このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
気になる赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方を大公開!

気になる赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方を大公開!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月14日

赤ちゃんはよくしゃっくりをするものだ。しかしあまりにも頻繁で心配になる方もいるのではないだろうか。そこで今回は、赤ちゃんのしゃっくりの原因や止める方法などをご紹介しよう。赤ちゃんのしゃっくりに悩むお父さんお母さんは、参考にしてみて欲しい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんのしゃっくりが長い原因は?

ではなぜ赤ちゃんはよくしゃっくりが出るのだろうか。これは赤ちゃんが刺激に敏感だからだといわれている。

しゃっくりが出る原因自体まだはっきりとはわかっていないが、食道や胃などへの刺激が引き金となり、横隔膜が痙攣を起こすためだと考えらている。

刺激に敏感な赤ちゃんは、少し冷たい風に当たった、授乳のあとにげっぷが出なかった、おしっこが出たなど、大人ではなんでもないような些細な刺激でも、横隔膜が痙攣してしまうことがあるのだ。

ただし赤ちゃんのしゃっくりが2時間以上も続く場合は、病気の可能性もあるため、医師に相談することをおすすめする。特に、熱がある、呼吸が苦しそう、ミルクなどを吐く、いつもよりよだれが多いなど、変わった様子が見られる場合は要注意だ。

2. 赤ちゃんが苦しそう。しゃっくりを放っておいて大丈夫?

赤ちゃんのしゃっくりがなかなか止まらないと、心配になるお父さんお母さんは多いのではないだろうか。しかししゃっくりの多くは放っておいても止まるので、何もしなくても問題ないようだ。

しかし先ほども述べたように、2時間以上しゃっくりが続く場合は、赤ちゃんの様子を見て病院に連れて行くことを検討したほうがよい場合もある。

3. お風呂が効果的?赤ちゃんのしゃっくりを止める方法

赤ちゃんのしゃっくりは止めなくてもいいといわれても、気になってしまう方は多いだろう。そんな方のために、赤ちゃんのしゃっくりを止める方法をご紹介しよう。

お風呂に入れる

赤ちゃんは、寒さが刺激となりしゃっくりをすることがある。その場合はお風呂に入れて体を温めてあげることで、しゃっくりがおさまることがあるのだ。暖かい部屋に連れて行く、衣類などで体を温める、濡れたオムツを取り替えるといった方法でも効果があるが、それでもおさまらない場合は、試してみて欲しい。

背中を撫でる、とんとんする

赤ちゃんを縦に抱き、背中を撫でたりとんとんしたりすると、赤ちゃんの血行が改善ししゃっくりがおさまることがある。また、げっぷが出ないことが原因でしゃっくりが出ている場合には、背中を刺激することでげっぷが出て、しゃっくりがおさまる場合もある。

げっぷを出す

授乳後にうまくげっぷを出せずに赤ちゃんがしゃっくりをしてしまうことは多い。ミルクと一緒に飲み込んだ空気がお腹を膨らませ、横隔膜を刺激するためだ。この場合は、げっぷを出すとしゃっくりがおさまる。

何か飲ませる

大人でも水を飲んでしゃっくりがおさまったという経験を、多くの方がしているだろう。赤ちゃんも同様で、しゃっくりをしているときにお湯やミルクを飲ませると、しゃっくりがおさまることがある。

4. しゃっくりが出にくい赤ちゃんの体勢や抱っこのしかた

では赤ちゃんのしゃっくりを予防する方法はあるのだろうか?赤ちゃんがしゃっくりを出すタイミングで一番多いのは、授乳後だろう。そのため授乳中や授乳後の体勢や抱っこの仕方や授乳の仕方を工夫すると、しゃっくりを防ぐ効果があると考えられる。

授乳中や授乳後は、赤ちゃんの体を垂直にしておくと、横隔膜に負担がかかりにくくなり、しゃっくり予防になると考えられる。また授乳のスピードをゆっくりにする、乳首と口の間に隙間を作らないようにするなどを留意すると、しゃっくりが出にくくなるようだ。

結論

赤ちゃんのしゃっくりはついつい気になってしまうが、その多くは気にしなくてもよいもののようだ。気にしすぎず、おおらかに見守ってみてはいかがだろうか。ただしまれに心配なしゃっくりもあるので、しゃっくりが長く続く場合は、赤ちゃんの様子を注意深く見守ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >