このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クレパスとクレヨンの違いは?特徴に合わせて上手に使い分けよう

クレパスとクレヨンの違いは?特徴に合わせて上手に使い分けよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月 3日

子どもが大好きなお絵かき。小さな子どものいる家庭では、クレヨンやクレパスを使わせていることが多いかもしれない。そんなクレヨンとクレパスだが、実は似て非なるものだということをご存知だろうか?クレヨンとクレパスの違いを知れば、子どもは絵を描く楽しさをもっと味わえるかも知れない。今回は、クレヨンとクレパスの違いについて解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 意外と知らない!クレパスとクレヨンの違いとは?

クレパスとクレヨンは、見た目にはそれほど違いはないように思えるが、それぞれ違った特徴を持つ。

日本に最初に入ってきたのはクレヨンだ。大正時代に日本に伝わり、生産されるようになったのは大正7年頃だったそう。クレヨンはパラフィンや蝋に顔料を加えたもので、材質が硬く、描いた線があまりベタつかないところが特徴だ。スケッチなどで線を描くことには向いているが、重ね塗りや色を混ぜることには向いておらず、絵画表現が比較的限られている。

一方クレパスは、「株式会社サクラクレパス」がクレヨンにオイルを加えて改良したものだ。クレパスという名称はサクラクレパスによって商標登録されたもので、一般名称は「オイルパステル」という。柔らかく伸びがよいのが特徴で、クレヨンよりも幅広い表現ができるところが利点だ。

2. クレパスとクレヨンはこう使い分けよう!

クレパスとクレヨンを上手に使い分けるには、先述したそれぞれの特徴を頭に入れ、その特徴を生かせるように使い分けることが大切だ。

クレパスの場合は、面を塗りつぶす、色を混ぜる、こすって色をぼかすなど工夫次第でさまざまな表現ができ、使い方次第で油絵のような本格的な絵に仕上げることもできる。また引っ掻いて描くスクラッチ技法や、はじき絵をするときにもクレパスがおすすめだ。しかしクレヨンよりも折れやすくベタつきも気になるため、扱いが少し難しいというデメリットもある。これらのことから、絵を描くことに慣れてきた幼稚園年長から小学生以降に使用することをおすすめしたい。

一方クレヨンは硬くて折れにくくベタつかないので、扱いが簡単だ。またミツロウでできたものなど、安全な素材で作られているものがあるところもクレヨンのメリットだ。できる表現や技法は限られているが、線で描くことが多く力の加減が難しい小さな子どもには、クレヨンが最適だろう。ただし幼稚園や保育園によっては、「クレパス」と指定されていることもあるため、注意しよう。

3. クレパス・クレヨンとクーピーとの違いは?

クレパスを販売するサクラクレパスでは、「クーピーペンシル」という商品も扱っているが、このクーピーとクレヨンやクレパスにはどんな違いがあるのだろうか。

クーピーは、色鉛筆とクレヨンを掛け合わせそれぞれの良さを生かした商品だ。色鉛筆は描きやすく細かなところの色塗りはしやすいが、芯が折れやすい、発色がよくない、広い面の色ぬりに時間がかかるなどのデメリットがある。一方クレヨンは、色鉛筆よりも発色がよく折れにくいが、細かなところの色が塗りにくい。

しかしクーピーなら、全体が芯になっているので折れにくく、色鉛筆よりも太くクレヨンよりも細いので、広い面、細かい面のどちらも塗りやすい。またクレヨンと同じような発色のよさを持ち合わせているところも魅力だ。そしてクレヨンやクレパスのように手が汚れることが少ないところもうれしい。

さらにクーピーならではの特徴として、消しゴムで消しやすいといった点がある。クーピーに使われている原料は紙の凸凹に入り込みにくいため、消しやすいのだ。ただクレヨンやクレパスよりも色をのせるのに力が必要なので、筆圧の弱い幼児には使いこなすのが難しいことも。

結論

子どもに絵を描かせるときに、あまり深く考えずにクレヨンやクレパスを手渡していた方は多いのではないだろうか。しかしクレヨンとクレパスそれぞれの特徴を理解し、その特徴に合わせた使い方をすることで使いやすさが増し、絵の表現の幅も広がるだろう。子どもはさらに絵を描くことの楽しさを味わえるのではないだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >