このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
七五三を3歳で行うのは女の子?男の子?七五三の由来は?

七五三を3歳で行うのは女の子?男の子?七五三の由来は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月19日

子どもの成長を祝う儀式である七五三。初めて七五三を行うお父さんお母さんの中には、「どんな着物を着せるといいの?」「どんなことをすればいいの?」などわからないことも多いのではないだろうか。そこで今回は、3歳の七五三の由来や衣装など、3歳の七五三に関する疑問にお答えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 3歳の七五三の由来や意味とは

まずは七五三の由来や意味を確認しておこう。

七五三の歴史

七五三とは子どもの成長に感謝し、安全を願って神社にお参りをする行事だ。

では七五三はいつから始まった風習なのだろうか。これには諸説あるが、もともとは平安時代から室町時代の公家の慣習であった子どもの成長の儀式、3歳の「髪置き」、5歳の「袴着」、7歳の「帯解き」が始まりだといわれている。これらの儀式は江戸時代に武家の間でも行われ、それが庶民の間でも広まり、徐々に現在のような形となったという説が有力だ。

なぜ3歳、5歳、7歳なのかについては、中国から伝わった暦から、奇数は縁起のよいものだと考え、奇数である3歳、7歳、5歳でお祝いをするようになったという説もある。

現在のように医療が発達していなかった頃は、子どもが無事に成長し大人になることは今以上に特別なことだったようだ。小さなうちに亡くなることも多かったため、子どもに初めて戸籍が与えられるのが3歳くらいからという時代もあったそう。このような背景もあり、七五三の風習が生まれたのかもしれない。

七五三は3歳、5歳、7歳で行うということは誰もが知っているだろう。しかし男の子と女の子では祝う年齢が異なり、地域によっても違いがあることも。一般的には男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に行うが、心配な方は周囲の方に確認しておくと安心だ。

髪置きの由来は?

では3歳の七五三の儀式「髪置き」にはどのような由来があるのだろうか。これは平安時代には男女ともに赤ちゃんの髪の毛を剃る風習があり、剃った髪の毛を伸ばし始めるのが3歳だったことからきている。

髪の毛を剃っていた理由には、「病気の予防のため」「健康な髪の毛が生えてくるよう願いを込めて」という説が有力だ。

髪を伸ばすということは3歳まで無事に成長できたことを示す証。そのため3歳の七五三で行う「髪置き」の儀式では、頭に白髪を模した綿白髪をのせる。この儀式により子どもの無事の成長を祝うとともに、長寿を祈願したのだ。

2. 3歳の七五三で『被布』を着る理由とは

七五三は女の子の場合年齢によって着る衣装が異なる。では3歳の七五三ではどのような衣装を着るとよいのだろうか。

男の子は3歳の七五三も5歳の七五三も、羽織袴を着ることが多い。しかし正式には袴を着るのは5歳なので、3歳の七五三は、ベストにズボンなどよそゆきの洋装でもいいだろう。一方女の子は3歳の七五三で、被布というベストのようなものを着物の上に着せるのが一般的だ。

この被布は3歳の七五三でのみ着せるものだ。女の子の七五三は7歳の儀式が「帯解き」とよばれているもので、7歳で初めて大人と同じ帯をするという意味合いがある。そのため3歳ではまだ大人と同じかたい帯をつける必要はなく、そのかわりに被布を着物の上に着るのだ。

被布の中には着物を着るが、帯を使用せず腰紐のみで着付けをするか、帯を締める場合は柔らかい兵児帯を使用する。なお地域によっては男の子にも被布を着せる場合があるので、事前に確認しておこう。

被布は、3歳の七五三以外に着る機会はほとんどないだろう。子どもらしいかわいさが引き立つ被布姿をぜひ満喫してほしい。

3. 3歳の七五三は男の子も祝うべきか

男の子の七五三のお祝いは、5歳だけだと思っている方もいるのではないだろうか。これは地域によって異なり、主に関西地方では3歳と5歳で七五三のお祝いを行うが、関東地方では5歳のみ七五三のお祝いを行うという地域も多いようだ。

ただ最近では、関東地方でも3歳の七五三を行うという方が増えている。地域の風習にあまりこだわらないという方は、お家の考え方などに合わせ臨機応変に行うといいだろう。七五三の前に、お近くの神社など七五三の風習に詳しい方に確認してみるのもおすすめだ。

結論

子どもの晴れ着姿は、親にとって喜ばしいものだ。3歳の七五三は誕生日などとは違い、人生のなかで1度しかできないお祝いなので、思い出に残る1日にしてほしい。なおお祝いをする際、七五三の由来などを詳しく知っておくと、一層子どもの成長を嬉しく感じるのではないだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >