このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
里帰り出産のお礼はいる?妻の義実家へのお礼の仕方をレクチャー!

里帰り出産のお礼はいる?妻の義実家へのお礼の仕方をレクチャー!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月 8日

妻が自分の実家へ里帰り出産をする際、お礼をどうするか悩みどころだ。しかし夫としてしっかりと妻の実家にお礼の気持ちを伝えておくと、今後の付き合いがますます円満になるかもしれない。そこで今回は、妻の里帰り出産のお礼の仕方をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 妻が里帰り出産。義実家にお礼はするべき?

最近は夫や妻の両親と一緒に暮らしているという方は少数派であるため、妻が里帰り出産をすることは少なくないだろう。なかでも精神的に楽な、妻の実家への里帰り出産を選ぶ方は多いのではないだろうか。そんなときに気になるのが、夫として妻の実家に里帰り出産のお礼をするべきか否かということだろう。

妻の立場からすれば、「自分の実家なのだから、お礼なんていらない」と考えるかもしれないが、結婚し別の世帯を築いている以上、たとえ親であっても「お世話になっている」という意識をもつことは大切だ。夫の立場からすれば、なおさらそういった認識をもつことは重要だろう。

里帰り出産の期間は長い方では数か月に及ぶこともある。その間妻と生まれた赤ちゃんの分の食費や光熱費が余分にかかり、妻や赤ちゃんのお世話をする負担もかかる。2人目以降の出産となれば、上の子のお世話の負担も加わるだろう。なかには妻のきょうだいが同居しているケースもあり、その場合はそれぞれの立場に応じた配慮も必要となる。

しかし「お礼なんていらない」という義両親もいるだろう。その場合は無理にお礼を渡すことで、かえって気を遣わせたり「水くさい」と受け取られたりすることもあるかもしれない。里帰り出産のお礼を渡すかどうかは、妻とよく話し合いそれぞれの家庭の都合に合わせて決めてほしい。

2. 里帰り出産のお礼をするならいつ?相場は?

では里帰り出産のお礼はいつ、何を渡すとよいのだろうか?また相場はどれくらいなのだろうか?

里帰り出産のお礼には何を渡すか

里帰り出産のお礼には何を渡せばよいのだろうか?特に決まりがあるわけではないが、里帰り出産による金銭的負担を鑑み、一般的には現金を渡すことが多いようだ。

里帰り出産のお礼を渡すタイミング

お礼というと、「あとで渡した方がよいのでは?」と考えがちだが、里帰り出産の場合は、里帰りする初日に渡すのもありだ。「今日からお世話になります」という気持ちを込めて渡すことで、お互いに気持ちよく過ごすことができるだろう。ただし義両親の性格によってはかえって気を遣ってしまうこともあるため、妻と話し合い、お礼を渡すタイミングを決めてほしい。

里帰りするときにはできるだけ夫も付き添い、これから妻と子どもがお世話になることに対する感謝の気持ちを伝えよう。先にお礼を渡す場合は、このときに夫からお礼を渡すとよいだろう。もしもどうしても付き添えない場合は電話で気持ちを伝えるようにし、お礼は妻から「夫から預かってきた」というかたちで渡してもらうとよいだろう。

なお「お礼なんていらない」と断られてしまうこともよくあることだ。その場合は妻が「夫がどうしても受け取ってほしいと言っている」と言い添える、里帰り出産を終え自宅に戻るときにテーブルの上に置いて帰る、現金ではなく品物を渡すなど、渡し方の工夫をしてみよう。

里帰り出産のお礼の相場

里帰り出産のお礼の相場は、里帰りの期間やどれくらいお世話になったかによっても異なるが、3万円くらいという方が多いようだ。あまり多く渡しすぎると「他人行儀」と受け取られることもあるため注意が必要だ。

3. 里帰り出産のお礼の手紙には何を書けばよい?

里帰り出産のお礼には手紙も添えるとさらに気持ちが伝わり喜ばれるだろう。あまりかしこまらず率直に感謝の気持ちを伝えるとよい。以下にお礼の手紙の例文をあげておくので参考にしてみてほしい。

最初にお礼を渡す場合の手紙の例文

最初に渡す手紙では、里帰り出産を受け入れてくれたことに対する感謝の気持ちを伝えよう。

お義父さんお義母さんへ

この度は、妻の里帰り出産をこころよく受け入れてくださりありがとうございます。
少ないですが、感謝の気持ちですのでお受け取りください。初めての出産でご迷惑をおかけするかと思いますが、よろしくお願いいたします。

里帰り出産後に渡すお礼の手紙の例文

里帰り出産後にも、改めてお礼の気持ちを伝える手紙を送ろう。赤ちゃんの写真も添えるとより喜ばれそうだ。

お義父さんお義母さんへ

里帰り出産中は妻が大変お世話になりました。お義父さんお義母さんのおかげで、出産や育児への不安が和らぎ、安心して過ごせたようです。本当にありがとうございました。

初めての育児に戸惑う妻のサポートで、さぞかし大変な思いをさせてしまったことでしょう。ゆっくりとお休みくださいね。

落ち着いたら(子どもの名前)と一緒にうかがいます。そのときまで、どうか健康に気をつけてお過ごしください。

(お世話になった期間)の間、本当にお世話になりました。

結論

里帰り出産は、金銭的にも肉体的にも両親に負担をかけることになる。しっかりと感謝の気持ちを伝えることで、里帰り出産をより気持ちよく受け入れてもらえるのではないだろうか。義両親との関係も、より深くなるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >