このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
夏休みの貯金箱作りのアイデアと簡単な作り方やコツを解説!

夏休みの貯金箱作りのアイデアと簡単な作り方やコツを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月16日

夏休みの工作のテーマを貯金箱に決める子どもも多いだろう。しかし、学年に相応する簡単な作品作りにどのようなアイデアがあるのか、どのようにサポートしてよいか分からないという場合もあるはずだ。そこで今回は、子どもが楽しく貯金箱作りを楽しむことのできるアイデアとサポートのコツについてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オリジナル貯金箱は夏休みの工作にピッタリ!

こちらでは、夏休みに簡単に作れる貯金箱の材料選びと作り方のコツ、貯金箱の作品コンクールについてご紹介しよう。

簡単に仕上げるコツ

夏休みの課題にも課せられる貯金箱を簡単に仕上げる作り方としては、子どもでも安全に加工しやすい素材を選ぶことである。

紙や軽量クレイは、子どもでも自由に造形することが簡単にできるため、貯金箱を作る素材におすすめだ。

また、簡単に貯金箱を仕上げたい場合では、必要な材料がセットになっている工作キットを利用してみてもよいだろう。

コンクール

夏休みなどの長期休暇には、小学生の子どもたちの作品を対象としたコンクールが開催されている。

こちらのコンクールは、学校ごとに選抜された作品を応募する制度になっているものや個人でも応募できる作品コンクールなどがある。参加賞ももらえるものもあるため、挑戦してみるのもよいだろう。

しかし、工作キットやネットにあるアイデアを模倣した作品、キャラクターものなどは応募することができないため、オリジナルの作品に取り組んでいただきたい。

2. 家にある物で作れる!夏休みのアイデア貯金箱

夏休みの貯金箱は、実は家庭にある身近な素材でも作ることができる。
たとえば、牛乳パックやペットボトル、紙コップ、おやつや食品などの空き箱を組み合わせたり、切り取ったりすることで貯金箱を作ることが可能だ。

他にも安全に使用できるものであれば、家庭にあるいろいろな素材を活用できるため夏休みの早い段階で計画を立ててみるとよいだろう。

また、同じ素材を使用する場合でも子どもの発想によって組み合わせや色付け、デコの仕方が異なるためテーマに応じて夏休みにオリジナルの貯金箱を仕上げることができるだろう。

3. 夏休みは動く不思議を考える!からくり貯金箱

こちらでは、からくり貯金箱の動く仕組みのアイデアをご紹介しよう。

首振り

首振りの仕掛けのある貯金箱は、首の芯にバネを使用すると簡単に作ることができる。

夏休みにちなんだテーマや思い出のテーマを選ぶとオリジナルの作品に仕上げられるだろう。素材には、簡単に加工できる軽量クレイとバネなどの使用や、首振り貯金箱の工作キットを使用するのがおすすめだ。

コインの重みで動く仕掛け

コインの重みで動く貯金箱は、さまざまな仕掛けで作ることができる。

たとえば、コインを入れると羽が回る風車の貯金箱であれば、中に回転台の仕掛けを付けることで動きを出すことができる。
他にも、コインを舌にのせるとコインを飲み込む貯金箱では、てこの原理などで動く仕掛けを付けることで貯金箱を動かすことが可能になる。
夏休みの体験などを貯金箱で表現してみるのもよいだろう。

モーターを使用する

モーターは、プーリーやギア、重りなどと組み合わせたり、リンク機構やカムを利用するとさまざまな異なる動きを作りだすことができる。

夏休みの自由研究のテーマとしてモーターを取り上げ、貯金箱にモーターを使用した作品を作れば、さらに学びを深めることができるだろう。

モーターの取り扱いは、子どもだけでは難しかったり、危険な道具を用いなければならない場合もあるため、適宜保護者がサポートしていただきたい。

4. 夏休みの思い出をデコるだけ!簡単貯金箱キット

こちらでは、100均などにもある専用キットや容器などを利用して、夏休みの思い出をデコるだけでオリジナルの貯金箱に仕上げる方法をご紹介しよう。

材料

  • コレクションケースなどの透明なフタが付いた好みの貯金箱になる容器または専用キット 1個
  • デコに使用したい材料と夏休みの思い出の素材 適量
  • 接着剤 適量

必要な道具

  • 割り箸
  • カッターナイフやはさみ
  • 絵の具や筆など

作り方

  • ふたを取り除き、好みの場所に貯金箱のお金の入れ口を切り抜く
  • 砂など、背景になるデコの具材を接着剤と混ぜたり、付けたりする
  • ケースの中に指で押し付けるようにしてしっかり固定する
  • デコの背景がしっかりと乾燥してから好みの絵の具で色付けする
  • 絵の具が乾燥したら、貝殻やビーズなど夏休みの思い出のデコの素材を好みの場所に接着剤で付ける
  • 接着剤が乾燥してからふたをして完成させる
貯金箱のお金の入れ口を切り抜く作業などは、子どもでは危険な場合もあるため、安全に作業できるように適宜、保護者がサポートしてほしい。

結論

今回は、子どもが楽しく貯金箱作りを楽しむことのできるアイデアとサポートのコツについて解説したがいかがだっただろうか。
貯金箱作りは、いろいろなアイデアを形にしやすい工作であるため、ぜひこちらの内容を参考に夏休みに子どもと一緒に貯金箱作りを楽しんでほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ