このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おんぶのメリットとデメリットを解説!おんぶの仕方と注意点も紹介

おんぶのメリットとデメリットを解説!おんぶの仕方と注意点も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月23日

育児をする中でおんぶをしてみたいけれど、特に初めての育児のときは「実際おんぶはどうやったらいいの?」「メリットや注意点は?」と疑問を抱く方もいるだろう。そこで、今回はおんぶのメリットとデメリット、おんぶの仕方や注意点についてご紹介しよう。おんぶに挑戦してみたいという方は、ぜひこちらの内容を参考にしていただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おんぶのメリットとは

こちらでは、早速おんぶのメリットについてご紹介しよう。

赤ちゃんの成長に好影響

赤ちゃんをおんぶすると視野は、抱っこするときよりも高くなることに加えて、広くなる。
そのため、赤ちゃんはおんぶする人が何をしているのか、どのような環境にいるのかについてよく観察できるようになる。
それゆえ、赤ちゃんはさまざなま刺激を受けることができるため、赤ちゃんの好奇心をはぐくむことにも好影響を与えることができる。

スキンシップを深められる

おんぶは、赤ちゃんとおんぶする人が抱っこのときよりも密着した状態となる。
そのため、赤ちゃんは抱っこする人の温もりや心音を直に感じ取ることができ、安心感を得ることができる。

おんぶする人の両手が自由になる

おんぶは、赤ちゃんが背中側にくるため、おんぶする人の両手が自由になり、視界も妨げられない。
そのため、赤ちゃんをおんぶしていても家事や育児などをすることができるようになる。
また、調理など危険なことも赤ちゃんの手が出てくることを心配せずに安全に行なうことができる。

赤ちゃんの落下リスクを低下させられる

赤ちゃんを正しい方法でおんぶする場合には、抱っこよりも赤ちゃんの落下リスクを低減させることができる。

2. おんぶのデメリットとは

赤ちゃんの様子をみることができない

赤ちゃんをおんぶすると赤ちゃんは背中にいるため、赤ちゃんの様子をみることができなくなる。
そのため、鏡などを利用して様子を観察する必要がある。

赤ちゃんの体をぶつける危険性がある

赤ちゃんをおんぶ紐などでおんぶしても、赤ちゃんが何かに興味を持って手足を伸ばすと手足は大人の身幅よりも出てしまう場合もある。
そのため、大人がそれに気付かずに移動してしまうと戸や家具、ものなどにぶつかってしまう危険性があるため注意が必要だ。

大人の体の負担になる

子どもをおんぶすると子どもの体重が肩・背中・腰に負担になることで、肩こりや腰痛などを引き起してしまうこともある。

3. おんぶの仕方と注意点

こちらでは、おんぶの仕方と注意点について解説しよう。

素手での正しいおんぶ方法

こちらでは、素手での正しいおんぶ方法を1つご紹介しよう。
  • 赤ちゃんを密着させて抱っこする
  • 赤ちゃんを自分の身体に密着させたまま、片腕の脇を通して背中側に移動させる
  • 少し前傾姿勢になり、赤ちゃんのお尻が腰よりも少し高い位置になるように整える
  • 肩甲骨を付けるように両手を寄せて赤ちゃんのお尻辺りをもつ

注意点

赤ちゃんの首が座る前だと首が動いてしまい危険であるため、おんぶはしっかりと赤ちゃんの首が座ってからにしてほしい。
また、赤ちゃんを素手でだっこするときには、慣れない間は他の人に赤ちゃんを背中にのせてもらうようにし、安全におんぶできるように配慮していただきたい。
抱っこ紐を用いて抱っこする際には、赤ちゃんがおんぶ紐のすき間から滑り落ちないように、使用方法を遵守しておんぶしてほしい。
一方で、赤ちゃんが滑り落ちることを心配して、紐などを強くしめすぎることで、赤ちゃんの足や腕を締め付けすぎることのないように注意が必要だ。
さらにおんぶは大人にとって都合の良い場合もあるが、長時間のおんぶは赤ちゃんの負担になるため、長くても2時間程度を目安にしてほしい。

結論

今回は、おんぶのメリットとデメリット、おんぶの仕方や注意点について解説したがいかがだっただろうか。
おんぶは、スキンシップを深めることもできるため赤ちゃんも大人も愛情を深めることにも役立つだろう。
さらに、だっこでは危険な作業もおんぶでは安全に実践できる場合もあるため、だっことおんぶを上手に使い分け、おんぶする方の身体の負担も最小限になるように工夫していただきたい。
素手の場合でもおんぶ紐を使用する場合でも十分に安全に配慮した方法で実践してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >