このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【オンライン授業】小学生の進め方は?必要なツールや確認事項を解説

【オンライン授業】小学生の進め方は?必要なツールや確認事項を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月30日

新型コロナウイルスの感染拡大によって小学校が休校になったことで、今後オンライン授業が必須になるかもしれないと考える方も多いだろう。もし小学生がオンライン授業を始めることになったら、どんなやり方なのか、家では何を用意すべきか、悩む方も多いだろう。そこで今回は、小学生のオンライン授業について詳しく説明しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 小学生のオンライン授業は学年によってやり方違う?

小学生のオンライン授業は、全学年が同じようなやり方でおこなっているわけではない。一言でオンライン授業といっても、双方向のやりとりができるライブ配信とデジタル教材を使う録画配信があり、どちらの配信でオンライン授業をするのかは、学年によって異なる。そこで、低学年・中学年・高学年に分けてオンライン授業のやり方を解説しよう。

低学年のオンライン授業のやり方

低学年のオンライン授業では、学習動画を録画配信して、小学生とその保護者が一緒に動画を視聴する。双方向のやりとりはできないので、課題などは写真に撮って、保護者が手伝って先生に送信する。

中学年のオンライン授業のやり方

中学年になると、小学生はパソコンなどの通信端末を使えるようになるので、オンライン授業も一人で受けることができる。低学年と同じように、授業の録画配信を視聴して、課題の写真を送信するが、この一連のことを子ども一人で行う。

高学年のオンライン授業のやり方

高学年になると、先生と小学生がコミュニケーションを取りながらオンライン授業を進めていけるように、リアルタイム配信を行う。リアルタイムで先生が授業をする映像と音声が流れ、対話もできるビデオ電話のような授業だ。

先生からは小学生の様子がわかるし、小学生は質問することもできる。課題の受け渡しにはロイロノートというアプリを併用することが多い。

2. 小学生がオンライン授業を受けるのに必要なツールは?

自宅でオンライン授業を受ける際に、必要なものは何か。下記にリストアップしたものを前もって準備しておくと、小学生のオンライン授業が始まっても焦らずに済むだろう。

パソコンなどの通信機器

オンライン授業に欠かせないのが、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの通信機器だ。小学生なら、パソコンがなくても、使い慣れているタブレットやスマートフォンでもいい。しかし、高学年になると、稀に授業の動画を視聴しながら作業をするオンライン授業もある。この場合、パソコンの方が、授業の動画とほかの作業用の窓を同時に表示できるので便利だろう。

Webカメラ

先生と小学生が双方向のやりとりをするオンライン授業では、Webカメラも必要だ。ノートパソコンにはカメラが内蔵されているものが多いが、内蔵されていない場合は別途用意しよう。パソコンのOSによっては、Webカメラが使用できないものもあるので、用意する前に確認しておくといい。スマートフォンやタブレットは、ほとんどのものにカメラが搭載されている。

ヘッドセット

先生と小学生の双方向型オンライン授業でもう一つ必要なのが、ヘッドセットだ。パソコンの場合は、マイクとイヤホンを別々に接続するため、コネクタが二つあるタイプと一緒に接続するためコネクタが一つしかないタイプがある。

スマートフォンやタブレットは、イヤホンジャックがあるかどうか確認して、なければ変換ケーブルを用意しよう。端末にBluetooth機能があれば、無線で接続できる。

3. 小学生のオンライン授業が始まる前に確認すべきことは?

普段パソコンやスマホを使っていても、いざオンライン授業が実際に始まると、さまざまな不具合が出てくるかもしれない。通信機器など家庭の問題でオンライン授業が受けられなかったということは避けたいので、事前に次のようなことを確認しておこう。

自宅の通信環境を確認する

オンライン授業のような動画を視聴するには、通信量が多くかかってしまう。家では有線かWi‐Fiでインターネットに接続するのがおすすめだ。Wi‐Fiは、安全に使用できるようにパスワードの確認やセキュリティの見直しをしておこう。スマホやタブレットでオンライン授業を受ける場合は、通信プランの確認も必要だ。

通信機器のフィルタリング設定を確認する

保護者が普段使っているもパソコンやスマホを、小学生のオンライン授業に使用するなら、子ども用のアカウントを作ったり、フィルタリング機能を使用したりすると安心だ。小学生の子どもが、オンライン授業とは関係ないことに通信端末を利用して、個人情報の流出や不正サイトへのアクセスを防ぐためだ。

家庭でのネット使用が集中する時間帯を確認する

保護者が在宅ワークなどでネットにアクセスしているうえに、小学生のオンライン授業が始まったら、複数の通信端末使用により、家庭のネット環境はパンクしてしまうこともある。ネットが混みあって、ライブ配信なのにアクセスできないという事態にもなりかねない。オンライン授業の時間帯と家庭でのネット使用が集中する時間帯を確認しておこう。

結論

小学生のオンライン授業についてまとめた。保護者の方も、準備することがあり、接続などに問題なくオンライン授業を受けられるのか、不安もあるだろう。この記事を参考にして、前もって小学生のオンライン授業について知っておくことで、少しでも不安を解消できればいいと思う。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ