このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハイローチェアのおすすめは?メリットや選び方のポイントも解説

ハイローチェアのおすすめは?メリットや選び方のポイントも解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月 7日

ハイローチェアは大変な育児をサポートしてくれる、あると便利なグッズだ。でも具体的にどんなところが便利なのか、どんな商品を購入すればよいのかなど頭を悩ませている方も多いのではないだろうか。そこでここではハイローチェアのメリットや選び方、おすすめ商品を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 育児をもっとラクに!ハイローチェアがおすすめの理由とは?

育児にはお金がかかるため、「なるべく余計なものにはお金をかけたくない!」と思っている方は多いのではないだろうか。ここでは、ハイローチェアがなぜおすすめなのか解説していこう。ハイローチェアを購入するか否か、悩んでいる方は参考にしてみてほしい。

赤ちゃんをどこでも寝かせられる

赤ちゃんがまだ寝返りを打たない時期は、お昼寝のときなどにハイローチェアに寝かせることができる。スイング機能がついているハイローチェアなら、眠りを誘う揺れを赤ちゃんに与えてくれるため、抱っこで寝かしつけしなくてもすむことも。

またベビーベッドよりも持ち運びが楽なので、お父さんお母さんは家事や仕事などをしながら、赤ちゃんの眠りをすぐそばで見守ることができるところもおすすめポイントだ。

ただし寝返りができるようになると、転落事故が起こる恐れがあるため注意しよう。

食事用の椅子として活用できる

ハイローチェアにはテーブルがついているため、赤ちゃんが食事するときの椅子としても活用可能だ。1台で何役もこなしてくれるのは大きなおすすめポイントだ。

お風呂がラクに

ワンオペ育児で困ることの一つに、「お風呂」がある。でもハイローチェアがあれば、お父さんやお母さんが体を洗っている間の待機場所として重宝するのでおすすめだ。またハイローチェアの上で赤ちゃんの着替えをさせることもできるので、お風呂タイムがグッとラクになるだろう。

2. おすすめは電動?手動?ハイローチェアの選び方

いざハイローチェアを購入しようとしても、商品がたくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるだろう。そんな方のために、ハイローチェアの選び方のポイントを紹介しよう。

スイングは手動か電動か

ハイローチェアのスイング機能には、電動と手動がある。それぞれメリットとデメリットがあるので、それらを考慮し使い勝手のいいものを選ぶことが大切だ。

手動タイプのメリットは、価格がリーズナブルなものが多い点、コンセントを使わないので、場所を選ばずに使える点などが挙げられる。スイング機能をそれほど重視しない方や、ハイローチェアにあまりお金をかけたくないという方には手動タイプがおすすめだ。

電動タイプのメリットは、自動でスイングしてくれるため、お父さんやお母さんの負担が減ることが最大のメリットだ。特にスイング機能だけで赤ちゃんが寝ついてくれたら、寝かしつけの負担がグッと減ることになる。育児の負担を少しでも減らしたい!という方は電動タイプがおすすめだ。

お手入れのしやすさ

ハイローチェアは赤ちゃんの食べこぼしや排泄物などで汚れることが多い。そのためお手入れのしやすさは重要なポイントだ。シートやクッションなどの取り外しが簡単で、洗濯機で丸洗いできるものがおすすめだ。

サイズや重さ

ハイローチェアはサイズが大きくお部屋にあると意外とかさばる。そのためお部屋の大きさなどを考慮し、無理のないサイズを選ぶことが重要だ。購入する前に置き場所や収納場所などを想定し、ある程度サイズを決めておくことをおすすめしたい。

また使い方に応じた重さのものを選ぶことも大切だ。部屋の中で移動させることが多い場合は、なるべく軽量なものを選ぶとよい。キャスターでの移動が主で、持ち上げて運ぶことがほとんどないのなら、重さはそれほど気にしなくてもよいだろう。

クッションがしっかりしているか

ハイローチェアは赤ちゃんを寝かせるときにも使用するため、赤ちゃんの体に負担がかからないようクッションがしっかりとしたものを選ぶことが大切だ。メーカーによって、クッションに様々な工夫を凝らしているため、選ぶ際によく確認してみてほしい。

3. ハイローチェアのおすすめは?人気ブランド商品を紹介

では紹介した選び方をふまえ、ハイローチェアの人気ブランドからおすすめ商品をご紹介しよう。

カトージ

カトージのハイローラックの特徴は、手動式の商品が主で価格がリーズナブルなところだ。しかしリクライニング機能や、高さ調節機能など必要な機能は揃っている。ハイローチェアをリーズナブルに揃えたいという方には特におすすめだ。

スイングハイローラック ピッコロ

「コンパクトサイズのハイローチェアが欲しい!」という声に応えて誕生した商品だ。シートの丸洗いが可能でテーブルの取り外しも簡単にできるため、お手入れがラクにできそうだ。過不足なく機能がついていて、作りもしっかりとしていながらリーズナブル。コンパクトサイズなので、お部屋が狭いという方にもおすすめしたい。

アップリカ

ハイローチェアだけではなく、さまざまな赤ちゃんグッズに定評のあるアップリカ。そんなアップリカのハイローチェアの特徴は、赤ちゃんの医学や育児工学に基づいて作られている点。それらを駆使し、赤ちゃんの寝心地や座り心地の良さと、お父さんやお母さんの育児のしやすさの両方を備えたハイローチェアを生み出しているのだ。

ユラリズム オート プレミアム

こちらの商品の最大の魅力は、スイング機能がお母さんの抱っこのリズムを再現していること。またスイング機能は寝かしつけたいとき用、あやしたいとき用と用途に応じて切り替えることも可能だ。お父さんやお母さんの育児をしっかりとサポートしてくれるだろう。またフード付きなので、余計な光を遮り紫外線もしっかりガード。健やかな眠りをサポートしてくれる。少々価格が高くても、機能性を重視したい方におすすめの商品だ。

コンビ

コンビのハイローチェアの特徴は、オートスイング機能が、ママの心拍数に合わせて揺らすように設計されている点、しっかりと光を遮る幌がついている、シートに衝撃吸収材を使用している点などがある。赤ちゃんの座り心地や寝心地を重視しつつ、お父さんやお母さんの育児を少しでもラクにできるよう計算されている。また育児をもっと楽しめるよう、デザイン性にこだわっているところもおすすめポイントだ。

ネムリラ AUTO SWING

この商品の最大のおすすめポイントは、オートスイングながら動作音がほとんど気にならない点。これなら音に敏感な赤ちゃんでも、眠りの邪魔になることがなさそうだ。またシートクッションには衝撃吸収材を使用しており、お母さんに抱っこされているような心地よさを再現してくれる。機能性抜群で、至れり尽くせりなハイローチェアだ。

結論

ハイローチェアがあると、お父さんやお母さんの育児への負担が少し軽くなるかもしれない。なおハイローチェアには様々なタイプがあるので、用途や住環境などに応じて最適なものを選ぶようにしたい。ハイローチェア以外にも、便利な育児グッズはたくさんある。そういった育児グッズの助けを借りながら育児の負担を軽減し、今しかない赤ちゃんの時期を楽しんでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >