このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オンライン授業とは?特徴と注意点や保護者が準備すべきことを解説

オンライン授業とは?特徴と注意点や保護者が準備すべきことを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月 5日

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国の学校が休校になったことで、オンライン授業の必要性が高まっている。今後、オンライン授業は必須になる可能性もあることから、子どものオンライン授業について、特徴や注意点、前もって準備しておくことなど解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 学校で導入されるオンライン授業とは?

オンライン授業とは実際どのようなものなのか、配信の仕方や私立・公立の取り組みの違い、使用するアプリなど詳しく解説しよう。

どんな形で配信されるのか

オンライン授業には録画で配信されるものとリアルタイムでライブ配信されるものがある。録画配信は、ネット回線さえあれば、時間や場所を選ばず自由に学習できる。また、聞き逃したり理解できなかったりしたときに、巻き戻して視聴することができる。

ライブ配信では、お互いの顔を確認できたり、資料の画面を共有できたりするので、通常の授業と変わりない感覚で学習することができる。また、チャットなどを通して質疑応答もできる。

私立・公立による取り組みの違い

授業のオンライン化は、公立よりも私立の方が進んでいて、私立高校の一部では、すでにオンライン授業が定着化している。私立校は、独自にネット環境の構築を進めることができるので、生徒一人一人がタブレット端末を所有しているところもある。

一方、公立校の場合は自治体の予算やITに関する人材不足、セキュリティの問題などがハードルとなり、オンライン授業をする環境が整いにくいのが現状である。再度休校になったり災害が起こったりして通常授業ができなくなると、公立と私立とで、教育格差生まれることが懸念されている。

オンライン授業で使用するアプリや教材

オンライン授業で使われるツールとしては、まず双方向のやりとりが可能になる動画コミュニケーションアプリZoomが人気だ。それに加えて、課題の受け渡しや管理に便利なGoogle Classroomやロイロノートスクールなどのツールを併用すると、効率よくオンライン授業を行うことができる。

2. オンライン授業の特徴と注意点は?

実際にオンライン授業を受けてみると、通常の授業とはどのような違いがあるのだろうか。オンライン授業の特徴や注意点など前もって知っておくことで、スムーズにオンライン授業が受けられるようにしよう。

オンライン授業の特徴

オンライン授業は、通信環境が整っていれば、時間や場所に捉われずに授業を受けることができる。登下校にかかる時間がなくなるので、時間を有効活用できるのも魅力だ。また、家で落ち着いて授業に取り組めるうえ、録画でわからないことを見直すこともできるので、自分のペースで効率よく学習できる。

オンライン授業でできないこと

実験や実習が必要な教科は、オンライン授業には向かない。通常の対面授業のように実践経験を積むことができないので、授業のクオリティーが下がってしまうのだ。また、試験も画面から見えないところでカンニングしやすくなるため、オンラインではしない方がいいだろう。

オンライン授業の注意点

通信端末の操作に慣れておくことや、大量のデータ通信量の消費にも対応しておかなければ、授業が上手く視聴できなくて、授業に遅れてしまうこともある。

また、長時間のオンライン授業で端末の画面を見続けることは、子どもにとって負担になる。肩こりや目の疲れなど、健康を害さないためには、休憩を挟んだりストレッチをしたりしよう。

3. オンライン授業の前に親が準備すること

普段パソコンやスマホなど通信端末を使っていても、オンライン授業で使用する場合には、どのような準備が必要なのか。子どものオンライン授業が始まる前に、親が準備することをまとめた。

通信環境を確認する

オンライン授業で動画を視聴するときには通信量が多くかかってしまう。Wi-Fi環境が家になく、Wi-Fiに繋がずに動画を視聴していると、利用している通信プランによっては、あっという間に通信量の基準値を超えてしまうことも。そうなると速度制限がかかって、オンライン授業を受けられなくなるので、事前に通信環境を確認しておこう。

オンライン授業を受ける場所を準備する

ライブ配信のオンライン授業で、双方やりとりができるタイプの場合は、家の中の様子が背景に映ることもある。家の中を映したくない場合は、何もない壁の前など、背景を気にしなくていい場所を、オンライン授業を受ける際に使えるように準備しておこう。

通信端末の設定を見直す

普段保護者の方が使っている通信端末を、オンライン授業で子どもが使うときは、目を離した隙に子どもが勝手に怪しいウェブサイトにアクセスしてしまわないように注意しよう。パソコンを共有するなら、子ども用のアクセスアカウントをつくっておくと安心だ。また、スマホやタブレットを共有する場合は、フィルタリング機能を設定しておくといい。

結論

どのような社会状況下でも子どもたちが学習に取り組むことができる、オンライン授業というシステムは、これからますます必要になってくるだろう。この記事を参考にすることで、オンライン授業について知識や心構えを持っていれば、子どもがスムーズにオンライン授業に取り組むことができる。保護者として、子どもの学習環境を整えてあげることが大切だ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ