このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おしりふきケースを使うメリットは?選び方と手作り方法も紹介

おしりふきケースを使うメリットは?選び方と手作り方法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月 6日

育児の中で「おしりふきケースが便利」という情報を目にしたことのある方もいるだろう。しかし「おしりふきケースは本当に必要?」「そのままで十分では?」と思うこともあるはずだ。そこで、今回はおしりふきケースを使用するメリットやおすすめ商品、手作り方法について詳しくご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おしりふきケースを使うメリットとは

こちらでは、おしりふきケースを使うメリットからご紹介しよう。

おしりふきの乾燥を防止できる

おしりふきは、使用する度に付属するシール式のふたを開閉するため、徐々に粘着力が低下して密封性が保持できなくなる場合もある。
そんな状況では、水分が蒸発してしまうことでおしりふきが乾燥してしまい、汚れを十分にふき取ることが難しくなってしまう。
しかし、おしりふきケースでは、プラスチック製のふたが備えられているため、使用を繰り返しても密封性を確保することができるため、おしりふきの乾燥を防ぐことができる。

おしりふきの取り出しが簡単

おしりふきケースによっては、ワンタッチで開閉することができるものもある。
そのため、おしりふきが必要な場合に素早く必要な量を片手でも取り出すことが可能になる。

外出の際も便利

携帯型のおしりふきケースもあるため、おむつ交換セットと一緒に準備しておくと外出先でも必要なときに素早く取り出すことができて便利である。

2. おしりふきケースの種類と選び方

こちらでは、おしりふきケースの種類と選び方について解説しよう。

防水性のある素材を選ぶ

おしりふきケースは、デザイン性に優れたものもたくさん販売されている。
しかし、中には防水機能が備えられていない素材を使用したものがある。
その場合には、おしりふきの水分が素材に染み込んでしまったり、密封性が確保されずにおしりふきが乾燥してしまうことも。
そのため、おしりふきケースを選ぶときには、防水性のある素材かどうかもよく確認することをおすすめしたい。

割れにくい素材で安定感の高いものを選ぶ

家庭で使用するおしりふきケースの場合は、おしりふきの入れ換えやおむつ交換などの際に誤って床に落としてしまう場合もある。
その度に壊れてしまうと危険であることに加え、買い替えが必要になってしまうため、家庭で使用するおしりふきケースは割れにくい素材であり、安定感の高いデザインのものを選んでいただきたい。

ワンタッチ式のものを選ぶ

おむつ交換のときには、片手でおしりふきを取り出さなければならない場合もある。
そんな場合でも素早くおしりふきを取り出すことができるのが、ワンタッチ式で開閉できるおしりふきケースになる。
実用的なおしりふきケースを選びたい方は、ぜひふたの開閉方法についても確認してほしい。

3. おすすめのおしりふきケースを紹介

こちらでは、おすすめのおしりふきケースを紹介しよう。

OXO Tot おしりふきシートケース

こちらの製品は、割れにくい素材と、ワンタッチで開けることが可能なふたを採用している。
また、おしりふきを1枚ずつ出せるよう、おしりふきに重りを乗せる工夫が施されているため、出し過ぎてしまう心配もない。
更に、残量を確認することのできる小窓も備えられており、家庭で使用する場合にはとても実用性の高いおしりふきケースである。

SKIP HOP おしり拭きケース

こちらは、携帯に便利なタイプのおしりふきケースである。
防水性が高く、密封性の高いふたが採用されていることに加えて、本体も半透明であるため残量の確認もしやすい。
大きめのサイズであるため、大判のおしりふきも入れることができる。
ストラップも備えられているため、鞄やベビーカーに取り付けて使用することも可能であり、外出時に実用性の高いおしりふきケースである。

100円ショップで買えるタイプ

100円ショップでもおしりふきケースとして使用できる製品が販売されている。
商品名は「ウェットシートケース」とあるが、赤ちゃん用のおしりふきを収納できるサイズである。
ふたは別売りとなっているが、防水性の高い素材が採用され、ファスナーも備えられているためおしりふきの入れ替えも簡単にできる。

4. 手作りおしりふきケースに必要な材料と作り方

おしりふきケースは自分で手作りすることもできる。
こちらでは、手作りおしりふきケースに必要な材料と作り方を簡単にご紹介しよう。

材料

  • 接着剤 1つ
  • ウエットティッシュ用のふた 1つ
  • おしりふきの入る大きさの防水素材のポーチ 1つ

作り方

  • ポーチの表面に、おしりふきの取り出し口ぴったりの大きさに切り取るための印をつける。
  • 印に沿ってハサミを使ってポーチを切り取る。
  • ポーチを切り取った部分にぴったりと合うように接着剤を用いてふたを固定する。

結論

今回は、おしりふきケースを使用するメリットやおすすめ商品、手作り方法について詳しく解説したがいかがだっただろうか。おしりふきケースの購入に迷っている方は、ぜひメリットを再確認していただきたい。また、おしりふきケースは、おむつ卒業後はウエットティッシュ収納としても使用できるため、食事などの際にも長く活用できるだろう。快適に赤ちゃんのお世話をしていくためにも、ぜひそれぞれの用途に応じた製品を選んでいただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ