このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
絵本の収納はどうすればいい?おすすめ商品や手作りアイデアを紹介!

絵本の収納はどうすればいい?おすすめ商品や手作りアイデアを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月21日

子どもの成長とともに増え続ける絵本。すっきり収納できずに困っている方は多いのではないだろうか。しかも、絵本は大きさや形がバラバラなところも収納を難しくする点だ。そこで今回は、絵本をすっきりおしゃれに収納するアイデアをご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おしゃれにスッキリ!絵本の収納アイデア

絵本は大きさがバラバラなので、なかなかすっきりと収納できずごちゃつきがちだ。そんな絵本をすっきりとおしゃれに収納するには、主に「見せる収納」と「隠す収納」の2つの方法がある。どちらの場合も、子どもが取り出しやすく片付けしやすいよう工夫することがポイントだ。

見せる収納の方法

見せる収納の場合は、本屋さんのように絵本の表紙を見せて収納する。絵本の表紙には、インテリアになりそうなものがたくさんあり、上手にディスプレイすることでおしゃれな収納が実現できるだろう。

また、見せる収納をすることで子どもの目に絵本が入りやすくなり、絵本を手に取る機会が増えるといった効果も期待できる。絵本の表紙が見えていることで、子どもがお目当ての絵本を探しやすいといったメリットもあるだろう。見せる収納には、絵本専用の絵本ラックや壁面収納を利用するとよい。

隠す収納の方法

大きさや色がバラバラの絵本は、普通の本棚にそのまま収納しようとすると、収納しにくいだけではなく、統一感がなくごちゃついて見えがちだ。しかし隠す収納をすることで、統一感を持たせすっきりと見せることができる。

ただ、隠す収納は子どもが絵本を探しにくく取り出しにくい、片付けにくいといったデメリットもある。そのためちょっとした工夫が必要だ。

カゴや木製の箱などに絵本をざっくりと収納し、子どもの手の届く場所に置いておくと、おしゃれに見えて、子どもが絵本を取り出しやすく片付けしやすくなる。

またカラーボックスなど、収納ボックスを本棚がわりに利用する場合は、ファイルボックスの利用がおすすめだ。ファイルボックスに絵本を入れてからカラーボックスなどに収納することで、絵本が倒れることを防ぐことができ、取り出しやすさもアップする。

2. 絵本の片づけに便利な収納ボックスを紹介!

絵本の収納に、専用の絵本ラックや本棚ではなく収納ボックスを利用する方もいるだろう。そこで、ここでは絵本の収納に最適な収納ボックスをいくつかご紹介しよう。

無印良品 スタッキングシェルフ

絵本は子どもが成長するごとにどんどん増え続け、収納場所が少なくなっていく。そんなとき無印良品のスタッキングシェルフなら、絵本が増えるごとに買い足し積み重ねることができるのでおすすめだ。シンプルなデザインなので、どんなインテリアにも合わせやすいところも魅力的なポイントである。

アイリスオーヤマ カラーボックス

絵本ラックにカラーボックスを利用する方は多いが、カラーボックスはメーカーによって、コスパや使い勝手などさまざまな違いがある。アイリスオーヤマのカラーボックスのメリットは、サイズやオプションが豊富な点だ。そのため絵本の量や部屋の広さなどに合わせ、自由にカスタマイズできる。

ニトリ A4ファイルスタンド Nオール ワイド

カラーボックスの中に入れる収納ボックスには、ニトリのファイルスタンドがおすすめだ。高さの低い方を表にしてカラーボックスにセットすると背表紙が見えやすくなり、お目当ての絵本が探しやすくなりそうだ。

3. DIYでも!カンタン絵本収納

「専用の絵本ラックに収納したいけど、買うのはもったいない」「なかなか理想の絵本収納棚が見つからない」と思っている方もいるだろう。そんな方は、DIYにチャレンジしてみてはいかがだろうか。DIYなら、自分の理想の絵本収納を作ることができる。おすすめのアイデアをいくつか紹介するので、参考にしてみて欲しい。

ダンボールと牛乳パックを使ったDIY

「お金をかけずに専用の絵本収納ラックを作りたい!」という方は、ダンボールと牛乳パックを使ったDIYがおすすめだ。牛乳パックを使って階段のような段を作り、その周りをダンボールで囲い、絵本収納ラックの形を作る。仕上げに布やインテリアシートを貼ると見栄えのいい絵本収納ラックができ上がる。

すのこを使ったDIY

DIY初心者の方におすすめなのが、すのこを使ったDIYだ。すのこの足に絵本をのせ、すのこに取り付けたアイアンバーやひもなどで絵本を固定する形となる。あとは倒れないように、壁に立てかけるなどして設置しよう。

なお、すのこを使った絵本収納の方法はいくつかあり、YouTubeなどでも作り方が紹介されているので、参考にしてみてはいかがだろうか。

有孔ボードを利用したDIY

有孔ボードをうまく利用すると、壁に傷をつけずに壁面に絵本を収納できるようになる。棚を増やしたり位置を変えたりなど、絵本の量や年齢などに合わせた対応が可能だ。またDIYに自信がない方でも、比較的簡単に作れるところも魅力だ。

結論

絵本の収納は、すっきりおしゃれであることを重視するだけではなく、子どもの使いやすさを考慮しながら工夫することが大切だ。今回ご紹介したアイデアを参考に、それぞれの子どもの性格や年齢などに合わせ、最適な絵本の収納方法を見つけてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ