このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんの指しゃぶりはよくないの?指しゃぶりの意味や対処法を紹介

赤ちゃんの指しゃぶりはよくないの?指しゃぶりの意味や対処法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月26日

赤ちゃんが指しゃぶりをしているのを見て、「たこやかぶれは大丈夫?」など悪影響を心配する方もいるのではないだろうか。しかし赤ちゃんの指しゃぶりは年齢ごとに理由や意味合いが異なり、一概に悪影響とはいえないようだ。そこでここでは、赤ちゃんの指しゃぶりの意味や指しゃぶりに関するトラブルの対処法などをご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんの指しゃぶりにはどんな意味がある?

赤ちゃんは生後1カ月になった頃から、自分の手が口元に来たときに舐めるようになる。その後指しゃぶりを始めるのは、生後2カ月頃からだといわれている。

赤ちゃんの指しゃぶりで気になるのが、「悪影響はないの?」「愛情不足なの?」といったことではないだろうか。しかし1歳頃までの赤ちゃんの指しゃぶりは発達の過程でよく見られる自然な行為なので、無理にやめさせなくても問題ないとされているようだ。また赤ちゃんは成長とともに、ハイハイや伝い歩きなどによって手を使うことが増えるため、自然と指しゃぶりが少なくなっていく。

では1歳頃までの赤ちゃんの指しゃぶりには、どういった意味があるのだろうか?

吸てつ反射によるもの

赤ちゃんは口元にあるものに吸い付くことがよくあるが、これは「吸てつ反射」という反射運動によるものだ。吸てつ反射は赤ちゃんが生まれながらに持っているもので、この反射により赤ちゃんはミルクを飲むことができるのだ。

楽しい遊び

赤ちゃんは掴んだものや口元にきたものを、舐めたり口に入れたりすることが多い。また手を口に持っていく動作は、自分の手を確認する作業だという説もある。そしてこれを繰り返すうちに指しゃぶり自体が楽しくなり、遊びの一環として指しゃぶりをしていることがあるようだ。

空腹のサイン

お腹が空いたときに指しゃぶりをする赤ちゃんもいるようだ。そもそも赤ちゃんの指しゃぶりは、授乳時の行為を指を使って再現しているという説もあり、本能的なものだと考えられている。

眠いときのサイン

眠くなったときに乳首や哺乳瓶をしゃぶるのと同じ感覚で、指しゃぶりをすると落ち着く赤ちゃんもいるようだ。

2. 赤ちゃんの指しゃぶりによるたこやかぶれの対処法

1歳頃までの赤ちゃんの指しゃぶりは、とくに心配しなくてもよいということはわかった。しかし指しゃぶりによって赤ちゃんの指にたこができてしまったりかぶれてしまったりなど、トラブルが起こることもあるだろう。そういったときはどのように対処するとよいのだろうか。

指しゃぶりでたこができたときの対処法

頻繁に指しゃぶりをすることで、赤ちゃんの指にたこができてしまうことがある。それを見て「無理にでもやめさせたほうがよいのでは?」と考えるお父さんお母さんもいるだろう。

しかし指しゃぶりは無理にやめさせようとすると、ますます悪化することがあるそうだ。赤ちゃんが指を痛がるなど変わった様子がないようであれば、たこができていてもあまり気にせず様子を見守ろう。

指しゃぶりで肌がかぶれたときの対処法

赤ちゃんの指しゃぶりが激しくなると、よだれで指や口の周りがかぶれてしまうことがある。これはよだれに含まれる塩分や消化酵素などによるものだ。しかも赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートなので、よりかぶれやすい傾向にある。よだれによるかぶれを防ぐには、こまめによだれを拭いてあげることが大切だ。

とはいえゴシゴシこするのはNG。コットンやガーゼなどやわらかいものに水分を含ませ、そっとすべらせるように拭き取るとよい。

口のまわりなどのかぶれ防止には、ワセリンなどの保湿剤で肌を保護するのも効果的だ。肌に膜を作ることで、刺激から肌を守ってくれるという。

赤ちゃんの肌がかぶれてしまったときは、まずは小児科や皮膚科を受診しよう。とくに指のかぶれは、ひどくなると化膿してしまうこともあり注意が必要だ。赤ちゃんの指しゃぶりをやめさせるには、おしゃぶりをくわえさせる、添い寝の際に手を握ってあげるなどの方法がある。

3. 赤ちゃんが指しゃぶりで吐くときの対応は?

赤ちゃんが指しゃぶりをしているとき、口の奥に入れすぎて吐いてしまうことがある。これは赤ちゃんがまだ自分の手をうまくコントロールできないために起こることだ。赤ちゃんの成長とともに、指しゃぶりで吐くことは少なくなっていくため、あまり心配しすぎず見守っても大丈夫だ。

ただし指しゃぶりで吐いたあとに機嫌が悪い、頻繁に吐くなど変わった様子が見られたときには、病院の受診をおすすめしたい。

結論

赤ちゃんが頻繁に指しゃぶりをすると不安になる方は多いかもしれないが、3歳くらいまでの赤ちゃんの指しゃぶりは、無理にやめさせず見守っても大丈夫なようだ。ただ3歳をすぎても指しゃぶりがやめられない場合は徐々に少なくしていこう。その場合も、専門家の力を借りつつ、無理なく指しゃぶりをやめさせる手立てを講じることが大切だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >