このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
親子でキャッチボールを楽しみたい!何歳からできるの?練習方法は?

親子でキャッチボールを楽しみたい!何歳からできるの?練習方法は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月17日

お父さんの中には、「子どもとキャッチボールをするのが夢だった」という方もいるのではないだろうか。では子どもとキャッチボールができるのは何歳くらいからなのだろうか。またどのように練習すると、子どものキャッチボールが上手になるのだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「親子でキャッチボール」は何歳からできるようになる?

親子でキャッチボールを楽しめるのは何歳くらいからなのだろうか。子どもは4歳を過ぎると、相手が投げたボールをつかめるようになるといわれている。しかしコロコロ転がすだけであれば、1歳くらいからボールのやりとりは可能だ。

キャッチボールの練習には、まずは子どもの年齢や発達に合わせ、無理なくボールのやりとりを楽しむところからはじめよう。ボーリングや的当てなど、ボールを使ったゲームを楽しむのもおすすめだ。

キャッチボールに使うボールの大きさや硬さは、子どもの発達や遊び方などに応じて選ぼう。いきなり硬いボールを使うとボールに恐怖心を抱くことがあるので、最初は柔らかく、ぶつかっても痛くないものを選ぶとよい。ビニールのボールや新聞紙を丸めたものでも十分だ。

子どもがボールに慣れ、扱いが上手になってきたら、テニスボールなど徐々に硬く小さいボールに移行するとよいだろう。

2. 【2~4歳】家の中から始める!おもちゃでキャッチボール

まだボールに慣れていない小さな子どものキャッチボール練習には、おもちゃを上手に取り入れるのがおすすめだ。

そのひとつに「フライングキャッチボール」がある。お父さんお母さんの中にも、遊んだことがある方もいるのではないだろうか。これはお皿のような形のラケットにマジックテープがついており、ボールがくっつくようになっているおもちゃだ。これならうまくボールをつかめなくても、キャッチボールの感覚を体感できるだろう。ボールが柔らかいので、家の中で楽しむことができるのもポイントだ。

似たようなおもちゃに、手袋のような形のグローブにマジックテープがついている「マジックキャッチボール」というものもある。こちらは実際にボールをつかむ感覚も体感でき、よりキャッチボールに近い感覚を味わえるだろう。

ボールを投げる姿勢は、紙飛行機を飛ばす、端を結んだタオルを投げる真似をするなどの方法で身につけることが可能だ。これらの方法なら、外で実際にボールを投げなくても正しい投げ方を楽しみながら身につけられそうだ。

3. 【5~6歳】やわらかボールでキャッチボールに慣れる

この頃になると、だいぶキャッチボールらしいボールのやり取りができるようになってくることもある。とはいえ、まだ本格的な野球ボールを使用するのは早い。この時期はまだ柔らかいカラーボールやテニスボールを使って練習しよう。

ボールをキャッチして投げることがスムーズにできるようになったら、キャッチボールのボールの投げ方や取り方の基本を確認しながら練習していこう。動画を見せながら伝えると、イメージが湧きやすく効果的だ。

ここまでできるようになったら、グローブを使ったキャッチボールにも挑戦してみよう。グローブを用意する場合は子どもに試着させ、サイズの合ったもの、柔らかく使い勝手のいいものを選ぶようにしよう。グローブの皮が固い場合は、柔軟スプレーなどで皮を柔らかくしておくとよい。

4. 【小学生~】親子グローブセットで本格キャッチボール

小学生になったら、親子でグローブをつけて本格的なキャッチボールを楽しもう。新たにグローブなどの購入を考えている場合は、大人用のグローブと子ども用のグローブ、ボールがセットになった「親子グローブセット」がおすすめだ。リーズナブルなものが多く、使いやすいだろう。

グローブを使ってキャッチボールを練習するときは、ボールの握り方、投げるときの姿勢など一つ一つの動作を確認しながら行おう。グローブの扱い方もしっかり確認しておこう。

ボールをうまく投げるコツは、
  • ボールを正しく握ること
  • 前に出した足のつま先をまっすぐ前に向けること
  • 腕だけじゃなく上半身を使って投げること
  • 目線を相手のグローブに向けること
の4つだ。これらを意識してキャッチボールをするようにしよう。

なお、ボールの正しい投げ方がなかなか身につかない場合は、擬音を使った練習がおすすめだ。一つ一つの動作を音で表して子どもに伝えるのだ。たとえば手を動かす動作なら「シュ」、足を前に踏み出す動作なら「ドン」という具合に。これなら言葉と動作がなかなか結びつかない低学年の子どもでも、動きをイメージしやすいだろう。

ボールをうまく取るコツは、「身体の正面で取ること」「グローブに片手を添える」ことだ。なかなかスムーズにボールを取れない場合は、まずはこれらを意識して練習してみよう。また、指先の向きも大切だ。ボールにグローブを差し出したとき、指先が上を向いていないとボールがこぼれ落ちてしまうのだ。グローブをつけると指先の動きがわかりにくくなるため、うまくいかないときは確認してみよう。

結論

キャッチボールは子どもとのコミュニケーションのきっかけや思い出作りにぴったりだ。あまり子どもの上達にとらわれず、まずはボールのやりとりを楽しんでほしい。楽しみながらキャッチボールを繰り返すことで、自然と子どもも上達していくだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ