このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【七五三のお返し】する必要はある?誰に何を贈る?徹底解説

【七五三のお返し】する必要はある?誰に何を贈る?徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月28日

七五三は、親にとって喜ばしいお祝いごとだ。親族や周囲の人からお祝いをもらうこともあるだろう。我が子の成長をともに喜んでくれることをうれしく思う反面、お返しについて頭を悩ますかもしれない。誰にお返しをするのか、予算はどれくらいか、そもそもお返しは必要なのかなど疑問に思うことが出てくるだろう。ここでは、七五三のお返しに関する疑問にお答えする。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 七五三のお返しは必要?

子どもの成長を祝い、感謝する七五三。七五三のお祝いは、地域によっても違いはあるが、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳に行うのが一般的だ。

七五三のお祝いに、親戚などからお祝い金や贈り物をもらうこともあるだろう。このとき「お返しを贈った方がいいの?」と迷ったことがある方は多いのではないだろうか。

正式には、七五三のお祝いをいただいた際は、お返しは必要ないとされている。しかし最近は七五三に限らず、「内祝い」をお返しとして贈るという考えが浸透してきている。そのため、七五三にお祝いをいただいた場合は、お返しではなく「内祝い」として贈るとスマートだ。

「内祝い」とは本来、出産や入学など身内で嬉しいできごとがあったときに、普段お世話になっている方や、親しい方々と分かちあうために贈り物を配る習慣だ。

そのため「内祝い」は、お祝いをいただいていない方にも贈るものなのだが、「お祝いをもらったお返し」という意味合いが強くなっていることを覚えておくとよいだろう。

2. 七五三のお返しは両親や親戚にもすべき?

では両親や親戚にお返しとして内祝いを贈る必要はあるのだろうか。両親や親戚に七五三のお返しを贈る場合は、お互いの関係性によって必要性やふさわしいお返しが変化する。

お返しを贈ることで、「他人行儀だ」と思われる恐れがある一方で、「お返しがないなんて礼儀知らずだ」と思われることもあるかもしれない。また地域独特の慣習がある場合もあるため、事前に確認しておくと安心だ。

通常、七五三のお返しを贈るときの相場は、いただいた金額の半額程度とされている。しかし高額のお祝いをいただいた場合は、相場にこだわらず、あまり大げさにならないお返しを選ぶとよい。

とくに、両親や近い関係の親戚にお返しを贈る場合は、相場などにこだわらず、日頃の感謝の気持ちが伝わるものを贈るとよいだろう。品物にこだわらず、七五三のお祝いの席に招待するのもよい方法だ。

それほど関係の深くない親戚の場合は、友人などに贈るお返しと同じように考えるとよいだろう。

3. 七五三のお返しは何を贈るべき?

では七五三のお返しには、具体的にどのようなものを贈るとよいのだろうか。

七五三の内祝いは、本来千歳飴やお赤飯を配るというしきたりがある。現在もお返しとしてお菓子やお赤飯は人気だが、必ずしもそのしきたりにこだわる必要はなく、日用品やほかの食べ物などをお返しとして選んでもよい。

親族や両親に喜ばれるお返し

七五三のお返しを親しい親戚や両親に贈る場合は、感謝の気持ちが伝わるものや、子どもの成長を実感できるものが喜ばれる。お返しの品に子どもからのメッセージカードを添える、七五三のときの写真を添えるのがおすすめだ。また祖父母や両親には、「長生きしてね」という気持ちを込めて、あったかグッズや入浴剤など、健康を気遣ったお返しを選ぶと日頃の感謝の気持ちが伝わるだろう。

お返しに選ばないほうがよいもの

お返しとして手軽に選んでしまいがちな品物のなかには、あまり縁起がよくないとされているものもあるので気をつけてほしい。たとえば、お茶は香典返しによく選ばれる品物なので、葬儀を連想させるためお祝いごとのお返しには不向きだといわれている。ハンカチは、漢字で「手巾」と書くが、これが「てぎれ」とも読め、縁を切るという意味合いになるため、あまりよくない。さらに、目上の方へのお返しには、靴下やスリッパなど足で踏みつけるものは失礼だとされている。

結論

七五三のお返しは本来必要のないものだが、日頃の感謝の気持ちを込めて内祝いとして贈るとよい。地域の慣習などによってもお返しの内容や必要性は異なるが、あまり慣習に囚われすぎず、相手の顔を思い浮かべながらそれぞれの好みにあったお返しを選ぼう。なにより、相手を思う気持ちを伝えて贈ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >