このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
3歳児が乗れる自転車を解説!サイズと選び方のポイントも紹介

3歳児が乗れる自転車を解説!サイズと選び方のポイントも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月27日

3歳児になると運動能力もぐっと高まってくるため、自転車遊びに関心をもつ子どもも増えてくる。そんなときに「3歳児でも乗れる自転車はあるのだろうか?」と疑問に思ったり、購入に際して適切なサイズや選び方に悩んだりする方もいるだろう。そこで今回は、3歳児が乗れる自転車の選び方や安全性について詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 3歳児が乗れる自転車は?サイズと選び方のポイント

自転車のサイズは、使用する目安として年齢や身長が分かれているが、子どもごとの成長や発達によって一般的な目安が適切なものではない場合もある。そのため、こちらでは3歳児が乗れる自転車の種類とサイズなどの選び方について解説しよう。

3歳児が乗れる自転車

3歳児が乗れる自転車かどうかは、それぞれの子どもの成長や発達の状況や興味・関心の有無によっても異なる。例えばストライダー、へんしんバイク、補助輪付自転車、サポートバー付自転車などがあげられる。

サイズ

3歳でも乗れる自転車のサイズの目安としては、14インチまたは16インチと一般的にいわれている。しかし、子どもの身体の大きさには個人差が大きいことに加えて、自転車のメーカーやブランド、デザインによってもハンドルの位置やサドルの調整幅などが異なる。

そのため、安全性から12インチや18インチを選ぶ必要が生じる場合もあるので、必ず試乗して確認していただきたい。

選び方のポイント

3歳でも乗れる自転車の選び方のポイントを下記にご紹介しよう。
  • 安全性が確保されているもの
  • 子どもがコントロール可能な重さであるか
  • 子どもの両腕がハンドルにしっかりと届くかどうか
  • 子どもがしっかりとブレーキを握ることができるか
  • 子どもの両足をしっかりと地面に接することが可能か
  • 簡単に着脱可能なサポートバーや補助輪の有無
  • 使用可能期間について
子どもの自転車遊びには、転倒はつきものであるため、転倒時にも自転車との接触でけがをすることのないように耐久性が高く、安全性の確保された製品を選んでいただきたい。

また、3歳児では重さのある自転車では自分でコントロールが難しい場合もある。そのため、子どもが自分で安全に取り扱い可能な製品や大人が後方から子どもをサポートできる構造の製品を選ぶとよいだろう。

さらに、3歳ではまだハンドブレーキを上手に使用することができない場合もある。万が一の時にも足を使用して止まることが可能なものや、身体に合ったサイズのサドルに調整できるものを選んでほしい。

また、両足をしっかりと地面に接することができると、転倒などの危険を回避することが可能になるため、子どもの恐怖心を抑えることにもつながる。

幼児の成長は著しいため、自転車を長く愛用したいと考える方では、自転車の使用可能期間やパーツの調整可否も確認してから選ぶとよいだろう。

2. 人気のペダルなし自転車で3歳児もらくらくマスター

こちらでは、人気のストライダー型の自転車の種類とメリットとデメリットをご紹介しよう。

種類

3歳児も乗ることのできるストライダー型の自転車には、主にペダルの着脱が可能なタイプと不可能なタイプの2種類がある。

メリット

ストライダー型の自転車はペダルがない分、自転車の重量が軽くなることに加えて操作も簡単であるため、3歳児でも自由にコントロールして簡単に乗りこなすことができる。自分でバランスを取りながら走行する必要があるため、自然と自転車に乗るために必要なバランス感覚を身に着けることが可能な点がメリットといえるだろう。

デメリット

3歳児も乗ることのできるストライダー型の自転車は遊具であるため、道路交通法の規定を満たしていないため、公道で使用できない。そのため、散歩や買い物などに使用できないことやペダルをこぐ練習ができない点がデメリットとしてあげられるだろう。

3. サポートパーツ付き自転車で3歳から安全にスタート

こちらでは、サポートパーツ付き自転車の種類とメリット・デメリットを紹介しよう。

サポートパーツの種類

3歳でも乗れる自転車に付属している主なサポートパーツの種類は、補助輪、後部から子どもをサポートできるリアキャリヤ、サポートバーなどがあげられる。

メリット

サポートパーツが付属した自転車のメリットは、3歳児でも安全に乗ることができる点になる。ペダルやブレーキなど道路交通法の規定を満たしているため、公道でも安心して乗ることができる。

デメリット

サポートパーツが付属した自転車のデメリットは、パーツ自体にも重量があるため、付属パーツが増えると重量も増してしまい、3歳児が自由に乗りこなすことが難しくなる点である。

また、補助輪付の場合では、補助輪に頼った走行になるため、自転車走行に必要なバランス感覚を養うことが難しい点になる。

4. 3歳から長く使えるお気に入りの自転車を見つけよう!

こちらでは、長期間使用できる商品や3歳児が喜ぶ自転車の特徴と商品をご紹介しよう。

3歳児が喜ぶ自転車の特徴

3歳児が喜ぶ自転車の特徴としては、子どもが好きなキャラクターや乗り物などのデザインが採用されていることである。そして、3歳児でも自由に乗り回すことができるサイズと重量、デザインであることも大きなポイントになる。

ビタミンiファクトリー「へんしんバイク」

こちらは、バランスバイクとペダルを取り付けることで自転車としても使用でき、モデルによっては2歳半頃から6歳頃まで長期間乗ることができる人気商品である。

ペダルは着脱式であるがヨーロッパ安全規格やアメリカ安全規格を満たしているため、安心して使用できる。子どもも自分の状況に応じて乗り方を選ぶことができる点も人気ポイントである。

アイデス「ミニーマウス ポッピンリボン16インチ」

こちらは、人気のミニーマウスの女の子が大好きなカラーやパーツがデザインが取り入れられた補助輪付自転車である。ダブルホールクランクが採用されているため、子どもの成長に応じてペダルを取り付ける位置を調整することができ、長く愛用できる点が特徴だ。
商品情報

結論

今回は、3歳児が乗れる自転車の選び方や安全性について詳しく解説したがいかがだっただろうか。自転車は子どもが喜んで乗ることができる大好きなデザインを選ぶことも大切であるが、転倒や事故を防ぐためにも、子どもごとの身体に応じた安全性の高いものをぜひ選んでいただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ