このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
親子リンクコーデでさりげないお揃い感を演出!成功させるコツは?

親子リンクコーデでさりげないお揃い感を演出!成功させるコツは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月20日

オシャレな方の間で流行りの親子リンクコーデ。「ペアルックは恥ずかしい」という方でもリンクコーデなら取り入れやすいと人気だ。でもリンクコーデの方法がよくわからないという方も多いのではないだろうか。そこでこの記事では、親子リンクコーデをオシャレに取り入れるコツを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 流行りのリンクコーデで親子ファッション

最近オシャレな人を中心に流行っている親子リンクコーデ。リンクコーデとは、一部のアイテムだけお揃いにしたり、ブランドやカラー、素材感、柄をお揃いにしたりするなど、すべてを揃えるのではなく、一部を揃えてさりげないお揃い感を演出するコーデのことをいう。「ペアルックは恥ずかしい」という方でも、リンクコーデなら取り入れやすそうだ。

なおリンクコーデと似たものに「シミラールック」というものもある。シミラールックは雰囲気を合わせるコーデのことを指し、リンクコーデよりもさらにお揃い感がさりげない。シミラールックは上級者向けのテクニックなので、部分的にお揃いアイテムを取り入れるリンクコーデの方が、誰でも気軽に取り入れられそうだ。

2. 親子でリンクコーデを成功させるコツ

親子リンクコーデといっても、小さなベビーとのリンクコーデや子どもと性別が違う場合のリンクコーデなど「難しい」と感じることもあるかもしれない。しかしコツさえ覚えれば、リンクコーデはそう難しくはない。そこでここでは、性別や年齢関係なく誰でも気軽にできるリンクコーデのコツを紹介しよう。

親子リンクコーデにはさまざまなパターンがあり、好みに合わせて取り入れられる。例えばお揃い感を強く出したいなら、全く同じデザインのトップスを着用する、お揃いは恥ずかしいという方なら、靴や帽子など小物だけをお揃いにするという形に。

カラーや柄だけを揃えるやり方もおすすめだ。なかでもボーダーやチェック柄はコーデがしやすく多くのブランドで扱っていることから、リンクコーデに人気だ。この方法なら、お揃いのアイテムをわざわざ購入しなくても、手持ちのもので親子リンクコーデが楽しめそうだ。またベビーとのリンクコーデや、性別が違う場合のリンクコーデもこれなら気軽にできるだろう。

デニムやリネンなど素材を合わせるリンクコーデは、さりげないリンク感を楽しめる。家族みんなでリンクコーデをしたいときにぴったりだ。

3. カラーを決めて親子でリンクコーデ

親子リンクコーデのなかでも実践している方が多いのが、カラーを合わせる方法だ。さりげなくリンクさせたい場合は、親子で並んだときのバランスを考え、合わせるカラーの配分を決めよう。

例えばお父さんやお母さんのトップスが赤、子どものトップスも赤だと少しやりすぎだと感じるかもしれない。しかしお父さんお母さんは、バッグや靴など差し色のみを赤にすると、バランスよく見えるだろう。

もしも親子で同じカラーを使う面積を広くしたいなら、主張しすぎない色を使うのがおすすめだ。例えば白なら、親子で全身ホワイトコーデだとしても、しつこく感じないだろう。なお全身カラーリンクする場合、デザインは違ったものにするのがコツだ。デザインまで似たものを取り入れると、やりすぎ感が漂ってしまうので注意が必要だ。

4. 手持ちアイテムで親子リンクコーデ

アイテムをリンクさせる親子リンクコーデなら、手持ちのものだけで取り入れられそうだ。例えばお父さんがデニムシャツ、子どもはデニムのワンピース、親子でサロペットを着用する、カバンをリュックで揃える、親子でサングラスをつけるなど。全く同じものでなくても、アイテムのテイストが同じであればリンク感が演出でき、リンクの方法もいろいろあるので、親子の性別が違っても取り入れやすいだろう。

いかにもお揃い!という感じになりにくいので、お揃いは恥ずかしいという方でも抵抗なく取り入れられそうだ。

結論

親子リンクコーデは決して難しくはない。リンクの仕方はいろいろあるので、1番取り入れやすいリンクコーデの方法で挑戦してみてはいかがだろうか。親子リンクコーデをすれば、きっと子どもはお父さんやお母さんとの距離が縮まったように感じるだろう。親子リンクコーデでたくさん出かけて、家族の思い出を増やしてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ