このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
幼稚園で使う水着の選び方を解説!注意点と正しい手入れ方法も紹介

幼稚園で使う水着の選び方を解説!注意点と正しい手入れ方法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 5日

幼稚園によっては、水遊びやプール遊び、水泳のレッスンが計画されるため、水着の準備が必要になる。しかし、小学校のように指定の水着がある幼稚園だけではないため、選び方に悩む方もいるだろう。そこで今回は、幼稚園で使用する水着の選び方とその注意点、水着を長持ちさせるための手入れの仕方についてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 幼稚園の水着はどのように選べばよい?

こちらでは、幼稚園児が使用する水着の種類と選び方のポイントについてご紹介しよう。

トランクスタイプ

幼稚園児の男の子の代表的な水着である。ゆったりとしたトランクスタイプは、着脱が簡単であるため水遊びの際に最適なタイプといえるだろう。

スパッツタイプ

競泳選手が使用するような身体に密着するタイプの水着である。このタイプは、水中でもスムーズに身体を動かすことができるため、幼稚園のプールで本格的な水泳を学ぶ際におすすめだ。

ワンピースタイプ

お腹がしっかりと隠れるタイプの水着である。こちらも身体への密着性が高くスムーズな動きができるため、プールで本格的な水泳を学ぶときにおすすめだ。また、日差しを避けたり、万が一のけがを防いだりすることもできるため、環境に応じて選ぶのもよいだろう。

セパレートタイプ

ビキニのように上下が別々になっているタイプの水着である。トイレの際に着脱が簡単であるため、トイレトレーニング完了後間もない子どもにおすすめだ。

2. 幼稚園児の水着を選ぶ際に注意することは?

こちらでは、幼稚園児の水着を選ぶ際の注意点について解説しよう。

男の子

幼稚園児にとっては、水着の腰部分の紐をスムーズかつ適切に結ぶことが難しい場合も多い。そのため、男の子の水着を選ぶ際にはゴムが通っているものを選ぶとよいだろう。

サイズが大きい場合には、幼稚園で使用する前に家庭にてゴムを短くするなど、サイズを調整して使用するとよいだろう。また、紐を結ぶだけの構造であるときには、子どもにとって適切なサイズのゴムに入れ換えることをおすすめしたい。

女の子

幼稚園で使用する女の子の水着は、前述の通りワンピースタイプとセパレートタイプがある。肌の露出が多い場合には、身体を冷やしてしまったり、日焼けしてしまったりする場合もあるため、使用環境を確認してから選んでいただきたい。また、女の子の水着にはフリルなどの装飾が凝ったデザインもあるが、水着をひっかけてしまったり、水を含むと重く感じたりする場合もあるため、注意してほしい。

適切なサイズを選ぶ

子どもの水着は、翌年を見越して大きめのものを選ぶと、水を含んだとき重く感じるため身体の動きを妨げる原因になってしまう。そのため、水着はできる限り子どもにとって適切なサイズのものを選んでいただきたい。

着替えやすいものを選ぶ

幼稚園では、着替えを1人でするように促されるため、子ども自身でスムーズに着替えられるものを選ぶことが大切になる。そのため、できる限り適切なサイズで、シンプルな構造のものを選ぶとよいだろう。

幼稚園からの指定のものを選ぶ

幼稚園によっては、水着の色やタイプについて指定がある場合もある。そのため、幼稚園で使用する予定の水着を購入するときには、購入前に指定の有無について確認することをおすすめしたい。

3. 幼稚園児の水着の手入れの仕方

こちらでは、幼稚園児の水着の洗濯方法や水着を長持ちさせるための手入れの仕方のポイントについてご紹介しよう。水着は製品ごとに取扱い方が異なるため、幼稚園児の水着もそれぞれの表示に従って手入れしていただきたい。

洗剤の種類

水着の洗濯は、汚れが少ない場合は水洗いと部分洗いでも十分である。幼稚園で使用した後の汚れが目立つときには、中性洗剤やおしゃれ着用の洗剤を使用するとよいだろう。

洗濯方法

水着の理想の選択方法は手洗いであるが、手間がかかるという欠点がある。洗濯機を使用する場合には、できる限り水着だけで洗濯し、洗濯ネットなどを使用して保護してほしい。
また、デリケートな衣類を洗濯するコースや手洗いコースを使い短時間で優しく洗うことをおすすめしたい。

脱水が強すぎると水着を型崩れさせたり、生地を傷めたりする原因になるため、できる限り洗濯後は、柔らかく厚みのあるタオルで優しく押して水分を取り除いてほしい。

干し方

水着を干すときには、形を整えた後に色あせを防ぐために裏返しにして風通しのよい日陰に干すとよい。女の子の水着は肩紐をハンガーにかけて干すと肩紐が伸びてしまう可能性があるため、タオルを干すように半分に折って干していただきたい。

結論

今回は、幼稚園で使用する水着の選び方とその注意点、水着を長持ちさせるための手入れの仕方について詳しく解説したがいかがだっただろうか。

水が苦手な子どもでも、好みのキャラクターやデザインの水着であれば喜んで着て遊べることもあるため、子どもの希望を取り入れながらこちらの内容を参考に選んでほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ