このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレトレーニングに絵本が役立つ!おすすめや人気のしかけ絵本紹介

トイレトレーニングに絵本が役立つ!おすすめや人気のしかけ絵本紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月19日

トイレトレーニングに苦戦するお父さんお母さんは多いだろうが、トイレトレーニングを始めるきっかけ作りやスムーズに進行させるために絵本が役に立つことをご存知だろうか。そこで今回は、トイレトレーニングに絵本が役立つ理由やどんな種類の絵本があるのか、紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トイレトレーニングに絵本が役立つワケとは

トイレへの興味や意欲がわく

トイレや、おしっこ、うんちについて子どもに興味を持ってもらうために、トイレトレーニング向けの絵本は最適だ。さらに、トイレトレーニング向けの絵本は、登場人物が、おしっこやうんちをトイレで気持ちよさそうにするようなものが多く、子どもに「自分もやってみたい」と意欲をわかせる。

トイレのイメージトレーニングができる

トイレでどのようなことをするのか、口で説明するより、絵本の絵を見る方が、子どもはダイレクトに理解できる。さらに、トイレでの一連の流れを絵で見て理解することで、スムーズにトイレトレーニングを進めることができる。

2. 絵本を取り入れたトイレトレーニングの方法

トイレトレーニングのように、子どもが何かに挑戦するときは、大人が無理強いするのではなく、子ども自身がやる気を持つことが大切だ。ここでは、子どもがトイレトレーニングをしたいと思えるようなおすすめの絵本を紹介しよう。

ひかりのくに ゆっくとすっくトイレでちっち

ゆっくとすっくのお友達のトイレはとても素敵で、それを見たゆっくとすっくは、さっそく家に帰ってトイレでちっちーに挑戦する。トイレは怖くなくて楽しいところだということがわかり、トイレのやり方というよりは、トイレでちっちをやってみたいと意欲をかきたてる絵本だ。

偕成社 ノンタンおしっこしーしー

お父さんお母さんが子どもの頃から人気のノンタンシリーズ。赤ちゃんぶたさんはおむつだけど、たぬきさんやくまさん、うさぎさんはトイレやおまるで、とステップアップしていく。「しーしー」というリズムカルな言葉が楽しくて、ノンタンのように失敗しても大丈夫と思わせてくれる絵本だ。

偕成社 あけて・あけてえほん トイレ

子どもに大人気の「あけてあけてえほん」シリーズの絵本だ。トイレに行って流すまでの一連の動作が描かれていて、「といれさん」「はーい」「ぱかっ」という掛け合いなど、子どもが楽しく読み進めていける内容になっている。

3. トイレトレーニング成功のためにおすすめの絵本

トイレトレーニングを進めていくうちに、いろいろな悩みも出てくることだろう。そんなときに、悩みを解決してくれるような、トイレトレーニングに役立つ絵本を紹介しよう。

アリス館「ぷくちゃんのすてきなぱんつ」

子どもがトイレを失敗してトイレトレーニングに行き詰まったときに読み聞かせてほしい絵本だ。何度もトイレを失敗してしまう主人公のぷくちゃんに「だいじょうぶ、ぱんつたくさんあるよ」と優しく対応するお母さん。トイレは失敗してもいいと子どもに伝わるし、読み聞かせる大人も、ゆったりした気持ちでトイレトレーニングができるようになる。

ミキハウス「トイレですっきり こぐまのくうぴい」

厚紙で子どもの手にも持ちやすいサイズの絵本なので、子どもが一人でめくって読みやすい。こぐまのくうぴいが、上手にトイレができるようにトイレくんやお母さんなどみんなで応援する内容になっており、子どもが「自分も頑張ろう」と思える絵本だ。

講談社「うんちでるかな?」

トイレトレーニングで、おしっこはできるようになってもうんちが難しい子も多い。この絵本は、いろいろな動物たちのうんちを教えてくれて、最後に子どもが補助便座をつけたトイレで頑張ってかわうんちをするシーンがある。自然にうんちの知識ややり方がわかるので、うんちトレーニングにおすすめだ。

4. しかけ絵本もトイレトレーニングに人気

ミキハウス「トイレできるかな?」

絵本にスイッチが付いていて、押すとトイレをする音や流す音、子どもに人気の歌のメロディが流れる。メロディはおにのパンツ、ピクニック、ミッキーマウス・マーチ、せんろはつづくよどこまでもの4曲あって、メロディが流れている間にトイレをするなど、トイレの習慣づけに役立つ。

偕成社「ひとりでうんちできるかな」

動物たちがいろいろなうんちをするところや、主人公のゆうちゃんがトイレでうんちをして水を流し、手を洗うまでの一連の流れを楽しいしかけとともに描かれている絵本だ。小型のボードブックバージョンもあって、破けにくく持ち運びに便利だ。

ポプラ社「おむつはずしができる!できたよトイレ!」

めくると楽しいしかけがあり、レバーを引いたときの「ジャーッ」と水が流れる音や、「よくできたね!」の褒め言葉で、子どもにトイレトレーニングのやる気をアップさせる。トイレに行くたびにシールを貼れるようにポスターとシールがついている仕組みも嬉しい。

結論

トイレトレーニングを成功させるために役立つ、おすすめの絵本を紹介した。トイレトレーニングが上手くいかずに悩んでしまうこともあるが、絵本を取り入れることで、スムーズにトイレトレーニングを進めていけるだろう。この記事を参考にして、親子で楽しくトイレトレーニングにチャレンジしてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ