このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【沐浴剤】が1本あれば新生児の沐浴も安心!メリットとおすすめ5選

【沐浴剤】が1本あれば新生児の沐浴も安心!メリットとおすすめ5選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月12日

赤ちゃんの沐浴に使う洗浄剤は泡や液状のベビーソープ、固形石けん、沐浴剤の3種類に大別される。株式会社ベビーカレンダーの調査(※1)によると、実に90%以上の方がベビーソープや固形石けんを使っていたという。対して3.7%程度の使用者にとどまった沐浴剤だが、赤ちゃんを大人と別に沐浴させる際に、おおいに役立つのをご存じだろうか?

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新生児の沐浴に沐浴剤を使うメリットとは?

沐浴剤は体を清浄にするバスグッズだ。入浴剤のようにベビーバスのお湯に混ぜて使う。入浴剤は保湿や保温のみを目的としているのに対し、洗浄を主な目的とし、保湿効果なども備えたのが沐浴剤である。

沐浴剤の洗浄作用はベビーソープよりもやさしいため、皮脂を落としきれない場合は乳児湿疹が出ることもある。赤ちゃんと相性が合わないと肌トラブルになる場合もあるため、少しでも異常が見られたら、使用を控え、かかりつけの医師に相談しよう。

一方、沐浴剤で過乾燥などの肌トラブルがおさまることも。また、新生児の沐浴にもメリットがある。赤ちゃんの身体を上手に洗ってあげられない時、石けんを泡立てて手に取らずに済むため、洗いやすく、時短にもなるのだ。

2. 赤ちゃん用沐浴剤の正しい使い方

沐浴剤の使用方法は、普段使っているベビーバスへ決められた分量を混ぜ、赤ちゃんを手順通りに沐浴させるだけ。とても簡単だ。頭は沐浴剤入りのお湯で湿らせたガーゼで、身体は手で洗っていく。すすぎ不要の製品がほとんどだが、製品によっては上がり湯が必要なタイプもあるため、使用前に使い方や使用上の注意点に目を通そう。

沐浴時は、ベビーバスやガーゼ、バスタオル、着替え、保湿剤といった必需品以外に、お湯の温度がわかりやすくなる湯温計や、入浴中に赤ちゃんにかける沐浴布があると便利だ。

3. 赤ちゃんにあった沐浴剤や沐浴方法を選ぼう

赤ちゃんの肌は大人よりも敏感なため、肌トラブルが心配な方は、合成添加物やパラベンを使っていない沐浴剤がよい。

乾燥が気になる冬場や春先は、保湿成分を重視して選んではいかがだろうか。妊娠中、おなかのなかで赤ちゃんの肌を守る「胎脂」に似せた保湿成分や、マカダミアナッツ油成分、馬油など、保湿を重視している沐浴剤を探してみよう。1日に数回沐浴させることのある夏場は、肌の負担になりにくいタイプがよい。

週の半分は石けんやベビーソープで洗うよう指導されたという話も聞く。沐浴剤では洗浄力が弱いと感じたら、ベビーソープやベビーシャンプーと併用するのも1つの方法だ。

同じ月齢で比較しても赤ちゃんの肌は1人ひとり異なる。初めての製品を使う際や、石けんと併用する際は、その都度赤ちゃんの肌の様子を確認してほしい。

4. 人気の赤ちゃん用沐浴剤おすすめ5選

販売から40年以上、赤ちゃんの肌を健やかにしてきた定番品といえば「スキナベーブ」(持田ヘルスケア株式会社)にほかならない。あせもや湿疹にアプローチする医薬部外品として、赤ちゃんの肌を気持ちよく洗い上げる。

「ベビー沐浴料」(ピジョン株式会社)は、ベビー用品店でも通販でもよく見かける、人気の沐浴剤だ。ピジョン独自の胎脂に似た保湿成分で、デリケートな赤ちゃんの素肌を守りつつ洗う。

日本に伝わる天然成分を使った「ベビーバーユマドンナ沐浴剤」(マドンナ株式会社)は、弱酸性、香料・着色料・パラベン不使用の沐浴剤だ。古来ヤケドなどの民間治療薬として使われ、今も愛用者が後を絶たない人気の成分「馬油」を配合している。

天然成分配合といえば、100%ナチュラルな素材で作られた「オーガニック シュガーリング バス」(株式会社アビサル・ジャパン)にもご注目を。遺伝子組み換えなしの北海道産てんさい糖の保湿力とやさしいシトラスの香りがバスタイムをサポートする。

赤ちゃんにお風呂の楽しさを伝えられる沐浴剤が「エコストア バブルバス」(株式会社ecostore JAPAN)だ。沐浴剤を入れたベビーバスに勢いよくお湯を注げば、肌にやさしい泡風呂の完成。赤ちゃんとのバスタイムを楽しく彩る。

結論

沐浴剤はほかの洗浄剤と併用することでも、赤ちゃんの肌を健やかにできる。また、余った沐浴剤のほとんどが、入浴剤として大人のお風呂に使うことも可能だ。子どもが風邪でお風呂に入れない時、体を拭くのにも役立つ。新生児のお風呂が不安な時、ワンオペ育児で沐浴に手間取る時、沐浴剤を活用してみてはいかがだろうか?

参考文献

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >