このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
小学生向けの知育玩具の種類と選び方を解説!手作り方法も紹介

小学生向けの知育玩具の種類と選び方を解説!手作り方法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月28日

小学生向けの知育玩具を準備したいと思っても「どのようなものが人気?」「何を準備すればよい?」などと選び方に悩む方もいるだろう。そこで今回は、小学生向けの知育玩具の種類や低学年・高学年向けの知育玩具、知育玩具の手作り方法について詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 遊びながら勉強⁉小学生向けの知育玩具とは

楽しく遊びながら学びを深めることのできる知育玩具は、低年齢の子どもだけではなく、小学生にも人気が高い。
そこでこちらでは、小学生向けの知育玩具の種類をご紹介しよう。

パズル

パズル遊びは、年齢を問わず人気の高い知育玩具である。
小学生向けの難易度のパズルでは、指先の鍛錬だけでなく、想像力や記憶力を高めることができる。
子どもの興味関心や年齢に応じて、立体パズルなどにも取り組んでみるのもおすすめだ。

ブロック

ブロック遊びは、創造力や空間認識能力を養うことができる。
創造力を高めたいという場合や立体の展開図などの分野が苦手という小学生におすすめの知育玩具である。

ボードゲームやカードゲーム

ボードゲームやカードゲームは、遊びを通して協調性やコミュニケーション力を養うことのできる知育玩具である。
ゲーム遊びを通して、勝つために相手の様子を推察したり、空気を読む力を磨くこともできるといわれている。

プログラミング

小学生からプログラミングに親しむことは、論理的思考や問題解決能力を高めることができるといわれている。
その理由としては、プログラミングを組むためには「ここが変われば、この結果に至る」などと論理的に解決策を考え、具体的な指示を与えていく必要があるためである。

2. 小学生の低学年向けの知育玩具をご紹介

こちらでは、小学校低学年の子ども向けの知育玩具をご紹介しよう。

ラーニング リソーシズ ロボットマウス アクティビティセット

小学生の低学年から、プログラミングを親しんでほしいと考える方もいるだろう。
そんなときに役立つのが、こちらの知育玩具である。
低学年の小学生でもプログラミングの基礎となる考え方を身に着けることができる。具体的には、ロボットマウスに子ども自身が作成した迷路をゴールするためのコーディングカードを並べてプログラミングし、動かして遊ぶ。
ロボットマウスが動くだけでなく、音やLEDライトの演出も施されているため、低学年の小学生でも飽きずに楽しく遊ぶことができるおすすめの知育玩具である。

3. 小学生の高学年向けの知育玩具をご紹介

こちらでは、小学校高学年の子ども向けの知育玩具をご紹介しよう。

学研 電子ブロック EX-150

こちらは、ブロック感覚で簡単に電子回路を組み立てながら150種類もの電気実験を小学生自身で実践できる知育玩具である。
特徴は、はんだ付けなどの難しい作業をしなくても簡単に電子回路を組み立て、電気についての仕組みを学ぶことができる点になる。
理科の授業を通して科学に強い関心をもつ小学生におすすめの知育玩具である。

4. 小学生が楽しみながら学べる知育玩具を作ろう

こちらでは、家庭でも簡単に作ることができて小学生が楽しみながら学ぶことのできる知育玩具の作り方をご紹介しよう。

ペットボトルのかおボトル

  • 材料
  • 清潔な空のペットボトル 1本
  • 装飾用のビニールテープ 適量
  • 必要な道具
  • はさみ
  • きり(安全のため大人が使用する)
  • 作り方
  • 清潔なペットボトルに好きなかおや表情の装飾をビニールテープで付ける
  • 水を出したい位置に印を付けて、大人がきりで穴をあける
  • 風呂場や暑い日の屋外などでペットボトルを押したりふたを開けて水を出して遊ぶ
ペットボトルの穴を開ける位置を変えて水の出方の違いを観察したり、ふたを開けたり閉めたりすることがなぜ水の出方に影響を与えるのかなどについて話し合ってみても楽しめるだろう。
知育玩具の仕組みを大人と一緒に考えたり、調べたりすることもよい学びにつながるため、ぜひ小学生ならではの疑問を聞き流さないようにしてほしい。
知育玩具の製作は、夏休みなどの長期休暇の宿題にも最適である。
また、小学生だけでも知育玩具を作ってみたいという場合には、学年や年齢別に分けられた工作キットを使用してみるのもよいだろう。

結論

今回は、小学生向けの知育玩具の種類や低学年・高学年向けの知育玩具、知育玩具の手作り方法について詳しく解説したがいかがだっただろうか。
小学生向けの知育玩具は、実にさまざまな種類が販売されている。
大人が学びを深めて欲しい分野を強制したり、子どものレベル以上の知育玩具を選ぶと逆に苦手意識が強まってしまうこともある。
そのため、知育玩具を選ぶ際には子どもの性格や好みを考慮したり、苦手意識を克服できるように相談しながら、最適な知育玩具を選んでいただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ