このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
親子キャンプはいつからOK?場所選びのコツや簡単キャンプ飯も紹介

親子キャンプはいつからOK?場所選びのコツや簡単キャンプ飯も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 8日

アウトドア好きのお父さんやお母さんの中には、赤ちゃんが生まれると「早く親子でキャンプがしたい!」と待ち遠しく思う方は多いのではないだろうか。しかし大人だけのキャンプと違い、親子キャンプデビューはいつがよいのか?場所はどこがよいのか?など疑問は尽きない。そこでこの記事では、親子キャンプの楽しみ方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 親子キャンプデビューのタイミングは?

キャンプは子どもの成長によい影響を与えるといわれている。そのためキャンプが好きな方はもちろん、普段あまりキャンプをしない方でも、「親子キャンプがしたい!」と思っている方は多いのではないだろうか。

親子でキャンプをする際まず気になるのが、親子キャンプデビューのタイミングだろう。通常キャンプ場には年齢制限はない。実際に1歳未満で親子キャンプデビューをする方もいるようだ。

赤ちゃんとキャンプに行くということは、赤ちゃんのお世話をしつつキャンプをすることになる。また赤ちゃん連れのキャンプは、授乳道具や着替え、おむつなど持参する荷物は増えるし、赤ちゃんが急に体調を崩したときの対応も気になるところだ。

ただテントではなくコテージなどを利用したキャンプであれば、ホテルでの宿泊とそれほど差はないかもしれない。赤ちゃんの状態とお父さんお母さんのキャンプ経験値、キャンプ場の環境などを加味し、無理のない時期に親子キャンプデビューをするとよいだろう。

結局のところ親子キャンプデビューにはいつからという決まりは特にない。しかし子どもも一緒に楽しめる時期と考えると、歩けるようになり外遊びを楽しめるようになる1歳半すぎが親子キャンプデビューにおすすめだ。

2. 親子で楽しめるキャンプ場選びのコツ

せっかくの親子キャンプ、目一杯楽しみよい思い出を作りたいものだ。親子キャンプを楽しむためには、キャンプ場選びが大切だ。

キャンプ場の種類

キャンプ場と一口にいっても、いろいろなタイプがある。子どもの年齢やキャンプの経験値などにより最適なタイプは異なるので、まずはそれぞれの特徴を見ていこう。
  • オートキャンプ場
車をテントサイトの隣に停められるキャンプ場を、「オートキャンプ場」と呼ぶ。荷物の搬入がラクなのが魅力だ。
  • 区画サイト・フリーサイト
キャンプ場はテントを張る区画が決められている区画サイトと、決められていないフリーサイトがある。
  • グランピング
はっきりとした定義は決められていないが、一般的には常設のテントがあり、外には食事用のテーブル、テント内には寝具や家具などの設備が整っているものをグランピングと呼ぶ。施設により食事も全て提供されることも。サービスは施設ごとに異なるが、基本的に手ぶらでキャンプを楽しめる。
  • コテージ・バンガロー
施設により設備やサービスは異なるが、中にはエアコンが完備されており別荘のように快適に過ごせるところもある。

親子キャンプにおすすめのキャンプ場

子どもが小さい場合やお父さんお母さんがキャンプに不慣れな場合は、コテージやグランピングなどの利用がおすすめだ。自然を満喫しアウトドア体験を楽しめるが、家にいるのと同じような設備が整っているのでハードルは低くなるだろう。

また最近は、テント泊でも用具を全て貸してくれるところや、電源などの設備が整っているところもある。そういったキャンプ場を選ぶのもおすすめだ。なおオートキャンプ場なら車にさまざまな設備を用意しておけるので、あまり設備が整っていないキャンプ場でも安心だ。すべて自分たちでなんとかしようと考えず、苦手なことは設備などで補い、無理のない範囲で楽しもう。

キャンプ場で子どもと一緒にどんなことをしたいのかも考えておこう。子どもが遊べるアクティビティが周辺にあると、より楽しめるだろう。子どもは急に体調を崩したり予期せぬケガをしたりすることも多い。病院が近くにあるキャンプ場ならより安心だ。子どもの年齢や移動手段なども考慮し、最適な場所を選ぶとよいだろう。

3. 親子で挑戦!簡単おいしいキャンプ飯

親子キャンプの醍醐味の一つが、親子で協力して作るキャンプ飯。ここでは子どもが喜んで手伝ってくれそうな、簡単でおいしいキャンプ飯を紹介しよう。

カレー

作り慣れているカレーなら、慣れない野外でも失敗せずに作れるだろう。子どもも手順がわかりやすく、お手伝いがしやすいかもしれない。ご飯をメスティンで炊くとさらにキャンプ気分が盛り上がる。屋外で作って食べるカレーは、おうちで食べるカレーよりもおいしく感じるだろう。

ホットサンド

キャンプの朝ごはんに人気のホットサンド。今話題のバウルーというホットサンドメーカーを利用して作るのもおすすめだ。夜に作ったカレーをリメイクすると簡単に食べ応えのあるホットサンドができあがる。子どもの柔軟な発想で中にはさむ具を考案してもらうのもおすすめだ。なおバウルーを使うと、焼きおにぎらずも簡単にできる。

棒焼きパン

パン生地を棒に巻きつけたき火で焼いたキャンプならではのパンだ。棒にかぶりつくというワイルドな食べ方ができ、子どもはきっとわくわくするだろう。パン生地をこねたり棒に巻きつけたりする作業も楽しみながらできそうだ。

結論

親子キャンプは子どもの成長によい影響を与えるとともに、家族の絆も深めてくれそうだ。キャンプと聞くと、アウトドア慣れしていない方は「難しそう」と感じるかもしれないが、それぞれのレベルに合わせた場所を選べば、無理せず楽しむことができそうだ。家族の思い出作りに親子キャンプに挑戦してみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ