このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
割れないシャボン玉の作り方を解説!存分に楽しむ方法と注意点も紹介

割れないシャボン玉の作り方を解説!存分に楽しむ方法と注意点も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月24日

市販のシャボン玉液で子どもと遊んでいると「割れないシャボン玉で遊びたい」というリクエストを受ける方もいるだろう。しかし、手作りする方法や選び方がわからないという場合もあるはずだ。そこで今回は、簡単に家庭でもできる割れないシャボン玉の作り方や楽しみ方と注意点について詳しくご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 超簡単 !子どもが喜ぶ割れないシャボン玉の作り方

こちらでは、子どもが大喜びする「割れないシャボン玉」を身近にある材料で作る方法について詳しく解説しよう。

おすすめの原料

  • 水(純度の高い精製水または煮沸処理した水) 400ml
  • 台所用洗剤(界面活性剤が45%以上含まれているもの) 50ml
  • 洗濯のり(PVAの表示があり、弱酸性のもの) 50ml
  • 砂糖(できればグラニュー糖) 大さじ1
台所用洗剤は、できるだけ界面活性剤が45%以上含まれているものを使用するのがおすすめだ。しかし、ない場合には同様の濃度になる量を調整して加えると割れないシャボン玉を作ることができる。

洗濯のりは、PVA(ポリビニルアルコール)の表示があるものか確認してほしい。また、ミネラルウォーターを使用するときには、軟水を選ぶとよい。

必要な道具

  • 計量カップ、さじなど原料を正しく計測できるもの
  • 液を混合する容器(容量1Lほどのもの)
  • シャボン玉液を保存する容器
  • スプーンなど液を混ぜることができるもの

シャボン玉の作り方

  • 水を容器に入れる
  • 砂糖を入れて十分に溶解させる
  • 洗剤と洗濯のりを泡が立たないように注意しながら静かによく混同させる
こちらの方法以外にもさまざまな原料を組み合わせる方法があるため、原料の異なるシャボン玉で遊びながら比較してもよいだろう。

2. 割れないシャボン玉液の注意点

こちらでは、割れないシャボン玉液を作る場合や遊ぶときの注意点について解説しよう。

肌を保護して作る

界面活性剤の刺激により肌荒れなどを生じやすい方は、防水性の高い手袋やゴーグル、マスクなどを着用し、肌を保護して作ったり遊んだりするとよいだろう。

液は作った日に使いきる

手作りの割れないシャボン玉液には、保存料が含まれていないため、作成した日に遊んで使いきるようにしていただきたい。

大人の監視下で作る

子どもの年齢によっては、割れないシャボン玉を自由研究のテーマに選ぶ場合もあるだろう。割れないシャボン玉液には洗剤や石鹸なども用いるため、子どもが主体となって作る場合も、安全確保のために必ず大人の監視下で作るようにしてほしい。

安全な場所で遊ぶ

子どもの場合は、遊びに夢中になると周囲の危険を把握することが難しくなる。そのため、飛んだシャボン玉を追ってもけがや事故にならず、他人に迷惑をかけない安全な場所を選んで遊ぶように注意していただきたい。

誤飲を防ぐ

低年齢の子どもであれば、誤ってシャボン玉液を飲んでしまう危険性があるため、準備するグッズも誤飲の危険性のないものを選ぶとよい。また、吹くタイプのグッズで遊ぶときには、定期的に子どもにうがいを促し誤飲を防いでいただきたい。

3. 割れないシャボン玉をもっと楽しむ遊び方

こちらでは、手作りした割れないシャボン玉を存分に楽しむ遊び方とシャボン玉グッズについて解説しよう。

うちわ

紙を外して骨組みだけの状態に準備する。割れないシャボン玉液を含ませて仰いだり吹いたりすると、いろいろな大きさのシャボン玉ができる。

軍手

毛羽立ちのない新品の軍手であれば、割れないシャボン玉を手のひらにのせたり、はずませたりして遊ぶことができる。

針金ハンガー

針金ハンガーを円形に変形させて、洗面器などの大きな容器に割れないシャボン玉液を注いで浸してから吹くと巨大なシャボン玉を作ることが可能になる。

オンダ「シャボン玉 くるくるバブル 手動式」

こちらは、ハンドルを回すことで一度にたくさんのシャボン玉を作ることのできるグッズである。誤飲が心配な場合でも安心して遊ぶことができるのが特徴だ。
商品情報

UNI ENTERPRISE「Patymo 光る!LEDバブルガン」

こちらは、カラフルに光るLEDライトが搭載されたトリガーを押すとシャボン玉を出すことができるグッズである。ごっこ遊びが大好きな年齢の子どもにおすすめのシャボン玉グッズだ。
商品情報

市販のシャボン玉遊びのグッズは、対象年齢と安全性を確認してから大人の監視下で遊ぶようにしていただきたい。

結論

今回は、割れないシャボン玉液の作り方や遊び方、遊びを深めることのできるグッズなどについて詳しく解説したがいかがだっただろうか。

シャボン玉遊びは、安全に配慮すれば低年齢の子どもでも楽しく遊ぶことができるため、ぜひいろいろな方法で親子で楽しんでほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ