このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビーズを子どもと一緒に楽しみたい!遊び方や作れるものを紹介

ビーズを子どもと一緒に楽しみたい!遊び方や作れるものを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月20日

ビーズ遊びといえば、女の子の遊びというイメージがある。しかし子ども用のビーズには、ヒモに通して遊ぶもののほかにもいろいろな種類が存在し、その中には男の子が楽しめるものもある。この記事ではそんなビーズ遊びで作れるものにはどんなものがあるかを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どもが喜ぶ!手作りビーズ遊びのすすめ

「ビーズ遊び」と聞くと、ヒモにパーツを通していく遊びを思い浮かべる方は多いかもしれない。しかし最近はビーズ遊びにもいろいろな種類があり、楽しみ方もさまざまだ。ビーズおもちゃの種類は主に、ヒモにパーツを通して楽しむもの、水でくっつけて形を作るアクアビーズ、アイロンでくっつけて形を作るアイロンビーズなどがある。

そしてビーズの種類によって作れるものも異なる。ヒモに通すタイプのビーズは、アクセサリー作りに。アクアビーズは好きなキャラクターを作りたいときに。アイロンビーズは工夫次第で、平面でも立体でもいろいろな形を作ることが可能。金具をつけると、アクセサリーやキーホルダーなどにも加工できそうだ。

これらのビーズは、おもちゃ屋さんだけではなく100均で手に入るものもある。子どもの作りたいものや能力に合わせて揃えてあげるとよいだろう。

2. 女の子に大人気!子どもにもできるビーズアクセサリーの作り方

女の子に人気のビーズ遊びといえば、ビーズのアクセサリー作りが定番だ。そこでここでは、子どもにもできるビーズアクセサリーの作り方を紹介しよう。
  • ネックレス
ネックレスなら、ビーズの大きさを調節すれば小さな子どもでも作ることができる。ヒモにビーズを通していくだけなので、作り方も簡単だ。
  • ハートの指輪
大きなハートのビーズと小さな白いパールビーズをテグスに通し、子どもの指のサイズに合わせて作る。結び目にボンドをつけておくと解けにくくなる。
  • 光るブレスレット
蓄光ビーズを使ってブレスレットを作ると、暗闇で光る子ども心をくすぐるアクセサリーとなる。蓄光ビーズはサイズが大きいものも多く、小さな子どもでも作りやすいだろう。
  • ビーズボールのヘアゴム
手先が器用な子どもは、テグスに小さなビーズをいくつか通して作るビーズボールを使ったヘアゴムづくりに挑戦してみてはいかがだろうか。ビーズボールの詳しい作り方は、ネット上にたくさんアップされているので参考にしてみてほしい。

3. 男の子でも楽しめる!子ども用アイロンビーズの遊び方

ヒモに通して遊ぶタイプのビーズは女の子が好む遊び方が多いが、アイロンビーズなら男の子好みのものを作ることができるので、好みや性別に関係なく楽しむことができるだろう。

アイロンビーズの基本的な遊び方は、ビーズをアイロンビーズ専用のプレートに好みの形に並べ、その上にシートをかぶせてアイロンを当て、熱で溶かしてビーズ同士をくっつけ形を固定する。できたものに金具をつけ、キーホルダーなどに加工することも可能だ。

アイロンビーズはメーカーにより、いくつかのサイズを展開しているものもある。例えば「ハマビーズ」であれば、直径1cm、0.5cm、0.25cmの3種類あり、子どもの発達や作りたいものに応じて最適なものを選ぶことができる。

アイロンビーズは、すぐに遊べるよう必要なものが全てセットになったものが販売されており、100均でも購入可能だ。セットの中に図案が入っているものも多く、子どもでも気軽に挑戦できるだろう。

アイロンビーズは図案通りに形を作って楽しむだけでなく、工夫次第でさまざまなアイテムを作ることができる。小さなパーツを作ってアクセサリーに加工したり、いくつかのパーツを組み合わせて立体的な作品も作ることもでき、創造力をかきたてられそうだ。

結論

ビーズのおもちゃは、100均など手頃な価格で手に入れられるものもたくさんある。ビーズを使うといろいろなものを作ることができ、性別年齢関係なく楽しめそうだ。おうち時間には、親子でビーズを使った創作活動を、楽しんでみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ