このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ボウリングを子どもと楽しみたい!何歳からできる?楽しむコツは?

ボウリングを子どもと楽しみたい!何歳からできる?楽しむコツは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月18日

ボウリングは年齢性別関係なく、幅広い方が楽しめるスポーツの一つだ。お父さんお母さんの中には、「子どもと楽しみたい!」と考えている方もいるのではないだろうか。では子どもとボウリングは何歳から楽しめるのだろうか?また子どもとボウリングを楽しむためにはどんな設備が必要なのだろか。子どもとボウリングデビューする際のポイントを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どもは何歳からボウリングができる?

ボウリングのルールはわかりやすいので、子連れでも楽しめそうだ。では実際には何歳からボウリング場でボウリングを楽しめるのだろうか。

これは連れて行くボウリング場にもよる。ガーターなしのレーンやキッズ用の軽いボール、ボールを転がす補助台などが用意されている場合、未就学の子どもでも楽しめそうだ。

ボウリング場では専用のシューズを履く必要があり、このサイズは多くの場合16cmから用意されている。16cmというと年齢でいうと3〜4歳ほどなので、この年齢がボウリング場デビューの目安となるだろう。

なお実際のボウリング場デビューの年齢は、株式会社UP TO DATEが行ったアンケート(※1)によると5歳と答えた方が多かったそうだ。

近隣のボウリング場の設備や子どもの発達の様子などを考慮し、ボウリングを始めるのにぴったりな年齢を見極めよう。

2. ボウリング場は子どもがボウリングを楽しめる工夫がいっぱい

前述の通り、ボウリング場には子どもが楽しめるような工夫がされていることが多い。子どもとボウリング場を訪れる際は、以下のような設備が用意されているかを確認するとよいだろう。

子ども用のシューズ

ボウリング場では専用のシューズを履く必要がある。子ども用のシューズが用意されていることをまずは確認しよう。

投球補助台

小さい子どもは、力が弱くボウリングのボールを転がすだけでも一苦労だ。そんな子どもを助けてくれるのが投球補助台だ。これは滑り台のような形をしており、ボールをセットして台から滑らせるだけで、ボールをまっすぐに転がすことができる。

バンパーレーン

子どもは、ボウリングのボールをなかなかまっすぐに転がすことができない。そのためすぐにガーターとなってしまうだろう。しかしバンパーレーンならレーンの両端にガードが出てきてガーターになるのを防いでくれる。なおバンパーを投球者によって出したり引っ込めたりできるオートレーンなら、大人もより楽しむことができそうだ。

キッズ用のボール

キッズ用に軽量で指の穴が5つ空いているボールが用意されていることも。これなら力のない小さな子どもも安全に楽しめそうだ。

3. 子どもにボウリングの投げ方を教えるコツ

子どもとボウリングを楽しむ前に、まずはボウリング場での基本的なルールを確認しておこう。
  • ファールラインから中には入らないこと
  • ボールは転がすこと
  • 人のボールは使わず自分のボールを使うこと
の3つは最低限確認しておきたい。

ボールを転がすことに慣れてきたら、少しずつ正しい転がし方をレクチャーしよう。あまり細かいことを言いすぎると子どもが楽しめない恐れもあるため、以下の4つのポイントをまずは伝えてみよう。
  • ボールを持つときはお腹と胸の間にかまえる
  • 助走は長くなりすぎないよう、4歩を目安に
  • ボールを離すときは手が握手の形になるよう意識する
  • ピンではなく、床に描かれたスパットの右から2番目を狙う。(左利きの場合は左から2番目)

4. ボウリング場の子どもが入場できる時間に注意

ボウリング場は、保護者同伴であっても子どもが入場できる時間に制限がある場合があるため注意が必要だ。なお、この時間は自治体と施設の設備などにより異なるので、お目当てのボウリング場に直接確認しておくと安心だ。

ボウリング場でUFOキャッチャーやゲーム機が置いていない場合、スポーツ施設となり、ゲーム機などが置いている場合は遊戯施設となるので、それぞれ自治体の条例で定められている入場できる時間が異なる。

たとえば千葉県にある「西船ボウル」の場合はスポーツ施設にあたり、中学生以下の子どもだけでの利用の場合は18時まで、保護者同伴の場合はとくに時間の制限はない。

ラウンドワンの場合は、保護者同伴でも入場時間に制限がある。時間は店舗によって異なるので確認が必要だ。ちなみに東京都は16歳未満のみでの入場の場合は18時まで、保護者同伴の場合は22時までとなっている。

結論

最近のボウリング場は、小さな子どもでも楽しめるよう工夫されていることが多い。またボウリングはボールを転がしてピンを倒すだけとルールがわかりやすいところも子どもが取り組みやすいポイントだ。ボウリング場でのルールをしっかり確認し、家族で楽しんでみてはいかがだろうか。
(参考文献)
※1:株式会社UP TO DATE「子どもとボウリングができるのは何歳から?楽しむコツと注意点」
https://xn--n8jub4bvbx433bg1ree1b.com/archives/47115
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ