このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
2歳の乗り物には三輪車がおすすめ!メリットや注意点、選び方のコツ

2歳の乗り物には三輪車がおすすめ!メリットや注意点、選び方のコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月25日

子どもが2歳頃になって遊びの範囲が広がってくると、三輪車やランニングバイクのような乗り物にも興味を持ち始める。いろいろある乗り物の中で、2歳児に三輪車を選ぶメリットは何なのだろうか。ここでは、2歳児だからこその三輪車のメリットや注意点、選び方のコツを解説し、2歳児におすすめの三輪車を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 2歳から乗る三輪車のメリットと注意点は?

2歳児の乗り物として三輪車を選ぶ方が多いのはなぜだろうか。ストライダーや自転車にはない、三輪車の特徴や三輪車に乗るメリット、注意点をみていこう。

三輪車に乗ると筋力や体幹が発達する

三輪車のペダルを漕ぐには、本体の重さと自分の体重という負荷がかかるので、普段は使わない腕や脚、背中などの筋肉が鍛えられる。さらに、ペダルを漕いだり自分で操縦したりすることで、バランス感覚が養われ、体幹も発達する。

三輪車は2歳児でも安全に乗ることができる

三輪車は、他の乗り物と違って、止まっても自立するので安定感があり、転倒のリスクも減らせる。もし転倒したとしても、車高が低い分、大きなケガになる可能性は少ない。また、ペダルを漕いだ分しかスピードが出ないので、2歳児でも安全に乗ることができる。

三輪車に乗るときの注意点

三輪車は子どもの遊具とはいえ乗り物であるので、マナーを守って乗ることが大切だ。広い公園など危険が少ない場所で乗ること、大人の補助なしで一人で乗るときはヘルメットを着用することなど、気をつけよう。必ず大人が近くで見守るようにしてほしい。

2. 2歳児の三輪車選びに重要なチェックポイント

2歳児が乗る三輪車には、どのようなものを選べばいいか。次に、選ぶときに基準となる項目を挙げていこう。

安全に関する工夫がされている

2歳児では、三輪車に乗ったままウトウトしてしまうこともある。1歳から乗るような転落防止ガードまでは必要なくても、シートベルトが付いていて、ハイバックシートの三輪車だと、万が一眠ってしまっても、ズレ落ちることがないので安心だ。

軽量で持ち運びが楽である

2歳児でも扱いやすいように、軽量の三輪車がおすすめだ。タイヤの素材がプラスチック製のタイプが軽量だ。公園などに持って行くこともあるので、持ち運びしやすいものがよいだろう。

折りたたみ式である

三輪車は、収納スペースを多く取るので、折りたたみできるタイプが便利だ。折りたたみ式だと、玄関が狭くても置けるし、車の中で保管することもできる。

子どもが喜ぶキャラクターがデザインされている

お父さんやお母さんがシンプルで実用性のある三輪車がほしいと思っていても、子どもが気に入らなければ乗ってくれないことも。子どもにとって、三輪車は自分だけの乗り物という意識が強くなるので、子どもが喜ぶキャラクターものの三輪車など、子どもが興味を示すような三輪車を選ぶとよい。

手押しバーが付いている

自分で三輪車に乗れるようになった子どもでも、疲れ具合や気分によってはペダルを漕がなくなってしまうこともある。そんなときに、手押しバーがあればお父さんやお母さんが押して進むことができる。さらに、手押しバーが取り外し可能なタイプだと、子どもの成長に合わせて使える。

3. 2歳から長く乗れるオシャレな三輪車4選!

2歳児の三輪車を選ぶときのポイントを前述したが、実際にどのような三輪車があるのか。2歳から長く使えておしゃれな三輪車を紹介しよう。

Iimo tricycle #02

ロックを外して簡単に折りたたむことができ、サイズもコンパクトになるので収納に困らない。ペダルを漕げなくても、フットステップに足を置くことができ、漕げるようになったら簡単に収納できる。

ヤトミ トコトコトライク

転落防止ガードや手押しバーが取り外しできるので、2歳になる前から4歳頃まで長く使用できる三輪車だ。ベビーカーのようにサンシェードが付いていて、紫外線対策や急な雨除けになる。

アイデス カーゴサンシェードミッキーマウス

ディズニー好きにはたまらない、ミッキーマウスデザインの三輪車。サンシェードにミッキーマウスの耳が付いていて、ミラーはミッキーマウスのグローブの形になっている。後方のかごには容量が大きく、2Lのペットボトルが3本入る。

野中製作所 へんしん!サンライダーFC

「へんしん」と言うとおり、手押しバー付きの1歳代が乗るスタイルの三輪車から、ペダルと後輪を取り外してランニングバイクスタイルに変身する三輪車。ハンドルやサドルの高さは調整可能で、身体の大きさにフィットさせて乗ることができる。

結論

三輪車と一言で言っても、さまざまなタイプのものがあり、何が子どもに合っているのか、見極められる知識が必要だ。この記事では2歳児が乗る三輪車についてスポットを当てたので、ぜひこちらを参考にして、子どもに合った安全な三輪車を選び、子どもの成長に役立ててほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ