このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
持ち運びベビーベッドは使いやすくて人気!メリットや人気商品を紹介

持ち運びベビーベッドは使いやすくて人気!メリットや人気商品を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月28日

最近人気を集めている持ち運びできるベビーベッド。実家や旅行先で使用できたり、家の中でも気軽に使う場所を移動できたりとメリットがたくさんある。今回はそんな持ち運びベビーベッドの役立つシーンや人気の持ち運びベビーベッドなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. こんなとき活躍!持ち運びベビーベッド

一般的なベビーベッドは、赤ちゃんが成長すると使わなくなり置き場所に困ることがある。しかも赤ちゃんによってはベビーベッドに寝かせると泣いて起きてしまうことがあり、その場合はほとんど使わずに終わることも。そんなときにおすすめなのが持ち運びできるベビーベッドだ。

持ち運びできるベビーベッドには主に3つの種類がある。クーハンのような形状のもの、コンパクトに折りたためるマットレスタイプ、コンパクトサイズの折りたたみ可能なベビーベッドだ。これらの中には、両親のベッドとくっつけて添い寝できるタイプもある。それぞれ特徴が異なるので、用途に応じて使いやすいものを選ぶとよいだろう。

持ち運びベビーベッドは、通常のベッドより軽量でコンパクトなことから、気軽に持ち運べるところが魅力だ。家の中で自由にベビーベッドの場所を移動させたいときや、実家への帰省や旅行などに重宝するだろう。また収納に場所をとらないため、2人目誕生までの間ベビーベッドをとっておきたいという方にもおすすめだ。

持ち運びベビーベッドの多くは、90cm×60cmほどの大きさとなっている。一般的なベビーベッドは120cm×70cmほどなのでだいぶ小さいと感じるかもしれないが、生後半年くらいまでであれば十分寝ることができそうだ。一般的なベビーベッドよりも価格がリーズナブルなものが多いため、時期を見て添い寝を考えている方にもおすすめだ。

2. 持ち運びベビーベッドは買ったほうがよい?

一般的なベビーベッドはレンタルする方も多いが、持ち運びベビーベッドはレンタルと購入、どちらがお得なのだろうか。購入した場合の価格とレンタルした場合の価格を比べてみよう。なおレンタルの価格は、業界最安値をうたう「ベビレンタ」の価格を参考にした。

マットレスタイプの持ち運びベッドの中で人気の高い商品「ファルスカ コンパクトベッドライト」の場合を見てみよう。ベビレンタのレンタル価格は、2020年6月現在1週間3,476円(税込)、1か月5,247円(税込)、3か月10,450円(税込)、6か月11,550円(税込)、レンタル品を購入する場合は15,180円(税込)となっている。同じ商品をファルスカの公式サイトで見てみると、希望小売価格14,800円(税抜き)となっていた。

この商品の対象年齢は1歳までなので、もしレンタルで1年間使うのであれば、購入したほうがよいだろう。ただこちらの商品のサイズは幅60cm×長さ90cmなので、1歳まで使うと少し窮屈に感じる可能性も。使用期間が半年ほどの場合は、レンタルのほうがお得かもしれない。

なお、持ち運びベビーベッドは商品によっては1万円を切るものも。そういったリーズナブルなものを選ぶ場合は、購入するほうがお得だと考えられる。

3. 人気の持ち運びベビーベッドを紹介

持ち運びベビーベッドの購入を考えている方のために、人気の商品を紹介しよう。

ファルスカ「コンパクトベッドシリーズ」

コンパクトに折りたたみ、バッグのように持ち運べるベビーベッドだ。サイズは90cm×60cmのノーマルサイズ、120×70cmのラージサイズの2展開。使いたい期間や用途に合わせて選択できるのは魅力だ。またファルスカのベビーベッドとセットで使うことで、両親のベッドとくっつけて添い寝をすることも可能。赤ちゃんの快眠を促すための工夫も随所に見られる。
商品情報

アップリカ「ココネル エアープラス」

ベビーベッドと同じ感覚で使用できる持ち運びベビーベッドだ。小さく折りたためるので、旅行や帰省の際に持っていくこともできる。持ち手つきの収納ケースもついているので持ち運びやすいところも嬉しいポイントだ。ベッドに使用されているマットレスは体圧分散でき、通気性も高いので赤ちゃんの快眠を誘うだろう。前わくは上げ下ろしができるので、赤ちゃんのお世話もしやすい。
商品情報

カトージ「 ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)」

両親のベッドと添い寝できるように設計された持ち運びベッドだ。軽量でコンパクトなので、昼間はリビングに、夜はベッドサイドにと移動させることも可能。折りたたんで収納袋に入れると旅行先などに持っていくこともできる。

結論

持ち運びベビーベッドには、収納場所をとらない、気軽に持ち運びできるなど魅力がたくさんある。価格帯は数千円から数万円と幅広いので、予算や用途を考慮しつつ最適なものを選ぼう。なお価格や使用期間によってはレンタルのほうがお得なことも。新品にこだわらない方は、レンタルの利用も検討してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ