このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんが乗っていますマークの意味は?おすすめや手作り方法も解説

赤ちゃんが乗っていますマークの意味は?おすすめや手作り方法も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月 1日

赤ちゃんが乗っていますマークをご存知だろうか。赤ちゃんが乗っている車には絶対に付けなければならないということはないが、安全に車を運転するためのセーフティグッズとして取り付けておくとよい。そこで今回は、このマークの意味や、おすすめの商品、手作りの仕方など詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんが乗っていますマークは何のため?

安全運転のため

赤ちゃんが乗っていますマークは、アメリカのベビー用品メーカーであるSafety 1st社が、1984年に「BABY ON BOARD!」マークとして発売したのが、世界で初めてだ。当時は、赤ちゃんが犠牲になる交通事故が多かったことから、赤ちゃんが乗っていますマークは、周囲のドライバーに注意を促して、子どもの安全についての意識を高めることを目的に作られた。

後続車に配慮するため

赤ちゃんを車に乗せていると、普段より慎重になったり、赤ちゃんがぐずって急に道路脇に停車することになったりして、後続車に迷惑をかけてしまうこともある。赤ちゃんが乗っていますマークを付けていると、車に赤ちゃんが乗っていることを知らせることができるので、ややゆっくりとした走行や、脇に停車する場面があったとしても、後続車に納得してもらえるだろう。

2. 赤ちゃんが乗っていますマークはどう選ぶ?

赤ちゃんが乗っていますマークの選び方

  • 色で選ぶ
赤ちゃんが乗っていますマークを選ぶときは、色が重要だ。というのも、赤ちゃんが乗っていますマークの色が車体の色に近い色だと目立たないためだ。また、色彩センス的に車体に全然似合わない色もおすすめできない。
  • 種類で選ぶ
赤ちゃんが乗っていますマークは、取り付け方や取り付ける場所によって、シールタイプ、マグネットタイプ、吸盤タイプがある。シールタイプとマグネットタイプは車の外側、特にトランクの扉に取り付けることが多い。吸盤タイプは、リアウインドウの内側から取り付ける。マグネットタイプと吸盤タイプは、簡単に取り外しできるので、大人だけで車に乗る機会もよくある方におすすめだ。
  • デザインで選ぶ
赤ちゃんが乗っていますマークには、さまざまなデザインがあって、シンプルなものから人気のキャラクターのものまである。車のインテリアを楽しむ感覚で、お気に入りデザインの赤ちゃんが乗っていますマークを選ぶのもいい。

赤ちゃんが乗っていますマークの購入先

赤ちゃんが乗っていますマークは、車に関する商品だが、カー用品店以外にも、アカチャンホンポやトイザらス、西松屋などでも購入できる。インターネットショッピングでも多くの種類があり、いろいろ探してみて、お気に入りを見つけるとよいだろう。

3. 赤ちゃんが乗っていますマークで人気の商品

ナポレックス SF-1 セーフティサイン

最もよく見かける赤ちゃんが乗っていますマークで、定番の商品だ。英語バージョンの「BABY IN CAR」も人気だ。吸盤で内側に取り付けるタイプで、風や雨にさらされることもないので長持ちする。2017年に、日刊自動車新聞用品大賞ロングセラー賞を受賞している商品でもある。

Sassyベビーオンボードステッカー

世界中で人気があるトイブランド、サッシーのキャラクターがデザインされた、赤ちゃんが乗っていますマークのステッカーだ。外側に貼るタイプなので、かわいいキャラクターがはっきり見えるのが嬉しい。接着剤不使用なので接着剤の跡が残らないし、繰り返して何度でも貼り直すことができる。

スヌーピー マグネットセーフティサイン(ハウス)

お母さん世代にも人気のキャラクター、スヌーピーの赤ちゃんが乗っていますマークのステッカーだ。簡単に外側に貼ることができるマグネットタイプになっているので、気軽に取ったり外したりできる。

シンセーインターナショナル I'm DORAEMON カーセーフティサイン

国民的人気キャラクター、ドラえもんの赤ちゃんが乗っていますマークのステッカー。車内に取り付ける吸盤タイプになっていて、ドラえもんがリヤウインドウから覗いているようなデザインが微笑ましい。

4. 赤ちゃんが乗っていますマークを簡単に作る方法

ステッカー作りに必要なもの

赤ちゃんが乗っていますマークは、ステッカー用の用紙と、パソコン、プリンタがあれば、誰でも手作りできる。ステッカー用用紙には、耐水性を考えて、保護シートが付いているものがおすすめだ。さらに、保護シートにスリットが入っていると、剥がしやすく貼りやすいので失敗が少ない。

ステッカー作りのコツ

赤ちゃんが乗っていますマークを手作りすると、文字の大きさやデザインなど、自分好みに仕上げることができる。一からデザインする自信がない方は、無料のデザイン素材やテンプレートを使用するとよいだろう。ステッカーは、ただの四角形ではなく好きな形にカットすることで、より個性が出る。

結論

赤ちゃんが乗っていますマークについて、マークの意味や、選び方や作り方のコツなどまとめた。この記事を参考にして、お気に入りの赤ちゃんが乗っていますマークを見つけたり作ったりして、赤ちゃんとのカーライフを安全に楽しんでほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ