このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
幼稚園児でも簡単に実践できる収納方法を解説!コツとDIYも紹介

幼稚園児でも簡単に実践できる収納方法を解説!コツとDIYも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月12日

幼稚園児になると幼稚園に関連する道具や制服をはじめ、玩具や学習道具などで一段と子どもの所有物が増えるため、収納に悩む方も多いだろう。そこで今回は、子どもでも簡単に整理整頓しながら片づけできる収納アイテムの選び方、収納方法について詳しくご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 幼稚園児のおすすめの収納アイテムの選び方

こちらでは、まず幼稚園児の荷物を収納するおすすめアイテムや置き場所、メリットについてご紹介しよう。

おすすめ収納アイテム

幼稚園児の子どもの収納でおすすめのアイテムは、子ども自身でも手が届き、収納物を入れ出ししやすいカラーボックスである。

最近では、カラーボックスもさまざまなサイズや棚の位置を簡単に変えやすい構造が採用されているものも多く、カラーもバリエーションが増えている。

使い勝手がよく、価格もリーズナブルなものが増えているため、収納する物ごとに使い分けたり、組み合わせたりしてカスタマイズすることができる。
収納するものによっては、かけたりつるしたりする方が使い勝手もよい場合があるため、100円ショップでも手に入る突っ張り棒やSカンを組み合わせるのもおすすめだ。

収納アイテムの置き場所

幼稚園の子どもの収納アイテムの置き場は、収納するものに応じて決めたり、子どもと相談して使い勝手のよい場所に置くのがおすすめだ。

子どもの提案を取り入れながら位置を決めると、定位置への片付けも習慣付けることへのきっかけにもなるだろう。

収納アイテムのメリット

幼稚園の子どものものを収納するために、アイテムを使用する大きなメリットとしては、毎日の準備や片付けの時間を短縮することができる点になる。

さらに、収納アイテムを使用すると整理整頓して収納できるため、すっきりとした部屋の印象を作ることができる。

また、子どもだけでなく大人も収納されているものが分かりやすくなるため、誰でも必要なものを使用することができ、家族の協力も得やすくなることもあげられる。

収納アイテムの選び方

幼稚園の子どものものを収納するためのアイテムを選ぶときには、棚の位置を簡単に変えることができ、ボックスなども併用できるものを選ぶのがおすすめだ。

細やかな調整が可能な収納アイテムであれば、使用するものが増えたり、季節ごとに必要なものが変わったりしても、キレイに収納することができるだろう。

また、色は子ども好みのものを選んでもよいが、黒、白、ナチュラルなどベーシックカラーを選択すると部屋にも合わせやすく、統一感を得ることができる。

2. DIYから始める幼稚園児の楽々収納法

こちらでは、幼稚園児の物を簡単に収納できる自分で作る収納アイテムについて作り方と併せてご紹介しよう。

スノコを活用

カラーボックスとは違ったカスタマイズや、味のあるインテリアとして収納アイテムを仕上げたい場合におすすめなのがスノコを活用する方法である。

スノコはホームセンターなどでも手軽に手に入れることができ、色付けや組み合わせも特別な道具が無くても簡単にできる。

好みの大きさの木箱とスノコを組み合わせて固定すると、簡単に幼稚園児が使用しやすいオープンラックを作ることが可能だ。

オープンラックなので幼稚園児の子どもも簡単に、定位置に投げ込み式で収納することができるのがメリットおすすめポイントになる。

透明収納ケースを活用

幼稚園児の小物を収納するアイテムとして、必要な分を重ねて組み立てることのできる100円ショップの収納棚を活用するのもおすすめだ。

半透明のため、背板を折り紙や色紙などで色分けすると一目で片付けるべき定位置を理解しやすくなるだろう。

3. 幼稚園から学ぶおすすめ収納術

こちらでは、幼稚園児でも自分で収納できる収納方法についてご紹介しよう。

投げ込み式を取り入れる

幼稚園で使う通園バッグやサブバッグなどは、大人であればフックにかけて収納する方がスッキリとする印象だが、実は子どもにとってはフックにかける作業は難しい。

収納する際に子どもにとって難しい動作があると、定位置に収納することができなくなることが多い。そのため、バッグ類は幼稚園で実践されている収納を真似、簡単に棚に投げ込み式で収納できるように工夫するとよいだろう。

分かりやすくラベリングする

大人は、収納アイテムの中に何をどの位置に収納しているのか、簡単に覚えることができるが、子どもは忘れてしまいがちである。

そのため、後に必要なものを探すのに時間がかかったり、何をどこに収納すべきか分からなくなってしまったりする。

このような事態を防ぐためにも、収納アイテムを使用して収納するときには、幼稚園の様に一見して何が収納されているのか分かるようにラべリングするのがおすすめだ。
幼稚園児では文字が読めるようになってくるが、できる限り分かりやすく収納物を示す絵でラべリングすると継続して収納できるようになるだろう。

結論

今回は、幼稚園の子どもでも簡単に整理整頓しながら片づけを行える収納アイテムの選び方、収納方法について詳しく解説したがいかがだっただろうか。

キレイな収納を継続するためには、幼稚園児でも実践しやすい収納方法を取り入れることがポイントになる。ぜひ、こちらの内容を参考にそれぞれの子どもに最適な収納方法を採用していただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ