このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
水泳用ゴーグルは子どもに必要?選ぶコツとおすすめ製品も紹介

水泳用ゴーグルは子どもに必要?選ぶコツとおすすめ製品も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月23日

子どもとプールや海水浴に出かける予定がある方では、ゴーグルを準備すべきか迷うこともあるだろう。また、子ども用のゴーグルの選び方が分からないという場合もあるはずだ。そこで今回は、子ども用のゴーグルを使用するメリットと選び方、おすすめ製品について詳しくご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どもが水泳用ゴーグルを使うメリットは?

こちらでは、まず子どもが水泳用ゴーグルを使いはじめる時期と使用によるメリットとデメリットについてご紹介しよう。

使いはじめる時期

水泳用ゴーグルを使いはじめる時期は、水泳教室などの方針や子どもの状況によって異なる。たとえば、水泳をはじめたばかりの子どもであれば、ゴーグルなしで顔を水につけることが上達への1つの目標になっている場合もある。
そのため、家庭でもゴーグルなしで顔を水につけることに十分に慣れてから、使用をはじめることをおすすめしたい。

メリット

子どもが水泳用のゴーグルを使用する最大のメリットは、眼病を予防できることと消毒薬の刺激から目を保護することができる点になる。

デメリット

子どもが低年齢の頃からゴーグルを使用すると、ゴーグルのない状態では水中で目をあけることができなくなる場合がある点である。

2. 子ども用ゴーグル選びのチェックポイント

こちらでは、子ども用ゴーグル選びのチェックポイントについてご紹介しよう。

レンズの種類

子ども用ゴーグルのレンズにも種類があるため、それぞれの特徴を理解して選んでいただきたい。
クリアタイプは、屋内でも明るい視野を確保でき、指導者なども子どもの表情を読み取りやすい特徴がある。
ミラー加工タイプは、光によるまぶしさを低減できるため、屋外で泳ぐときに最適のタイプになる。しかし、子どもの表情が読み取りにくいため、高学年以上の子ども向けといえる。

UVカット

ゴーグルを屋外で使用することを予定している場合には、紫外線から子どもの目を守るためにもUVカットの機能が備えられているものを選ぶとよいだろう。

つけ心地

子どもは、ゴーグルのつけ心地が悪いと使用を嫌がるようになるため、子どもが無理なく着用できるかどうか、サイズと併わせてつけ心地も確認すべきである。

曇り止めの仕様

ゴーグルの使用中にレンズが曇ると視界が悪くなり、安全確保が難しくなる。そのため、低年齢の子どもが使用する場合ほど、曇り止めの仕様が施されたものを選んでほしい。

度付き

日常生活で眼鏡を使用している子どもでは、安全確保のためにもそれぞれの子どもの視力に応じた度付きゴーグルを選んでいただきたい。

また、ゴーグルは眼鏡とは異なる見え方になるため、実際に試着してみることをおすすめする。

3. 3歳からの子どもにおすすめゴーグル3選

こちらでは、3歳からの子どもにおすすめゴーグルを特徴とあわせてご紹介しよう。

おすすめ1:VIEW「Enzy V422J」

こちらは、園児をもつ父親が開発した国内初の園児用のゴーグルである。特徴は、ストラップに柔らかい素材が採用されているため、小さな子どもでも快適かつ簡単に装着や調節ができる点になる。

また、水が入りにくいようにレンズとフェイスパッドが一体化されている点もおすすめポイントだ。

おすすめ2:X.A「スイミングゴーグル」

こちらは、UVカット、曇り止め加工が施された3歳から使用できるかわいいデザインが魅力のゴーグルである。特徴は、シリコンフレームが小さな子どもの目の周りのカーブに合わせた立体形状となっているためフィット感が高く仕上がっている点だ。

また、耳栓、3サイズの鼻ベルトがセットのため、子どもにぴったりのサイズで使用できるのもおすすめポイントになる。

おすすめ3:SWANS「ジュニア スイミングゴーグル 3~8歳対象モデル SJ9」

こちらは、UVカット、曇り止め加工が施され、直に肌が触れる部分には抗菌素材が採用されている3歳から使用できるカラフルな日本製のゴーグルである。

特徴は、パーツをスライドさせるだけで長さを簡単に調整できるE-conベルトが採用されている点になる。

また、4サイズの鼻ベルトもセットになっているため、最適なサイズで使用できるおすすめ製品だ。

4. スイミングで人気の子ども用ゴーグル3選

こちらでは、水泳教室に通う子どもや小学生が使用できる機能性の高いゴーグルについて特徴とあわせてご紹介しよう。

おすすめ1:YASUDA「スイミングゴーグル」

こちらは、UVカット、曇り止め加工が施された5歳から使用できる定番タイプのシンプルなゴーグルである。SGマークを取得しているため、安全性が高いといえる。

ベルトとクッションにはシリコンが採用されており、優しいつけ心地で子どもの疲れを防ぐことのできるおすすめ製品である。

おすすめ2:MIZUNO「スイミングゴーグル(クッションタイプ)[ジュニア]」

こちらは、UVカット、曇り止め加工が施されたミラーレンズのかっこいいデザインが魅力の子ども用ゴーグルである。

特徴は、国際水泳連盟承認モデルであることに加えて、フィット感が高い点になる。オリンピックのメダリストも愛用する高機能のおすすめゴーグルである。

おすすめ3:SWANS「SR-11JM」

こちらは、ジュニア選手のために開発・設計されたノンクッションモデルのレーシングタイプのゴーグルである。

特徴は、安全性にこだわって仕上げられており、ミラータイプのため集中力も高められる点になる。記録を伸ばしたい子どもにおすすめのゴーグルだ。

結論

今回は、子ども用のゴーグルを使用するメリットと選び方、おすすめ製品について詳しく解説したがいかがだっただろうか。

さまざまなデザイン性の高い子ども用ゴーグルが販売されているが、ぜひこちらの内容を参考に機能や仕様などを確認して最適な製品を選んでいただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ