このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
こいのぼり工作は手軽で簡単!子どもにも作れるアイデアを紹介

こいのぼり工作は手軽で簡単!子どもにも作れるアイデアを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月26日

5月5日のこどもの日といえば、こいのぼりがつきものだ。しかし住宅の事情などでこいのぼりを飾ることができないという方もいるのではないだろうか。その場合、室内用のこいのぼりを飾るという方も多いが、こいのぼりを工作するのもおすすめだ。そこで今回は、こいのぼりの簡単な工作アイディアを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. こいのぼりは工作で簡単に作れる?

工作のこいのぼりはネット上にさまざまな作り方が紹介されており、その内容は小さな子どもでも挑戦できる簡単なものから、上級者向けの本格的なものまで幅広い。年齢や能力に合わせた工作を選び、こいのぼりを作ることができるだろう。

また工作のこいのぼりは、大きさや形を自由に作ることができるので、部屋のインテリアにマッチするものや、子どもの好みに合わせたものに仕上げることも可能だ。親子で一緒に工作することで、親子のコミュニケーションのきっかけにもなるだろう。自宅にこいのぼりがある方もない方も、こいのぼりの工作を楽しんでみてほしい。

2. こいのぼりを工作する材料はどこで揃える?

こいのぼりの工作の材料は、画用紙や紙コップ、おりがみ、布、糸などがメインで、手軽に購入できるものがほとんど。100均やホームセンターに行くと、これらの材料がお手頃な価格で揃っていることが多いのでおすすめだ。

またこいのぼりの工作は、手軽に作れるキットが販売されていることも。工作キットを使用すると、工作が苦手な方でも簡単に本格的なこいのぼりを作ることができるのでおすすめだ。こどもの日が近づくと店頭に並ぶので、チェックしてみてほしい。

3. 幼児におすすめのこいのぼりの工作とは

まずは、幼児にも簡単に作れるこいのぼりの工作を紹介しよう。幼児の場合、身近にあるトイレットペーパーの芯や紙コップ、牛乳パックなどを使った工作が人気だ。

紙コップのこいのぼり

紙コップをこいのぼりの形に見立てたものだ。うろこはマジックなどで描いてもよいし、折り紙をちぎって貼ってもよい。目玉は丸いシールを貼るのもおすすめだ。紙コップの口の部分を貫くように割り箸をさせば、ポールになる。厳密な作り方が決まっておらず、子どもの個性を生かせるので、まだ手先のおぼつかない2歳くらいの子どもでも十分に工作を楽しむことができそうだ。

かさ袋のこいのぼり

濡れたかさを入れるビニール袋に空気を入れて縛り、折り紙を切って作ったうろこをテープで貼りつけたこいのぼり。飾るだけではなく紙飛行機のように飛ばして遊べるところもおすすめの工作だ。

ジップロックのこいのぼり

ジップロックの中にフラワーペーパーを詰め、画用紙で作ったしっぽと目玉をつけるだけという、いたって簡単な工作だ。子どもの作業はフラワーペーパーをちぎってジップロックに入れるだけなので、1歳くらいの子どもでも工作を楽しむことができそうだ。割り箸のポールをつけると、さらにこいのぼりらしさが増す。

卓上こいのぼり

紙粘土に割り箸を立ててポールにし、画用紙で作ったこいのぼりをくっつけると卓上こいのぼりができあがる。紙粘土を丸める、こいのぼりの形に画用紙を切る、うろこや目玉などをつけるなど製作の過程が細かくハサミも使うため、製作活動に慣れてきた幼児向けの工作だ。

4. 小学生におすすめのこいのぼりの工作とは

次に小学生におすすめのこいのぼり工作を紹介しよう。少し難易度が上がるため、作り方がわかりにくいところもあるだろう。その場合はYouTubeなどに載っている作り方の動画を参考にしてみてほしい。

ステンドグラスみたいなこいのぼり

黒い画用紙をこいのぼりの形に切り、うろこをカッターで切り抜き、色セロファンを裏から貼る。窓に貼るとまるでこいのぼりが空を泳いでいるように見える。大小さまざまなこいのぼりを作って楽しんでみてはいかがだろうか。

こいのぼりのガーランド

こいのぼりをガーランド風に仕上げた工作もおすすめだ。タコ糸などに折り紙や画用紙で作った小さなこいのぼりを取りつける。タコ糸の先には風車に見立てたペーパーファンとリボンの吹き流しをつけると、一層雰囲気が出る。こいのぼりと一緒に兜なども組み合わせて飾るのもおすすめだ。

こいのぼりのモビール

天井から吊り下げられるモビールは、おしゃれに見える。白い画用紙を雲の形に切り抜き、そこから糸を垂らしてこいのぼりを取りつける。

こいのぼりは色画用紙を切り抜き、うろこにはシールやパターンペーパーを使うなど工夫すると、よりおしゃれ感が増しそうだ。

こいのぼりのマスコット

裁縫を覚えた小学生は、こいのぼりのマスコットの工作にチャレンジしてみてはいかがだろうか。こいのぼりは形が単純なので、比較的簡単にできるだろう。布をこいのぼりの形に2枚重ねて切ったら、中表に縫ってひっくり返し、綿を詰めて閉じたら完成だ。フェルトで作るともう少し簡単にできるだろう。目やうろこは接着剤で貼りつけるとよい。

結論

こいのぼりは形が単純なので、工夫次第でさまざまな工作を作ることが可能だ。飾り方や材料を工夫することで、おしゃれに見せることもできる。簡単なところを子どもが担当し、難しいところを親が担当するなど親子で協力して作り上げるのもおすすめだ。ぜひ親子でアイディアを出し合って、こいのぼりの工作を楽しんでみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >