このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
幼稚園の体操服と便利な体操服入れの選び方のポイントを解説!

幼稚園の体操服と便利な体操服入れの選び方のポイントを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 3日

幼稚園に入園すると制服と合わせて必要になるのが体操服である。しかし、はじめて選ぶ場合には、サイズ選びや準備する枚数、購入場所について悩む方も多いだろう。また、体操服入れの準備の仕方も迷う場合があるはずだ。そこで今回は、幼稚園の体操服や体操服入れ選びに失敗しないためのコツや注意点、体操服入れの簡単な作り方についてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 幼稚園児の体操服はどこで買えばよい?

幼稚園で使用する体操服をはじめて準備するときには、購入先や準備すべき枚数について悩む方もいるだろう。また、指導者に子どもの名前を理解してもらうための、体操服につける名前やゼッケンを依頼するときにはどうすべきか分からないという場合もあるはずだ。

そこでこちらでは、幼稚園で使用する体操服の準備方法について詳しくご紹介しよう。

購入場所

幼稚園で使用する体操服は、幼稚園の施設毎の方針や規則によっても準備の仕方が異なる。

例えば、通園着も制服を使用している幼稚園では、多くの場合体操着も規定の体操服を準備する必要がある。しかし、幼稚園の規模や制服を使用しない施設の場合は、体操服も自由に選んでよい場合も多い。

幼稚園の指定する体操服は、幼稚園から直接購入したり、指定の販売店やインターネットショッピングで購入したりすることができる。

体操服の規定がない場合では、子どもが運動するときにふさわしい服を子ども服を扱う衣料品店やスポーツ用品店、インターネットショッピングで購入可能だ。

幼稚園から体操服を直接購入するときには、試着ができる場合もあるため、それぞれの子どもに適切なサイズを準備できる点が大きなメリットである。

インターネットショッピングで購入する場合には、体操服を低価格で準備できることもある点がメリットだが、試着できないためサイズ選びが難しい点がデメリットになる。

必要な枚数

幼稚園によっては、体操服の購入数も規定されている場合があるため、その場合は規定に沿って準備してほしい。

購入数の規定がない場合は、体操服の使用頻度によって購入数を決めるとよい。毎日、体操着で登園する場合は、洗い替えや予備を考慮して最低でも長袖と半袖の体操着の上下セットを2着ずつ準備しておくとよいだろう。

一方、体操着を使用する頻度が少ない場合でも、長袖と半袖の体操着の上下セットを1着ずつは準備しておいていただきたい。

ゼッケンや名札を依頼する

体操着にゼッケンや名札を依頼してつけるメリットは、手書きの文字に自信がなくてもキレイに分かりやすく記名できる点だ。

デメリットとしては、対応不可能な文字があることや、文字数が多い場合仕上がりが不格好になる可能性があるという点があげられる。

2. 幼稚園児の体操服はどんなことに気をつければよい?

こちらでは、幼稚園児の体操服について準備の仕方の注意点をご紹介しよう。

サイズの選び方

体操服は幼稚園の方針にもよるが、入園時にはやや大きく感じるサイズを購入して3年間の通園期間を通して使用する場合が多い。

子どもの体格や体操服の規格によっても若干違いがみられるが、多くの場合は120cmのサイズを購入し、すそ上げやゴムの調整などをして使用する。

はじめての体操着選びに悩むときには、指導者にもサイズの選び方を確認してみるとよいだろう。

デコレーションの注意点

体操着は皆同様のデザインを使用するため、子どもが自分の体操服を管理したり、お父さんお母さんが運動会などのときにわが子を探したりするときに困る場合もある。

そのため目印になるキャラクターなどのデザインをデコレーションとして施す方もいるが、幼稚園によっては禁止されているため注意が必要だ。

体操着にデコレーションを施す場合には、部位や程度について幼稚園の規則を確認し、規則違反にならぬようにしてほしい。

3. 幼稚園児の体操服入れの選び方

こちらでは、幼稚園児の体操服入れの選び方のポイントと手作り方法についてご紹介しよう。

体操服入れの選び方

幼稚園で使う体操服入れの選び方では、子どもが体操服の出し入れを簡単にできるかどうかが重要だ。幼稚園児には、体操服や運動靴などを入れても少し余裕のある大きさがよいだろう。

また、リュックタイプの方が持ち運ぶときに体操着入れの汚れや破損を防ぐことができる。さらに持ち手にもなるループが大きめのものを選べば、ロッカーなどにもかけやすく、子どもも管理しやすい。

ほかの子どもと似たものや同じ生地の体操服入れの場合もあるため、名前記入欄や印も分かりやすいものを選んでいただきたい。

作り方

こちらでは、好みの生地43cm×35cmを2枚用いたリュックタイプの体操服入れの作り方をご紹介しよう。

ほかの材料としては、持ち手のループ用の紐2.5cm幅16cmを2本、リュック用の肩紐160cmを2本、タブ用テープ2.5cm幅5cmを2本準備してほしい。
  • タブを半分に折り、1枚目の布の底側の両サイドに縫いつける
  • 生地が中表になるように2枚の布を重ね、上の入れ口部分から4.5cmを両サイドに残して底とサイドを縫い合わせる
  • 紐を通す部分になる縫い代を開いてコの字に周囲を縫う
  • 入れ口から2.5cmの位置を縫い、紐を通す部分を作る
  • 生地を裏返してアイロンを当ててから紐を通して完成させる

結論

今回は、幼稚園の体操服や体操服入れ選びに失敗しないためのコツや注意点、体操服入れの簡単な作り方について詳しく解説したがいかがだっただろうか。

ぜひ、こちらの内容を参考に適切な体操服や使い勝手のよい体操服入れを準備していただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ