このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
幼稚園の水遊びを解説!アイテムや3密を避けた遊び方も紹介

幼稚園の水遊びを解説!アイテムや3密を避けた遊び方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月28日

幼稚園での水遊びは、子どもにとって大きな楽しみの1つである。しかし、具体的に幼稚園ではどのように水遊びを楽しんでいるのか、どのような準備が必要であるのか分からないという場合もあるだろう。そこで今回は、幼稚園の水遊びと必要な準備、3密を避けた幼稚園の水遊びの方法についてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 幼稚園の水遊びってどんなことをするの?

幼稚園の水遊びを子どもたちはどのように楽しんでいるのか知りたいという方もいるはずだ。そこでこちらでは、幼稚園の水遊びの内容やアイテムについてご紹介しよう。

幼稚園の水遊び

幼稚園の水遊びは、プールに入って遊ぶ場合と、水鉄砲や水に浮かべる手作りおもちゃなどで遊ぶ場合の2通りがある。プールに入って遊ぶ場合は、年齢別に水に親しむことができるような工夫がされていることが多い。

たとえば、幼稚園の年少では水に親しむことを目的とし、水鉄砲やスーパーボールすくいなどが取り入れられている。年中から年長では、水中じゃんけんやブクブクレースなど、楽しみながら顔を水につけたり、潜ったりできるような遊びがある。

アイテム

水遊びに必要な玩具などのアイテムは、幼稚園から持参の指示がない限り準備されているため、とくに準備は必要ない。

幼稚園の水遊びのときには、既製の水鉄砲やフラフープなどのほかにも先生方が手作りした玩具、園児が工作の時間に手作りした玩具などが活用されている。

手作り玩具では、マヨネーズなどの調味料の空容器を利用した水鉄砲やペットボトルを利用したシャワー、牛乳パックを利用した水中メガネなどがある。

また、水に浮かべて楽しむ発砲スチロールなどを利用した船やシャボン玉遊びも水遊びの一環として実施されている。幼稚園によっては、水鉄砲の発展遊びとして新聞紙で作った的に水を当てて遊んだり、手作りの舟に息を吹きかけてレースごっこをしたりして楽しむこともある。

2. 幼稚園で水遊びをする際はどんな格好でするの?

こちらでは、幼稚園から水遊びの連絡を受けたときに準備したい子どもの服装についてご紹介しよう。

水着

幼稚園の庭などでプールや泥遊びなどする際に、水着の準備が必要になる。幼稚園毎に指定がある場合には、指定の水着を準備していただきたい。水着に指定がなく、自由に選んでよい場合では、子どもが幼稚園で1人でもスムーズに着替えることのできるものを選ぶとよいだろう。

ボタン留めや紐を結ぶ必要性のあるデザインは、幼稚園児には難しい場合もある。そのため、シンプルなデザインを選んだり、紐を結ぶ必要のないようにゴムに入れ替えたりするなど工夫していただきたい。

帽子

プールで遊ぶ場合には水泳キャップを準備し、庭などの屋外で水遊びする場合には日差しを十分に遮ることのできる、つばつきの帽子の準備が必要になる。

ラッシュガード

屋外プールや庭に設置するビニールプールなどで遊ぶ際には、日焼け止め対策として水着の上から着用できるラッシュガードを準備しておくとよいだろう。しかし、日よけなどで対策をとる場合もあるため、ラッシュガードを準備する前に園毎に必要性の有無を確認していただきたい。

水遊び用パンツ

オムツがまだとれていない子どもの場合には、水着の下に着用する水遊び用パンツを準備しておくとよいだろう。

3. 3密を避けた幼稚園の水遊び

幼稚園の水遊び聞くとプールの水を介して新型コロナウイルス感染症に感染しないのか不安になる方も多いだろう。そこでこちらでは、3密を避けた幼稚園の水遊びについてご紹介しよう。

感染リスク

厚生労働省(※1)は、遊離残留塩素濃度が適切に管理されているプールでは、水を介した新型コロナウイルス感染症への感染リスクは低いとしている。また、低年齢児が利用する機会の多い簡易ミニプールなどについても厚生労働省(※1)は、同様の水質管理を推奨しているため過剰な心配は不要だろう。

米疾病対策センター(CDC)もプールなどの水遊び場の水を介して新型コロナウイルスが広がる証拠はないとしている。

3密を避けた水遊びの工夫

プールでの活動に厚生労働省(※1)は、プールのサイズに応じて同時に活動する子どもの人数を調整し、密集を避けることを推奨しているため、遊び方にも注意が必要になる。自治体によっては、感染予防のためにプール活動時間を短縮している場合もある。

また更衣室やシャワーなども、時間差を設けて使用したり、ほかの子どもと共有するものの清潔維持を工夫したりされている。そのため、感染予防のために幼稚園の先生の指導に沿う必要性について、家庭で子どもと話し合っておくとよいだろう。

結論

今回は、幼稚園の水遊びと必要な準備、3密を避けた幼稚園の水遊びの方法について詳しく解説したがいかがだっただろうか。
幼稚園の水遊びの内容は、園毎の方針や工夫によって異なるため、幼稚園の先生や子どもに水遊びの内容を聞きながら、自宅で楽しんでみてもよいだろう。ぜひこちらの内容を参考に感染症予防にも配慮しながら、子どもが存分に幼稚園で水遊びを楽しむことができるようにサポートしていただきたい。
(参考文献)
(※1):厚生労働省 子ども家庭局保育課「保育所等における新型コロナウイルスへの対応にかかる Q&A について(第五報)(令和2年5月 29日現在)」(p9)
https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/000635228.pdf
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ