このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャンプならではの遊びって?子どもも楽しめる遊びを紹介!

キャンプならではの遊びって?子どもも楽しめる遊びを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月11日

この夏「親子キャンプデビューをしたい!」という方もいるのではないだろうか。せっかく子どもとキャンプに行くのだから、子どもには思いっきり楽しんでほしいものだ。でもキャンプ場によってはアクティビティが少なく、子どもが飽きてしまうことも考えられる。そこでこの記事では、子どもが楽しめるキャンプ遊びを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. メリットがたくさん!キャンプ遊びが子どもに与える効果とは?

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏は、(※1)「子どもの能力を伸ばすには、早期教育よりも家族でキャンプに行く方が効果的だ」と語っている。

土や木の感触を味わう、火をおこす、生き物に触れるなど、自然の中で五感をフル活用して行う「原体験」。これは学力の基礎ともなる子どもの感性や探究心を養い、人格形成にもよい影響を与えるとされている。キャンプをしたり自然の中での遊びを楽しんだりすることで、この原体験をたくさん積むことができるのだ。

そして自然の中で行うキャンプや遊びには、予想外のできごとがつきもの。トラブルに見舞われることもあるだろう。そんなとき、大人とともに一つ一つ問題を解決することで、問題解決能力や危険回避能力などが育まれると期待される。

またキャンプでは、テントをはったり食事を作ったりとやらなければならない作業がたくさんある。これらを家族で協力して行うことで、家族の絆が深まり子どもの協調性も養われるだろう。家族だけではなくほかの家族などとグループでキャンプに行ったり遊んだりすることで、コミュニケーション能力の向上も期待できる。

2. 道具は何が必要?大人も子どもも楽しめるキャンプ遊び

せっかくキャンプに行ったのだから、子どもとたっぷり遊び絆を深めるのもおすすめだ。ここではキャンプだからこそ楽しめる、遊び道具やグッズをいくつか紹介しよう。

スラックライン

最近メディアなどでもよく取り上げられているスラックライン。これは綱渡りの要領でラインの上を歩いたり、技を行ったりする遊びだ。スラックラインは木などに巻きつけて設置しなければならず、森の中でのキャンプにぴったりだ。

フリスビー

フリスビーは広い場所がないとなかなか楽しめない。広い敷地を有するキャンプ場であれば、思いっきり満喫できそうだ。

植物探し

自然豊かなキャンプ場では、普段出会わないような植物たちとたくさん出会える。そんな植物を親子で発見してみてはいかがだろうか。なお「PlantSnap」というスマホアプリは、植物にカメラを向けるだけでその植物の名前を教えてくれる。こうしたアプリを使うと、さらに盛り上がるだろう。

アイスクリームメーカー

ボール遊びを楽しんでいるうちにアイスクリームが完成する、すごいアイスクリームメーカーがあるのをご存知だろうか。その名も「アイスクリームボール」。ボールの中に在露湯をセットし、あとはひたすらボールを転がし続けるだけでアイスクリームが完成する。

ボードゲームやカードゲーム

キャンプでは時間がたっぷりある。外で遊び疲れたら、テントの中で家族でゆっくりアナログなゲームを楽しむのもおすすめだ。普段動画やゲームに没頭しがちな子どもには、かえって新鮮に感じるのではないだろうか。

3. 夜こそキャンプ遊びの醍醐味!おすすめの夜遊び

キャンプの醍醐味といえば、やはり夜だろう。この日ばかりは親子で夜更かしを楽しむのもいいかもしれない。そんなキャンプの夜を一層楽しいものにしてくれる遊びを紹介しよう。

天体観測

キャンプ場といえば、キレイな星空も魅力だ。ただ眺めるだけではなく親子で天体観測を楽しんでみてはいかがだろうか。天体望遠鏡を持参して本格的に行うのもよし、裸眼でお目当ての星や星座を探すのもよし。この遊びは子どもの知的好奇心も刺激してくれそうだ。

アウトドアシアター

プロジェクターとスクリーンになるものを持参すると、大自然の中で映画を楽しめる。焚き火を囲み、ポップコーンを作ったりマシュマロを焼いたりしながら鑑賞するのもおすすめだ。

影絵遊び

テントの中に切り抜いた絵などを貼ってライトを灯して外から見ると、テントに影が浮かび上がる。影を見て何の形かを当てる遊びも楽しそうだ。

結論

キャンプは家族の思い出づくりに役立つだけではなく、子どもの成長にもよい影響を与えるようだ。この夏の思い出づくりに、キャンプの計画を立ててみてはいかがだろうか。キャンプに行った際は、アウトドアならではの遊びを子どもと一緒に楽しむのもよい。キャンプの楽しさをたくさん共有することで、子どもとの絆を一層深めるきっかけにもなるかもしれない。
(参考文献)
※1:コールマンジャパン株式会社「尾木ママが語る、家族キャンプの"すごい力"」
https://www.coleman.co.jp/features/familycamp/ogimama.html
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ