い。

言語によって発音が難しい名前は避ける

海外でも使いやすい名前を付けるときには、正確に名前を発音してもらえるかどうかを確認してから決めることをおすすめしたい。
スペイン語やドイツ語は「つ」の発音が難しいまたは、無いといわれている。
そのため、海外で親しまれる名前を選びたいときには、かわいい名前であっても発音が難しい音を含まないように注意することもポイントである。

4. 珍しい名前なら古風・和風・花をキーワードに

もしかすると女の子の名前は似通った流行のある名前ではなく「珍しいが意味もしっかりとしたかわいい名前を付けたい」と考える方もいるかもしれない。
そこでこちらでは、珍しい女の子の名前の付け方のポイントをご紹介しよう。

「古風」「和風」をキーワードにする

かわいいことに加えて珍しい名前を付けたいときには「古風」「和風」をキーワードにするのもよい。
例えば、日本では古くから音や音楽に関する美しい名前も親しまれている点に着目するのもよいだろう。
特に美しい音色を奏でる楽器の名前「琴」や音楽に関する「音」「響」「律」「歌」などの漢字は、古来から女の子の名前として用いられている。
かわいい女の子の名前であっても珍しさを求めたい場合は、由来も明確である「古風」「和風」な名前をキーワードにするとよいだろう。

「花」をキーワードにする

「花」はかわいい印象だけでなくその意味も美しく、古くから日本では女の子の名前に用いられる漢字である。
女の子のかわいい名付けに用いられる漢字ランキングにおいても「花」だけでなく「桜」「咲」など花の名前や花を連想させるものが上位にランクインしている。
また「葵」「椿」など、季節の花の名前も古くから日本で女の子の名前として親しまれている。
そのため、かわいく珍しい名前を女の子に名づけたいときには「花」をキーワードにするのもよいだろう。

結論

今回は、女の子のかわいい名前の選び方について詳しく解説したがいかがだっただろうか。
かわいい女の子の名前の選択肢は、実にさまざまである。
そのため、夫婦でどのような思いを込めて選ぶのか、姓とのバランスや名前を記載したときの印象を重視したいのか、日常的に呼ばれる響きに注目したいのかなど選ぶときのポイントについてよく話し合っておくことをおすすめしたい。
ぜひ、こちらでご紹介した内容を参考に、夫婦で納得のいく女の子のかわいい名前を選んでほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ