このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
新生児に帽子はいるのか?選び方は?新生児の帽子の疑問を解消!

新生児に帽子はいるのか?選び方は?新生児の帽子の疑問を解消!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 5日

新生児用の小さな帽子は、見ているだけで心が和む。しかし新生児に帽子は本当に必要なのだろうか?また新生児用の帽子はどのように選べばよいのだろうか?今回はそんな新生児用の帽子に関するさまざまな疑問にお答えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新生児に帽子が必要な訳とは?

新生児に限らず赤ちゃんに帽子が必要な理由には、主に以下の2つが挙げられる。
  • 衝撃から守る
  • 寒さや紫外線から守る
赤ちゃんの頭の大泉門と呼ばれる場所は、柔らかくデリケートだ。そのため帽子をかぶらせ衝撃から守る必要がある。

とはいえ新生児の間はほとんど外出する機会はないため、「新生児用の帽子は用意しなくてもいいのでは?」と考えている方もいるのではないだろうか。

確かに新生児の間は、帽子の出番はほとんどないだろう。しかし生まれた病院を退院し家に戻るときには、防寒や日差し対策のため帽子があったほうが安心だ。なんらかの理由で新生児の間に通院が続く場合にも、新生児用の帽子を用意したほうがいいだろう。

また髪の毛の薄い赤ちゃんの場合も、新生児から帽子をかぶせているケースがあるようだ。

とあるアンケートによると、新生児の間帽子をかぶせたという方は、数回使ったという方も入れると46%、一方使わなかったという方は55%だった。新生児用の帽子が必要かどうかは、それぞれの事情を考慮して判断するとよいだろう。

2. 新生児用の帽子の選び方

では新生児や赤ちゃん用の帽子は、どのようなポイントに着目して選ぶとよいのだろうか。

素材

新生児や赤ちゃんは汗っかきなので、こまめに洗えるよう洗濯しやすい素材がおすすめだ。また吸湿性や通気性にも配慮したい。季節によっても最適な素材は変化する。寒い時期は保温性の高いものが向いているし、暑い時期には通気性に優れており涼しいものがよい。

サイズ

新生児や赤ちゃんの頭の大きさは個人差が大きい。それぞれのサイズに合わせた帽子を選択しよう。なお、新生児から3ヶ月のサイズの目安は32〜42㎝だ。

新生児や赤ちゃんの帽子のサイズを測るときには、メジャーを額の真ん中、耳の付け根の少し上、後頭部のあたりを通るように当てて測るとよい。ぴったりし過ぎると窮屈に感じることがあるため、少し余裕を持ったサイズを選んでみよう。

かぶり心地

新生児や赤ちゃんの肌はデリケートなので、肌触りがチクチクするものなど頭皮に刺激を与えるようなものは避けよう。またあごひもにも注意が必要だ。きつ過ぎるものは選ばないよう注意しよう。

3. 新生児用の帽子は手作り可能か?

新生児用の帽子は使う期間が限られているし、新生児や赤ちゃんの頭の大きさは個人差が大きいため、最適なサイズの帽子を探すのは難しいかもしれない。またかぶったときの感触やデザインも、それぞれ好みが分かれるところだ。これらをすべて満たす新生児用の帽子を探すことはなかなか大変だろう。

そこですべての条件を満たすお気に入りの帽子を、手作りしてみてはいかがだろうか。「帽子を手作りするなんて難しそう」と思った方もいるかもしれない。しかし簡単な形で、型紙さえあれば、新生児の帽子はそれほど時間をかけずに作ることができる。

なかでも新生児におなじみの小人帽子(ピクシーハット)は、かわいい見た目に反し裁縫初心者でも簡単に作ることができるので、裁縫は苦手だという方にもおすすめだ。

ピクシーハットは、長方形の布を表地用、裏地用の2枚用意し、布を半分に折りたたんで後頭部にくる部分のみ縫い合わせ、あごひもを縫い付けただけで完成する。裏地をボア生地にするなど、生地の素材や柄に変化をつけると、季節やコーディネートに合わせた帽子を、お金をかけずに用意することができるだろう。

結論

新生児用の帽子は、新生児の頭をさまざまな刺激から守ってくれるだけではなく、コーディネートのポイントや、我が子をさらにかわいく見せてくれるアイテムとしても役立ちそうだ。また新生児用の帽子をとっておくと、新生児の頃を懐かしみ、我が子の成長を振り返る思い出の品にもなるだろう。余裕がある場合は、用意をしてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >