このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エレクトーン教室のメリットって?【あの有名ミュージシャンも推奨】

エレクトーン教室のメリットって?【あの有名ミュージシャンも推奨】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月15日

「子どもに何か楽器を習わせたい」と考えるお父さんお母さんのなかには、まずは大手音楽教室への入会を考える方も多いだろう。そのとき、ピアノとエレクトーンのどちらがよいのか迷う方もいるのではないだろうか。そこでこの記事ではエレクトーン教室にスポットを当て、メリットなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 音楽教室に通わせるならピアノ?エレクトーン?

子どもに楽器を習わせる際、まず鍵盤楽器を選ぶ方は多いのではないだろうか。鍵盤楽器はほかの楽器と比べると、小さい子どもでも簡単に音を鳴らすことができるところがメリットだ。また正しい音の出し方を子どもに示しやすいところも、気軽に始めやすいポイントだろう。

鍵盤楽器は一度に多くの音を出すことができ、1人で演奏してもオーケストラの合奏のような響きを実現できるところが魅力の一つだ。自分の好きな曲を再現しやすい鍵盤楽器は、ほかの楽器に比べて子どもが楽しいと感じやすいかもしれない。

鍵盤楽器には、ピアノとエレクトーンやキーボードなどの電子楽器があるが、電子楽器の方がより多くの音を出すことができる。たとえばエレクトーンであれば、鍵盤が上下に分かれているだけでなく足元でも音を鳴らすことができ、いろいろな音色を一度に鳴らすことが可能だ。また鍵盤がピアノよりも軽いため、小さい子がより扱いやすいだろう。

なお、幼児期から通える音楽教室は、ただ鍵盤の弾き方だけを学ぶのではなく、リトミックなどの要素やグループレッスンを取り入れているところも多い。ヤマハ音楽教室のように、エレクトーンとピアノ、どちらのコースもそなえているところもある。子どもの年齢や性格、用途などに合わせて最適な教室を選ぶとよいだろう。

2. 習い事にエレクトーン教室を選ぶメリットとは?

YMOの一員として有名な細野晴臣さんは、人気歌手の星野源さんとの対談(※1)の中で、子どもに習わせた方がよい楽器としてエレクトーンを挙げている。細野さんは対談(※1)の中で、「日本の天才ピアニストには、小さい頃にエレクトーン教室に通っていた人が多い」と述べている。ではエレクトーン教室に通わせるメリットはどういった点なのだろうか。

鍵盤が軽い

力のない小さな子どもには、ピアノの鍵盤は重くて扱いにくいと感じることも。しかしエレクトーンであれば力がなくても簡単に音を出すことができるだろう。

いろいろな音色を楽しめる

ピアノもエレクトーンも和音を奏でられる点は同じだが、エレクトーンは打楽器や弦楽器など、さまざまな音色を楽しめる点がピアノにはない魅力だ。これにより工夫次第で多彩な演奏が可能となる。

子どもの好きな曲で練習できる

エレクトーン教室で弾く曲は、アニメソングやJPOPなど子どもが親しみやすいものが多く、楽しく練習できるだろう。

3. エレクトーンの演奏や教室は何歳からOK?

ではエレクトーン教室は何歳から始められるのだろうか?大手音楽教室を見てみると、教室自体のコースは1歳から参加できるものもあるが、実際に鍵盤を弾くのは3歳からが多い。

音階やリズムの仕組みなどを理解し始めるのは4歳くらいからだといわれている。なお楽譜を読めるようになるためには、文字を読めることが必須だ。演奏の上達が見込めるのは6歳くらいからのことが多いという。

音感やリズム感を養うという意味では早く始めた方がよいかもしれないが、エレクトーンの上達には、小学生から始めてもとくに問題ないといわれている。子どもの発達の状況や興味などを考慮し、最適な時期に始めると負担にならずに楽しく続けられそうだ。

エレクトーン教室を長く続けるには、親の子どもへのアプローチの仕方も重要なポイントだ。
  • 無理強いせず子どもの気持ちに寄り添う。
  • 子どもが「楽しい」と感じられるよう頑張りを認め、親も一緒に楽しむ。
  • 子どもに目標を持たせる。
などに注意し、親子でエレクトーンを楽しんでみてほしい。

4. エレクトーン教室と個人レッスンの違いは?

エレクトーン教室にはさまざまな形態があり、教室の規模もさまざま。それぞれの特徴をおさえ、子どもに合う教室を選ぼう。

エレクトーン教室は、大きく分けてヤマハなど大手楽器店が経営する教室と、個人で経営している教室があり、レッスン形態は個人レッスンとグループレッスンがある。

大手エレクトーン教室は、未就学の間はグループレッスン、小学生になってから個人レッスンとなることが多い。

メリットには
  • いろいろなところに教室を構えているため、家の近くの教室を見つけやすい。
  • 金額やカリキュラムなどがわかりやすい。
  • どの教室でも均一なサービスが受けられる。
  • 教材の質が高い。
  • 時間などの融通がききにくい。
などがあるだろう。

一方で
  • 料金が少々高め。
  • 子どもに合わせたレッスンを受けられないことがある。
などのデメリットも考えられる。

一方で個人のエレクトーン教室の場合、多くの教室が最初から個人レッスンを行なっている。

メリットには
  • 子どもに合わせたレッスンを受けられる可能性が高い。
  • 教室によってはリーズナブル。
  • 時間の融通がききやすい。
などがある。

一方で
  • 知り合いのつてなどがないと教室を探しにくい。
  • 発表会がない場合もある。
  • カリキュラムや月謝などが事前にわかりにくい。
  • 先生による質の差が大きい。
などのデメリットもあるだろう。

気になる月謝だが、個人レッスンよりもグループレッスンの方がリーズナブルな場合が多い。個人レッスンの月謝の相場は6,000円~1万円前後だが、グループレッスンの月謝の相場は3,000円〜8,000円前後だ。

結論

エレクトーンにはほかの楽器にはない魅力があり、子どもが楽しめる要素も多そうだ。楽器にあまり興味のない子どもでも、エレクトーンなら興味をひかれるかもしれない。子どもに何か楽器を習わせたいと考えている方は、選択肢の一つにエレクトーン教室も加えてみてはいかがだろうか。
(参考文献)
※1:株式会社文藝春秋「細野晴臣と星野源が提案する子どもたちに習わせたい楽器とは?」
https://crea.bunshun.jp/articles/-/7769?page=3
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ