このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
時を超える親の願いが兜飾りの由来に!子どもの日に人気の兜とは?

時を超える親の願いが兜飾りの由来に!子どもの日に人気の兜とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月28日

「5月5日の子どもの日。兜飾りはどうしたらよいのだろう?」と悩むお父さんお母さんは少なくない。株式会社バンダイの調査(※1)によると、男の子の親の7割以上が、子どもの日に兜やこいのぼりなどの節句飾りを施すという。一方で、兜飾りは高価な買い物だ。飾りたい!と思っても、簡単に決められない方も多い。そもそも兜飾りは必需品なのだろうか?子どもの日の兜の疑問に迫る。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どもの日に「兜」を飾る意味や由来は?

子どもの日に飾る五月人形の兜は「体を守るもの」の象徴だ。

5月5日の子どもの日、別名「端午の節句」は、さかのぼると奈良時代ごろから始まった。本来は田植え時期の前に、女性が豊穣祈願で身を清めた儀式であったというから驚きだ。

この行事に兜や鎧が飾られるようになった由来は、日本の権力が貴族から武士へと移った鎌倉時代ごろの生活習慣に関連している。このころ、お祝いのためというよりも、入梅を前に大切な武具が傷まないよう、箱から兜を出して風を通したり手入れをしたりしたそうだ。

菖蒲で邪気払いをする習慣もあった端午の節句は、「菖蒲=尚武(武道を大切にすること)」の語呂合わせから、武家社会の世の中で盛んにおこなわれるようになった。江戸時代には日本の公式行事となり、武士が身を守る兜や鎧を飾るようになったのである。

時は流れ、兜を日常的に使わなくなった現代でも、子どもの日の兜飾りには「病気や事故から子どもを守ってほしい」という意味が込められている。

2. 知っておきたい子どもの日の「兜」に関する常識とマナー

兜飾りを飾る時期

子どもの日に向けて兜飾りを用意する際は、「早めに飾って早めにしまう」のがよいとされている。

行事の直前や当日の飾りは「一夜飾り」と呼ばれて縁起が悪い。飾る目安は春分の日から4月中~下旬までの天気がよい日だと、縁起がよいといわれている。

子どもの日以後、しまう時期のルールはないというが、ひな人形同様、長々と兜飾りを出しておくのはよくないという考えもある。気になる方は、お節句の翌日以降、カラっと晴れた日にしまっておこう。

入手方法のマナー

購入以外に、親や親せきからお下がりを受け継ぐ、兄弟で1つの兜飾りを持つ、といった兜飾りの方法は、マナー違反とまではいわないものの、理想的ではないという。子を守る意味を持つ兜飾りは、その子の厄を背負い、身代わりになる役割も兼ね備えているため、できる限り新しいものを用意したい。

ただし住宅状況や家庭事情から、新しい兜を子ども全員分そろえるのが難しい場合も少なくないだろう。子どもの日に新しい兜飾りを1人1つずつそろえられない場合は、代わりになる小さな飾りや人形を置くとよい。
また新しい兜は、母方の実家から贈られる伝統があるものの、現代はこだわらない家庭が多い。両家で話し合って決めるとよいだろう。

兜飾りの飾り方

兜飾りは芯木とふくさを乗せた土台(櫃)に、前立てや鍬形を付けた兜を置くのが一般的だ。サイドの飾りの位置で迷いがちだが、向かって左に弓を、右には柄を下にした太刀を置く決まりがある。

3. 子どもの日の兜飾りトレンドは「おしゃれでコンパクト」

「コンパクト」は、近年子どもの日に飾る兜飾りのキーワードになっている。田中貴金属ジュエリー株式会社の調査(※2)によると、可能な限りコンパクトかつシンプルな兜飾りを購入したいと回答した方が6割近くを占めるという。

人気のデザインについて目を向けると、「子どもの日に伝統的な兜飾りを用意したい」と考える方がもっとも多い年齢層は、20代の若年層だった。一方で、トレンド感があっておしゃれなものや、キャラクターモチーフのもの、人形風のかわいい兜飾りを飾りたいと願う方も一定数いる。現代らしく、フォトジェニックな子どもの日にこだわる流行もあるようだ。

4. 子どもの日に飾りたいおすすめの「兜」5選

コンパクトでありながら伝統的なデザインにこだわるなら、江戸時代から続く老舗専門店「久月」の「11号兜ケース入り(Y5002)」がおすすめだ。奥行30cm以下、縦横50cm以下の省スペースで、光輝く魅力的な兜を子どもの日に飾れる。

子どもの日当日、写真映えにこだわるなら、色や素材に注目を。京都府で和雑貨や小物を販売する「株式会社 夢み屋」では、白に統一したモダンな兜飾り「白粋-HAKI-シリーズ」が大人気だ。武将モチーフやカラフルなガラス製兜を取り扱っている吹きガラス工房「FUSION FACTORY」の兜も、小ぶりでインスタ映えするため人気がある。

小さな兜飾りを探している方には、和歌山県の家具会社「株式会社はーとぼっくす」が手がける「木製兜」が手頃でおしゃれだ。

一生ものの資産となる兜を贈りたいと願う親や祖父母からは、「ギンザタナカ」の「純金兜」が選ばれている。

結論

子どもの日のお祝い経験者は、未経験者に加えて生活の満足度が高いという調査結果(※2)もある。幼いころに兜飾りを飾り、子どもの日を大切にしてもらった経験は、大人になっても子どもの心に残り続けるのだ。兜飾りを毎年飾り、心に残る子どもの日を祝い続けよう。

参考文献

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >