このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
給食のエプロンにはどんなものがあるの?選ぶときのポイントは?

給食のエプロンにはどんなものがあるの?選ぶときのポイントは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月15日

園や小学校で給食が始まると、エプロンが必要になる。子ども用のエプロンはかわいいものが多く、ついついデザインに注目して選びがちだ。しかし給食用のエプロン選びでは、デザイン以外にも注目してほしいポイントがある。そこで今回は、給食用エプロンの種類や選ぶ際のポイントなどを見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 園児・児童の給食用に必要なエプロンとは?

幼稚園・保育園や小学校に通いだすと、多くの場合給食が始まりエプロンが必要となることがある。しかしいざ給食用のエプロンを用意しようとすると、種類がありすぎてどういったものを選べばよいのか迷ってしまうこともあるだろう。

園や学校によっては給食用のエプロンを指定されることもあるが、そうでない場合はどういったところに注目して給食用のエプロンを選ぶとよいのだろうか。

まず第一に、多くの場合子どもが自分でエプロンを着用することになるので、着脱しやすいものを選ぶことが大切だ。また成長が著しい時期でもあるので、少し大きめサイズを選ぶのもおすすめだ。

もちろん子どもの好みを考慮することも大切だ。子ども自身が気に入ったエプロンを使えば、給食の時間がさらに楽しくなりそうだ。

2. 給食エプロンの素材とさまざまなタイプ

給食に使用するエプロンには色々な素材・形があり、年齢などにより最適なものが異なる。給食エプロンの主な形や素材とその特徴を見ていこう。

給食エプロンの形

給食エプロンの形には、主にひもを首からかけるタイプと、肩ひもが背中でH型になっているものの2種類がある。ひもを首からかけるタイプは、後ろのひもがゴムやマジックテープになっていると着脱が簡単なので、未就学児におすすめだ。後ろのひもが長く前で結べるタイプは、リボン結びをできるようになった子どもによさそうだ。

H型は、首への負担が少ないところが魅力だ。こちらも後ろのひもの形状を確認し、子どもが自分で着脱しやすいものを選ぼう。後ろのひもがボタンで留めるものは、ボタンを留めたまま上からかぶることができるため、未就学児でも着脱しやすいだろう。なお背中で肩ひもがクロスしているタイプもあるが、頭をどこから通したらいいのかわかりにくいため、避けた方がよいかもしれない。

給食エプロンの素材

給食エプロンの素材は、ポリエステルや綿が主流だ。ポリエステルのエプロンは汚れにくくリーズナブルなものが多い。エプロンを汚すことの多い未就学児から小学校低学年くらいの子どもには、特におすすめだ。

一方綿のエプロンは、肌触りのよさや丈夫さ、吸水性のよさが魅力だ。エプロンを汚すことが少なく買い替える機会も多くない、小学校中学年から高学年くらいの子どもには、綿のエプロンがよいだろう。

まだ自分でごはんを食べるのがおぼつかない子どもの場合、エプロンの汚れが服にまでしみてしまうことも。そういった場合はシリコン素材のエプロンや撥水加工のされているエプロンがおすすめだ。濡れても染み込みにくく、洋服が汚れるのを防いでくれる。

3. エプロン以外で給食時に準備する物は?

給食の際に用意しなければならないものは園や学校によって異なるが、一般的にエプロン以外にはどういったものが必要となるのかを見ていこう。これから入園入学準備をする方は、参考にしてみてほしい。

保育園や幼稚園の場合

保育園や幼稚園の場合、給食かお弁当かによっても用意するものは異なるが、主に以下のものが必要になることが多い。なおどのアイテムも、子どもが1人で扱いやすいものを選ぼう。
  • ランチョンマット
  • コップ
  • はし、スプーン、フォーク
  • 給食袋
  • 三角巾

小学校の場合

小学校の場合、どのアイテムも学校に置き忘れたときのことを考慮し余分に用意しておくことをおすすめしたい。
  • 三角巾
  • ランチョンマット
  • マスク
  • 給食袋
  • コップ
  • 歯ブラシ

4. 手作り代行でオリジナル給食用エプロン

なかなか気に入った給食エプロンが見つからないという方は、手作りに挑戦してみてはいかがだろうか。手作りなら子どもの好きな布を使い、好きなデザイン、好きな大きさに仕上げることができる。なお型紙はネット上に無料のものがたくさんあるので利用してはいかがだろうか。

「手作りは自信がない」という方は、手作り代行を利用するという手もある。加工代金と材料費を支払うと、お好きなデザインのエプロンを作ってくれる。あらかじめキットが設定されているなど、サービスの内容は会社によって異なるので、よく確認をして利用しよう。

結論

給食のエプロンは、ついデザインに目が行きがちだが、それだけではなく子どもが着脱しやすいことや、扱いやすさなども考慮して選ぶことが大切だ。なお園や学校によってはデザインなどを指定されることがあるためしっかり確認してから準備しよう。お気に入りのエプロンがあれば、給食の時間がさらに楽しくなるかもしれない。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ