このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おしりふきのふたを替えるメリットは?粘着力低下の対処方法も紹介

おしりふきのふたを替えるメリットは?粘着力低下の対処方法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月30日

赤ちゃんのおむつ交換は1日に何回も必要になる。その中でおむつ交換をスムーズに可能にするグッズの1つが「おしりふきのふた」である。しかし「わざわざ、おしりふきのふたは付け替える必要はある?」「粘着力が弱まってすぐはずれてしまうのでは?」と疑問に思う方もいるだろう。そこで、今回はおしりふきのふたを付け替える必要性と粘着力低下の際の対策方法、おすすめアイテムや手作り方法などについて詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おしりふきのふたを付け替える必要はある?

こちらでは、早速おしりふきのふたを付け替えるメリットについて解説しよう。

乾燥を防止できる

おしりふきに付属しているシール式のふたは、どうしても使用を重ねる内にシールの粘着力が低下してしまい、密封した状態を保つことができなくなることも多い。
そうなると、おしりふきが乾燥してしまい、汚れを十分にふき取ることができなくなってしまう。
一方、おしりふきのふたを利用すれば、使用を繰り返しても密封性を確保することができるため、おしりふきの乾燥を防ぐことができる。

取り出しやすくなる

赤ちゃんのおむつ交換では、片手でおしりふきを取り出さなければならない状況の場合もある。
そんなときには、シール式のふたでは片手でおしりふきを取り出すことは難しいが、おしりふきのふたであれば、片手でも簡単におしりふきを必要な分取り出すことができるのだ。

コンパクトに携帯できる

おしりふき「ケース」もあるが、重みがあったりかさばってしまうため、携帯には不向きである。
しかし、おしりふきのふたではケースも不要であるため、コンパクトに携帯することができる。家庭内の使用だけでなく、外出時にも手軽に携帯することが可能である。

コスパにも優れている

おしりふきのふたは、繰り返して使用することができるため、コスパにも優れた育児アイテムといえる。

いたずらも防止できる

おしりふきのふたによっては、赤ちゃんが簡単にふたを開けられないよう、工夫されているものもある。
そのため、赤ちゃんのいたずらで、おしりふきを出してしまうなどのトラブルを防ぐこともできる。

2. 粘着力の弱まったおしりふきのふたのテープの替え方は?

こちらでは、おしりふきのふたを繰り返し使用している間に粘着力が弱まった場合の対処方法について解説しよう。

粘着シートの場合

ビタットのような粘着シートを採用しているおしりふきのふたの粘着力が弱まってきた場合には、優しく水洗いして汚れを取り除き、十分に乾燥させると粘着力を回復できる。

接着テープの場合

接着テープを採用しているおしりふきのふたの粘着力が弱まってきた場合には、市販の両面テープなどの接着テープを使用するとよいだろう。

3. おしりふきのふたのおすすめアイテムは?

こちらでは、おしりふきのふたのおすすめアイテムをいくつかご紹介しよう。

ビタット

こちらは、日本製の機能性に優れたおしりふきのふたである。
特徴は、高い粘着力を保持することに加え、粘着力が低下した場合も水洗いで簡単に粘着力を回復でき、繰り返し使用できる点にになる。
また、デザインも豊富な中から選ぶことができるのもおすすめポイントだ。

100円ショップの商品

100円ショッでもおしりふきのふたが販売されている。
接着テープで固定するタイプであるが、繰り返して使用することができる。
デザインやカラーも会社によってさまざまなものが販売されているため、おしりふきのふたの使い勝手を確認したい方はぜひ試してみてほしい。

4. 名前入りのおしりふきのふたを手作り!必要な材料と作り方は?

こちらでは、簡単に名前入りのおしりふきのふたを手作りする方法を解説しよう。

必要な材料

  • 文字シール
  • 転写シート
  • 油性ペンなど
デザインは、アルファベットやひらがななど好みに応じて準備してほしい。

作り方

こちらでは、具体的に家庭でも簡単に実践できる方法を2種類ご紹介しよう。

シールを用いる方法

ふたの汚れを取り除いて乾燥させた後に、好みのシールをおしりふきのふたに貼る。

転写シートを使用する方法

転写シートを使用する場合には、好みのデザインの文字をおしりふきのふたに転写させ、油性ペンなど耐水性の高い塗料を用いて色付けする。

結論

今回は、おしりふきのふたについて使用するメリットや粘着力低下の際の対策方法、おすすめアイテムや手作り方法などについて詳しく解説したが、いかがだっただろうか。
おしりふきのふたはおむつ交換を快適にサポートするアイテムであるため、ぜひこちらの内容を参考に選んでいただきたい。
また、おしりふきのふたは、おむつ卒業後も食事やレジャーなどで使用するウェットティッシュにも活躍できる。
耐久性も高く、コスパにも優れたアイテムでもあるため、1つ購入しておくと長く愛用できるだろう。
最近では、保温機能のついた商品も販売されているため、用途に応じて選んでほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ