このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
小学生のカバンはどれがいい?選び方やおすすめを紹介

小学生のカバンはどれがいい?選び方やおすすめを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月20日

小学生になると、通学や習い事に使うカバンを用意する方は多いだろう。でもカバンにはさまざまな種類があり、どれが小学生にぴったりなのか迷ってしまうことも。そこでここでは小学生のカバン選びのポイントやおすすめのカバンなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 小学生が使うカバンの選び方ポイント

小学生になると、通学や習い事、通塾などカバンを使用する機会が増える。小学生のカバンを選ぶときは以下のポイントを考慮しつつ、子どもが気に入ったもの、使い勝手のよさそうなものを選ぶとよいだろう。
  • 用途、子どもの学年や身体の大きさ、性別などを考慮する。
  • カバンのデザインやサイズ、素材、持ち手のタイプなどに注目する。

2. 小学生になる前に準備したい手提げカバン

小学生のカバンのサイズは、必要なものがすべて入るものを選びたい。とはいえ大きすぎると、体の小さい子どもはかえって使いにくくなるので、子どもの体格を考慮したサイズを選ぶことも大切だ。一般的な小学生向けのカバンのサイズは30cm×40cmほどで、これは学校のお道具箱がすっぽり入る大きさとなっている。なおピアニカや絵具なども入れる場合は、もう少し大きなサイズが必要だ。

なお小学生が学校に持っていくカバンの場合、机の横のフックにかけておくことがある。このときカバンが床につくと汚れてしまうこともあるだろう。とくに低学年の場合机の高さが低いので、カバンのサイズや持ち手の長さをよく確認しよう。

小学生のカバンの持ち手は手提げと肩掛けの両方を兼ねた、2WAYタイプがおすすめ。荷物の重さなどにより持ち手を使い分けることができ便利だ。低学年のうちはランドセルと一緒にカバンを使うことが多いが、高学年になるとランドセルがわりにカバンを使うこともある。この場合はリュックサックもおすすめだ。

小学生のカバンの素材は、キルティング、キャンバス、デニム、ナイロン、ポリエステルなどさまざまで、それぞれメリット・デメリットが異なる。優先したいことにより最適な素材を選ぼう。

小学生のカバンのデザインは、低学年は自分のものだとわかりやすいよう子どもの好みのデザインがよいが、高学年は中高生になっても長く使えるものを選ぶと無駄がない。また男の子にはスポーツブランドのものが人気で、女の子にはかわいいキャラクターものが人気だ。

小学校によってはサイズやデザインが決められていることもあるので、購入前にしっかり確認しよう。

3. 高学年に人気の小学生用通学カバン

高学年になると、ランドセルを使わずカバンで通学する小学生も増えるだろう。そこで高学年におすすめのランドセルがわりにも使える小学生用カバンを紹介しよう。

アディダス「レッスンバッグ」

小学生の男の子に人気のスポーツブランド「アディダス」のカバンだ。シンプルなデザインなので、中学生になっても使用できそうだ。持ち手は手提げ、肩掛け、リュックの3WAY。ランドセルがわりだけでなく、サブバックやレッスンバッグなどとしても活用できそうだ。

THE NORTH FACE「 BC Fuse Box II」

中高生にも人気のリュックサックのキッズモデルだ。カラフルだけど大人っぽいデザインとバツグンの耐久性や防水性が魅力。重い荷物を入れて毎日使っても壊れにくそうだ。

4. 簡単に手作りできる小学生の手提げカバン

小学生の手提げカバンは、直線縫いさえできれば簡単に作れるものもある。手作りなら子ども好みの手提げカバンに仕上げることができるのでおすすめだ。小学生の手提げカバンは通学用やレッスンバッグなど幅広く活用できる。

裏地がないタイプであれば、作りたいサイズに合わせた布や持ち手を用意し、ミシンで袋状に直線縫いするだけでできる。裏地付きのタイプであれば、時間はかかるが手縫いでもキレイに作ることが可能だ。さらにワッペンや刺繍をつけてあげると、オリジナリティのある手提げカバンとなるだろう。

お父さんやお母さんお手製の手提げカバンなら、小学生の子どものお気に入りとなりそうだ。通学や習い事もさらに楽しくなるのではないだろうか。

結論

小学生は、通学だけではなくさまざまなシーンでカバンを利用する。用途や年齢、性別などに合わせたカバンを選ぶと、使い勝手がよく子どものお気に入りとなるだろう。なお通学に使用する場合、小学校低学年はサブバッグとしての使用がほとんどだが、高学年になるとランドセルがわりに使うことも。学年ごとのカバンの使い方をおさえ、最適なカバンを選ぼう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ