このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんの沐浴に湯温計って本当に必要?おすすめの湯温計を紹介!

赤ちゃんの沐浴に湯温計って本当に必要?おすすめの湯温計を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月 6日

「湯温計」という言葉を初めて聞いたお父さんお母さんも多いだろう。湯温計は、生まれたばかりの赤ちゃんがいる家庭にとって、沐浴の際にあったら便利なアイテムだ。今回は、どうして湯温計が必要なのか、おすすめの湯温計や湯温計を手に入れる方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 湯温計って赤ちゃんの沐浴に必要?

湯温計とは、ずばりお風呂のお湯の温度を計るためのアイテムである。赤ちゃんが沐浴する時の最適な温度は38度前後だ。なお、冬場など寒い時期はお湯がすぐに冷めてしまうため、40〜42度のお湯を準備するとよい。

もちろんシャワーでも、同様に温度を調節する必要がある。大人が入るお風呂の温度よりも低いため、人の手で触ってみて温度を確かめるのは難しい。もしもお湯が熱すぎると赤ちゃんは疲れてしまう。そうならないためにも、湯温計を使えば正確な温度が分かり、赤ちゃんを安心して沐浴させることができる。

赤ちゃんがお湯に浸かる時間の目安は3〜5分だ。服を脱いでから着るまでを10分以内に終わらせるようにするとよい。「もっと長くお湯に浸かりたい!」と思われるだろうが、1番の目的は赤ちゃんの身体を清潔に保つことなので、もう少し大きくなるまでは短時間の入浴を心がけよう。

沐浴を卒業後、大人と一緒のお風呂に入るようになってからもしっかり温度を計るのがよい。大人と同じお風呂に入ることができるようになったとしても、水分や体力が失われやすい赤ちゃんを長湯させないようにしよう。

2. 湯温計はどんなものがおすすめ?

たくさん種類がある湯温計だが、どのようなものがいいのだろう?ここでは、湯温計の大まかな種類や選ぶ際のポイントをいくつか紹介する。

アナログ表示とデジタル表示の2種類がある

湯温計は機能やデザインによって値段もさまざまだ。まずはアナログ湯温計とデジタル湯温計について説明しよう。アナログ湯温計は安く手に入り故障も少ないが、目盛りが細かいものだと確認しにくいというデメリットがある。また、温度を計るのにやや時間がかかる。

デジタル湯温計は、計測が早いうえに数字で表示されるため、アナログ湯温計よりも簡単に確認できるところがメリットだ。しかし、アナログ湯温計と比べると値段が高く、故障や電池切れにも注意しなければならないというデメリットがある。

デザインで選ぶ

かわいい湯温計だと、赤ちゃんもお父さんもお風呂タイムがちょっぴり楽しくなる。デザインにこだわりたい方には「ミッフィー着せ替え湯温計」がおすすめだ。湯温計の上部が着せ替えられるようになっており、「ミッフィー」か「アヒル」か、その日の気分で選ぶことができる。温度を計る先端部分が刺さらないようにカバーが付いているのも嬉しい。

次におすすめなのが「デジタル湯温計 ガーくん」だ。お湯に浮くアヒル型のかわいい湯温計で、温度の表示もはっきりしていて確認しやすい。また、角がなく丸いデザインのため、赤ちゃんと一緒でも安心して使用できる。

デザインで選ぶ場合も「ベビー用湯温計」と表示されていれば、とがった部分がない、など安全面で配慮されているので、心配なく使える。

3. 湯温計はどこで手に入る?

では、湯温計はどこで購入することができるのだろうか?湯温計を実際に見て購入したい方には、西松屋やアカチャンホンポに行ってみるのがよい。ベビー・キッズ用品専門店なので、使いやすく手に入れやすい価格で販売されている。

実際に手にとって見なくても大丈夫な場合は、ネットでの購入がおすすめだ。ネットは湯温計の種類が豊富なのが1番のポイントである。実用的なものからデザイン重視のものまでさまざまな湯温計があるので、きっとお気に入りの湯温計が見つかるだろう。

しかし、「湯温計はずっと使うか分からないので、できる限り安く購入したい」という方もいるはずだ。そんな時は、100均の湯温計を試してみてはいかがだろうか?安くてかわいいデザインのものもあるので、購入しようかどうか迷っている方は、まず100均の湯温計を試してみるとよいだろう。

結論

肌が弱く体力もまだない赤ちゃんの沐浴は、温度調節が必要不可欠だ。赤ちゃんにちょうどよい38度前後をキープするには、湯温計が大変便利である。湯温計はシンプルなものからデザイン性の高いもの、安いものから高いものまでさまざまなので、出産前にお好みの湯温計を購入しておくとよい。ベストな温度を保ち、赤ちゃんに負担をかけず気持ちよく沐浴させてあげよう!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >