このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
補助輪付き自転車のメリットとは?選び方や補助輪を外す方法も紹介

補助輪付き自転車のメリットとは?選び方や補助輪を外す方法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月31日

子どもの成長にともなって自転車デビューを検討する方の中には「補助輪付き自転車の適切な選び方が分からない」という場合もあるはずだ。そこで今回は、選ぶ前に理解しておくべき補助輪付き自転車のメリット・デメリットと選び方、補助輪を外すタイミングなどについて詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 補助輪付き自転車のメリット・デメリット

こちらでは、まず補助輪付き自転車のメリット・デメリットからご紹介しよう。

補助輪付き自転車のメリット

補助輪があると転倒の危険性や子どもの転倒への恐怖心が抑えられる。さらに、ブレーキも前後に備えられているため、安心・安全性に自転車に乗ることができる。

補助輪付き自転車のデメリット

自転車デビューした頃の子どもにとっては、自転車が重く感じてペダルをこぐことやハンドル操作を適切に行うことが難しい場合がある。補助輪に頼った走行になってしまうため、バランス感覚がなかなか身につかない場合もあることがあげられる。

2. 補助輪付き自転車を選ぶ際のチェックリスト

こちらでは「補助輪付き自転車を選ぶ際のチェックリスト」をご紹介しよう。
  • 安全マークの表示があり、安全性が確保されたものであるかを確認する
  • 耐久性と質の高い補助輪耐が付属しているかを確認する
  • サドルの調整方法を確認する
  • 子どもがしっかりとハンドルを握ることができるかを確認する
  • ブレーキの数と子どもでもきちんと使用できるかを確認する
  • ペダルは取り外し可能なものであるのかとその方法を確認する
子どもは、転倒しやすいため、万が一のときにも耐久性が高く、子どもが自転車との接触などによってけがすることのない製品を選ぶことが重要になる。補助輪の質が粗悪である場合には、すぐに買い替えが必要となってしまうため、耐久性と質の高い製品を選んでいただきたい。

サドルは、クイックリリース式であれば、外出先で工具が手元になくても手軽に高さを調整することができる。ハンドルは、製品のデザインや構造によって位置が異なるため、同じインチの製品であっても子どもの手がハンドルにとどかないという場合もあるので実際に試乗して確認していただきたい。

ブレーキは、日本で販売される自転車では必ず備え付けられているが、輸入品のなかで正規品ではないものは付属していない可能性もある。そのため、ブレーキの有無と種類、数を必ず確認してほしい。

また、ブレーキが付属していても小さな子どもの手では、ブレーキバーを引くことが難しい場合もあるため、試乗して安全に使用できるかを確認していただきたい。ペダルは、工具があれば取り外しできるが、ワンタッチ式の方が外出先でも手軽に着脱することができるため、補助輪を外す練習などのときには使い勝手に優れているだろう。

3. 自転車から補助輪を外すタイミングと外し方は?

こちらでは自転車から補助輪を外すタイミングとはずし方について解説しよう。

補助輪を外す時期

自転車から補助輪を外す時期の目安としては、一般的に5歳前後といわれているが、個人差も大きいため、子どもの成長発達段階を考慮するとよいだろう。具体的には、安全確保のためにも、子どものバランス感覚が養われ、自転車と自分の体重を腕や脚で支えられるだけの筋力がつく頃を目安にすることをおすすめしたい。
また、子どもがほかのお友達の様子を見て、補助輪を外して自転車に乗ることを希望する場合には、安全性に問題なければ補助輪を外すための練習を進めてみるのもよいだろう。

補助輪の外し方

補助輪は、モンキーレンチやアーレンキー(6角レンチ)があれば簡単に外すことができる。手元にこれらの工具がなかったり、作業に不安があったりするときには最寄りの自転車店に依頼するとよいだろう。

補助輪を外すための練習方法

補助輪を外すための練習方法の流れについてご紹介しよう。
  • 適切なサイズの自転車を選び、子どもの両足裏がしっかりと地面につく高さにサドルを調整する
  • 自転車のペダルをこがずに、足で地面を蹴って前進する方法を練習する
  • 姿勢を整えて前方を見て走行することを練習する
  • バランスをとって補助輪が地面に接しないように走行する練習を重ねる
上記が補助輪を外す練習の一例になるが、子どもの年齢や成長発達に応じて工夫して練習を進めていただきたい。

4. 子どもに人気の補助輪付き自転車おすすめ3選!

こちらでは、子どもに人気の補助輪付き自転車おすすめ3選をご紹介しよう。

人気おすすめ1:ブリヂストン「キッズ向け自転車 ビッケm」

こちらは、自転車デビューや補助輪なしの練習のサポートにも便利なリヤキャリアが付属している。子どもの手の大きさに応じて調整できるブレーキが採用されている点も特徴の、人気製品である。

子どもの成長に応じてのサイズ調整や補助輪の着脱も簡単に可能であり、安全基準BAAを満たしているおすすめ製品になる。

人気おすすめ2:jeep「ジープ 2020 JE-18G 18インチ」

こちらは、かっこいいデザインが乗り物が大好きな男の子に人気の「Jeep」の補助輪付き自転車である。サドルの高さの調整も100㎜の範囲で可能であることに加えて、ベルや籠も付属しており、使い勝手もよくおすすめだ。

人気おすすめ3:My Pallas(マイパラス) 「子ども用自転車16インチ MD-12」

こちらは、かわいいデザインが女の子に人気の補助輪付き自転車である。特徴は、JIS耐振動試験合格品に加えてPL法保険加入済でもあるため安全性が高い点になる。

カラーバスケットやハンドルパッド、リヤキャリアも付属した使い勝手にも優れたおすすめ製品である。
商品情報

結論

今回は、補助輪付き自転車のメリット・デメリットと選び方、補助輪を外すタイミング、おすすめ人気自転車などについて詳しく解説したがいかがだっただろうか。
子どもの補助輪付き自転車は、つい子ども好みのデザインに目が向きがちである。しかし、こちらでご紹介した内容を参考に、安全性や使い勝手についても十分確認した上で購入を検討してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >