このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
幼稚園のランチマットの選び方を解説!おすすめ素材と作り方も紹介

幼稚園のランチマットの選び方を解説!おすすめ素材と作り方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 9日

多くの幼稚園では、昼食を食べるときにテーブルや机が汚れてしまうことを防ぐためにランチマットを準備する。しかし、ランチマットは種類や素材、サイズも豊富にあるため、どのように選ぶべきか悩む方もいるだろう。そこで今回は幼稚園で使用するランチマットの選び方のポイントや手作り方法、おすすめのタイプについてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 幼稚園のランチマットはどのような物を選べばよい?

こちらでは幼稚園で使用するランチマットの選び方のポイントを早速ご紹介しよう。

サイズ

幼稚園で使用するランチマットは、子どもが食事のときに使用するテーブルや机の大きさに適切なサイズのものが望ましい。サイズが大きすぎるとランチマットに手や身体をひっかけてこぼしてしまう原因になったり、不恰好になったりする。

一方で、ランチマットのサイズが小さすぎると、幼稚園のテーブルや机の汚れを十分に防ぐことができない。そのため、幼稚園によってはランチマットの大きさが指定されている場合もある。購入したり手作りしたりする前にサイズを必ず確認していただきたい。

現在は、ランチマットでも円形のものや植物をかたどったものなどさまざまな形状のものが販売されている。その中でも幼稚園で使用することの多いランチマットは、横長の長方形タイプやお弁当包みとしても使用できる正方形のものが多い。

幼稚園から指定のない場合でも、ランチマットの取扱いや使い勝手を加味し、子どもにとって実用的な形状のものを選んでいただきたい。

素材

ランチマットは、既製品であれば布、木、紙、ビニールなどさまざまな素材のものが販売されている。子どもが幼稚園で使用するランチマットは、手入れのしやすさや使い勝手を加味して布製やビニール製のものが多い。布製のものであれば、汚れや水分を素早く吸収することができるし、ビニール製のものなら撥水性が高いため手入れが簡単であるためだ。幼稚園によっては、ランチマットの素材についても指定がある場合があるため、よく確認してほしい。

手入れのしやすさ

子どもが食事をするときは、とにかく汚れやすい。そのため、ランチマットは洗濯や清拭などで簡単に汚れを落とすことができ、清潔を維持できるものを選ぶことをおすすめしたい。

2. 安くて簡単 幼稚園のランチマットの作り方

幼稚園によっては、幼稚園のテーブルや机の大きさに応じたサイズの手作りのランチマットを使用する指定がある場合もある。そんなときのために、100均で安価に手に入る素材で簡単にランチマットを作る方法を覚えておくとよいだろう。

早速、下記にご紹介するのでぜひ参考にしていただきたい。

材料

  • 好みの柄の手ぬぐい 1枚
  • 好みの色の糸

必要道具

  • ミシンまたは裁縫用の針
  • 待ち針または裁縫用クリップ
  • はさみ
  • アイロン

作り方

  • 手ぬぐいを好みの大きさ、または幼稚園の指定の大きさの2倍に縫い代を加えた幅で裁断する
  • 手ぬぐいを中表にして半分に折る
  • アイロンを当てて形を整える
  • 軸の短い辺をミシンまたは手縫いで外側から8mmの位置に添って縫う
  • 軸の長い辺の一方をすべて縫う
  • 軸の長い辺のもう一方を5cmほど残して縫う
  • 5cmほどの穴から生地の表を引き出して形を整える
  • 5cmほどの穴の部分を縫う
  • 角を整えてからアイロンを当てる
購入したままの手ぬぐいの生地が硬く、扱いにくい場合には、ランチマットを作る前に一度水通しをしておくとよいだろう。また、完成したときには針などを使ってランチマットの角をしっかりと出して整えると、見栄えもよりキレイに仕上げることができる。

3. お手入れ楽々 幼稚園のおすすめのランチマット

幼稚園児は食事中にこぼしてしまうこともよくあるため、ランチマットは汚れやすい。そのため、ランチマットは手入れが楽な素材を選ぶのもおすすめだ。

手入れが簡単な素材

ランチマットの素材には、布、木、紙などさまざまなものがあるが、幼稚園でも使用でき、手入れが簡単な撥水機能のあるランチマットの素材は、ビニール製のものである。ビニール製であれば、汚れをふき取ったり水洗いしたりできるため、簡単に清潔を維持することができる。

購入先

手入れが簡単で幼稚園でも使用できるビニール製のランチマットは、100均、インテリアショップ、子ども用品店、インターネットショッピングなどで購入することができる。

結論

今回は幼稚園で使用するランチマットの選び方のポイントや手作り方法、おすすめの素材について詳しくご紹介したがいかがだっただろか。

子ども好みの柄やキャラクターを用いたランチマットを選べば、子どもの食事への意欲も高めることができるだろう。ぜひ、こちらの内容を参考に子どもの意見を取り入れながら実用的なランチマットを選んでいただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ